•  > 
  •  > 
  •  > 
  • アフリカンの彼との恋愛そして彼らの結婚観 アフリカン男性に合う女性の3つのタイプ

アフリカンの彼との恋愛そして彼らの結婚観 アフリカン男性に合う女性の3つのタイプ

皆さんは、日本に住む外国人、日本で見かける外国人のタイプと聞いて、どのような人種をイメージしますか?

白人の欧米人ですか?それとも韓国人?それとも黒人ですか?

いまや、いろいろな人種の人たちが日本を訪れるようになり、街で外国人を見かけるのも珍しくありません。それぞれの外国人が日本に来ている目的は様々です、旅行客もいれば、日本で働いている人もいます。

そんな外国人と日本人が恋に落ちるケースも、もちろんたくさんあります。

 今回はそんな中でも、アフリカ系の外国人男性との恋愛に絞ってまとめていきたいと思います。

アフリカンというカテゴリー

そもそも、まず初めに「アフリカン」と聞いて皆さんは一体どういうイメージを持ちますか?

  • 黒人である
  • アフリカ大陸から来た
  • 貧しい国の生まれである

このようなイメージを持つのではないでしょうか。

まずクリアにしておきたいことがあります。アフリカンと一言で言っても、アフリカ大陸はとっても大きいです。どれくらい大きいか考えたことがありますか?

わからない方は今一度Googleで見てみてください。どれだけ大きな大陸か!

アフリカ大陸の中にはたくさんの国があります。アフリカンの人たちの中には、それをひとくくりにされることをとても嫌う人たちもいます。ですので、「あ~あなたアフリカンなのね!」などと軽々しく言わないほうがよいです。

国によっては文化も違うようです。宗教だったり食べ物だったり生活レベルまでもが違います。もしもアフリカンの男性に出会ったら、彼の出身の国の文化を少しは勉強しましょう。

 

どういうところで出会える?

アフリカンの男性に出会える場所はどこでしょう。見当もつきませんよね。私自身セネガル人の友人が複数いますが、どういう経緯で出会えたかというと、「道ばた」と「アフリカンバー」です。

私の住んでいる町には、いわゆる繁華街があり、そこにアフリカンバーというジャンルのアフリカンが経営している「外人バー」があります。

ひょんなことから、このお店に友人と行くことがあり、そこでオーナーのセネガル人男性と知り合いました。彼は結婚しており、奥さんも子供もいます。話してみるとすごく気さくで、その店に来ていた他のセネガル人男性たちをたくさん紹介してくれました。

基本彼らは地元愛が強いので、同郷の仲間と常に一緒にいます。つまりは裏を返せばひとり知り合いになれば3人5人とどんどん増えるわけです。私はこのバーで知り合ったオーナーをきっかけに今では6人のセネガル人の友人がいます。

なので、もしも住んでいる場所の近くに「アフリカンバー」があれば、気軽に行ってみてください。割合アフリカンカルチャーに興味がある日本人が多く、そして皆がとても明るい雰囲気であることが多いので、初めてでもきっと楽しめると思いますよ。

 

最初のアプローチ

言っておきますが、アフリカンの男性はとにかくものすごく積極的です。

例えばバーのような場所で知り合う場合、要はナンパなのですが結構癖の強い英語でバンバン話しかけてきます。こちら側が分かっていなくても関係なしにしゃべり続けます。

アフリカンの彼らは母国語以外に英語が話せたりフランス語が話せたりするのですが、日本語が話せる人かどうかはその人次第です。国によって違いますが、例えばセネガルに関して言うと元々がフランスの植民地だったために、フランス語が当たり前に話せたりします。

そして、個人差はもちろんあるものの、日本語が話せる人は比較的多くいます。私の個人的な経験で言うと、アメリカ人や他の欧米人に比べると、アフリカンの人たちの日本語を覚えるスピードはとても速いと言えます。

なので、基本的に日本で働いているアフリカンの人たちは日本語が話せることが多いですね。

話は戻りますが、最初のアプローチに関してはとにかく積極的で、どんどん話しかけてきますし、こちらが少しでもいい反応を見せるとここぞとばかりに畳みかけてくるような勢いさえあります。

私の友人に至っては、「アフリカンバーに行って知り合ったアフリカン男性に口説かれて、その日のうちに付き合うことになった」経験も実際にありますから、彼らの積極性は本当に群を抜いていると言えます。

 

食文化はどんな感じ?

私の友人に、セネガル人の男性がいます。彼とは共通の知人を通して仲良くなったのですが、この彼はとっても優しくて話しやすいので、私はよく彼の営むアフリカンバーに足を運んでいました。そこでは彼がいわゆる「まかない料理」としてよくセネガル料理を作っていたのですが、私もよく一緒に食べる機会がありました。

彼らがほぼ毎日のように食べている「ヤッサ」という料理は本当においしく、一見カレーのように見えるのですが、全く辛さもなく体に優しい味付けで、おそらく日本人なら誰でも「おいしい!」という味だと思います。ヤッサ以外にもさまざまな料理をいただきましたが、それはそれはどれもおいしくて、「こんなにおいしいならセネガルに行ってみたい!」と思ったほどです。

そして彼らも私たち同様に米を食べますので、食文化の相違で苦労することはないです。むしろ喜ばしいくらいに美味しいご飯が食べれます(笑)

食文化というのはとっても重要です。アフリカンの人たちは、イスラム教の人が多いためその場合は豚肉を一切口にしません。その代わり、鶏肉や牛肉、そして羊肉をよく食べるようですね。何にしても何の不自由も感じませんのでそこはご安心ください。

 

一夫多妻制の国もある!

  私自身の経験ですが、過去にアフリカンの男性にものすごく熱烈にアプローチをされたことがあります。

その彼は私よりも10歳年下で私の友人(アフリカン)のいとこでした。それはそれは熱烈で、最初は可愛いなと思ったものですが、だんだんとその熱烈レベルにちょっと引くようになってしまいました。

出会ったその日に猛烈に「可愛い」「好き」「彼女になって」と何度も何度も言われ、彼氏がいた私はもちろんお断りしたのですが、それでもあきらめる様子は一切なく、それから3か月ほどのあいだとにかく猛烈に追いかけられました。共通の知人がいたので、そこは完全に縁を切ることも出来ず、なんとなくずるずると上手く彼のアプローチを交わしながら時が流れていきました。

これまでいろいろな国の人たちとかかわってきた私ですが、恋愛においてはとにかくアフリカンの彼らはすぐに「結婚」の2文字を口にします。それはどこの国よりも早く、会ったその日にプロポーズするような人もたくさんいるのが現実です。

私のことを好きだったその彼も、「結婚したい」というようになりました。私からすれば「いやいや付き合ってもないのに!!」といった感じです。

なぜでしょうか。

これほどまでに、速攻でプロポーズまがいのことをしてくるのには訳があります。

まず大きな理由は「日本滞在のビザ目的」というものです。

こういうと非常に聞こえが悪いですが、これは事実です。もちろんその恋愛感情は本物かもしれませんが、なぜここまで結婚したがるのかというとやはりそこには「ビザ」が関係してくるのが実際の話です。

日本に長く滞在することは彼らにとっては難しいことなのです。

そこで日本人女性と結婚さえしてしまえば、配偶者ビザで簡単に日本で暮らすことができるので、彼らがこれを意識するのは当然のことです。

しかし、もうひとつここで意識しなければならないのが彼らの「結婚観」です。

アフリカ大陸の中には「一夫多妻制の国」も多く存在します。

つまり、母国で奥さんがいても、日本で奥さんを作ろうとする人がいるということです。

だからといって奥さんを大事にしないかと言えばそうでもないのですが、「奥さんは他にもいる」という事実を受け止める必要があるということなのです。もちろんこれはお付き合いするときにはっきりさせないといけないことですが・・。

 

アフリカンは一途で真面目

一夫多妻制の話を出してしまったので、なんだかとっても印象が悪くなってしまったかもしれませんが、基本的に多くのアフリカンの男性は「まじめ」です。

もちろん人によりますが、外国人男性をエリア別に見た時に、比較的に一途で真面目なのがアフリカンの男性なのではないでしょうか。

その代わり、割と束縛するタイプの男性がいるのも事実です。友人にアフリカン(ナイジェリア人)と長く付き合っている女性がいるのですが、彼女が言うには「他の男友達と飲みに行くなんて絶対にNGだし、電話が鳴っても『誰から?』と常に聞かれる。結構束縛するタイプだよ」とのことでしたね。

これには私も心当たりがあります。その昔ちょっといい関係になりつつあったアフリカンの男性(付き合ってはいません)に「僕以外の人と連絡とらないで」とめちゃくちゃなリクエストをされた覚えがあります。もちろん断りましたが。。

「女性はこうあるべき」というような固定観念が結構強いのがアフリカン男性の特徴です。しかし、それと同時に本人たちもとても誠実であることが多いので、この束縛の部分は少し歩み寄って理解してあげた方がいいでしょうね。

 

デートはどんな感じ

もちろん個人差はあるでしょうが、私の知っているアフリカンの男性は割とインドア派が多かったです。

デートと言ってもおうちデートが多いという話はよく聞きます。彼らの文化ではあまり公衆の面前で彼女とべたべたしたりしません。なのでちゃんと二人きりになれる環境を作りたがりますね。

さらには、金銭的な余裕のない人も多いです。とくに日本に来たばかりの若いアフリカンの男性であればなおさらです。日本の物価はやはりかなり高いので、遊び歩いてたくさんのお金をつかうほどの余裕がない人も多いです。

だからといって、デートが楽しくないわけではありませんし、私が耳にする中でいいなと思うことは「よく手料理を振舞ってくれる」というところです。私はなにより美味しいものを食べることに魅力を感じやすいので、こういう話を聞くと「わぁ!羨ましい!」と思うものです。

それにひきかえ、料理を振舞ってくれる日本人男性なんて、結構探すのが大変ですからね。 

 

アフリカン男性に合う女性の3つのタイプ

アフリカンの男性の特徴がなんとなく分かってきたころではないでしょうか。ここで、「どんな女性がアフリカン男性との相性がいいのか」についてまとめてみたいと思います。

日本人らしい一歩下がって歩くタイプの女性

アフリカンの男性は、やはり「男尊女卑」の文化があるため、どこかで男性の方が女性より優位でなくてはならないと思っているところがあります。

なので、日本人特有の「男性をたてる」タイプの女性は彼らととても相性がよいのです。彼らを尊敬し、前へ出すぎないタイプの女性の方が問題なく付き合っていけるでしょう。

束縛されてもストレスにならないタイプの女性

先ほども言った通り、彼らは束縛してくることが少なからずありますし、独占欲が強いです。

なのでそれがストレスにならないタイプの女性は彼らと上手く付き合っていけると言えます。まあ、もともと何もやましいことをしていなければ問題はないのですが、過剰な束縛をされる可能性もあるため、疑われる元になるようなこと自体が何もない方がいいですね。

男友達が多いタイプの女性は要注意です。

結婚願望が強い女性

彼らはとにかく結婚願望が強いです。なので、将来的に国際結婚してもいいなと考えている女性であればアフリカンの男性はぴったりです。

彼らもまた、いろんな理由で結婚願望が強いので、とんとん拍子に話が進むケースだってあります。

もちろん、その前に相手のことをしっかり知る必要があるのは言うまでもありませんが。

 

まとめ

アフリカンの男性の特徴と恋愛や結婚に対する考え方についてまとめてみましたが、いかがでしょうか。

日本人の感覚ではびっくりするようなこともたくさんありますが、それもまた一つの国際恋愛の楽しみ方です。

 とっても真面目で誠実な男性も多いので、私は個人的にアフリカンの男性はとても日本人女性と相性がいいと思っています。

なかなか出会う機会がない方も多いかもしれませんが、もしも出会いの機会があれば積極的に仲良くなってみてください。恋愛に発展しなくとも、いいお友達になれることもありますし、あなたの知らない世界のことをたくさん知れる素晴らしいチャンスですよ!