•  
  •   
  •   
  • 外国人の甘い言葉に騙されないで!それって結婚・ロマンス詐欺では!?

ロマンス詐欺という言葉をご存知ですか?これはその名の通りロマンスと見せかけて金銭をだまし取る詐欺師の手口のひとつです。

いろいろな詐欺がありますが、こういった人の気持ちを利用する手口は非常に悪質ですよね。私はこれまでたくさんの外国人と知り合ってきました。そして、恋愛をしてきた方だと思います。

私自身の体験、そして友人の体験談も交えつつ、ロマンス詐欺に合わないために何に気を付ければ良いのか、実際にどんな手口があるのかを見ていきたいと思います。

そもそも外国人というだけでガードが下がりやすい日本人女性

日本人は日本人と恋愛をするケースが最も一般的です。そりゃそうですよね。自国のお相手との恋愛が一番多いのは当たり前です。

しかし、私は日本人ほど外国人(特に欧米人)にのぼせ上りやすい人種はいないのではないかと思っています。私自身外国人との恋愛をしている身なので、あまりここで批判的なことを言いたくはないのですが、日本人は「白人の欧米人に弱い」のは事実です。

なぜだか、絶対の憧れがあるというか、彼氏が外国人だというだけで「えーー!すごい!」となるわけです。

この、日本人の外国人に対する弱さは有名な話です。実際は日本だけでなくアジア各国でもこの傾向はあるのですが、とにかく欧米人男性から見て日本人の女性は落としやすいと思われています。そして事実すぐに落ちるケースが多いです。

 

というわけで、今回のテーマ「ロマンス詐欺」ですが、やはり恋愛詐欺なので一旦恋愛関係になる必要があるわけです。

よって、一番最初の段階で相手の男性が日本人女性を口説き落とさなければ何も始まりません。そこで、「簡単に落とせる」と思われている日本人女性は、その詐欺のターゲットにされやすいのです。非常にあるまじきことですが、悲しいことに事実なんですよね・・。

 

オンラインで知り合う相手は要注意!

Tinderや、Yahooパートナーユーブライドマッチドットコムpcmaxなどいろいろな出会い系アプリや婚活サイトがある現代において、オンラインでの出会いはとっても身近になりました。

私の周りにもTinderで知り合って真剣に何年も交際しているカップルがいます。ですのでここでオンラインでの出会いを否定したくはないのですが、事実ロマンス詐欺(外国人によるもの)のほとんどが、オンラインの出会いから始まっているのでやはり気を付けなくてはなりません。

 

出会い系のアプリは、利用したことのある人も多いかもしれませんが、ほとんどが同じようなシステムになっています。プロフィール写真を何枚か載せることが出来て、プロフィールを記入することが出来て、そしてFacebookなどのSNSと連携をさせることで登録が出来るものが多いですね。

この、Facebookと連携することが出来るということで、なんとなく「素性がしっかりしている」感じがしますよね。でもよく考えてみてください。Facebookのアカウントなんてすぐに作れますよね。なのでこれだけで安心するのはあまりにも危険です。

 

オンラインでの出会いは、ほとんどの場合が「共通の知人」がいないケースです。つまり、誰にも何も確認を取ることが出来ないのです。結局はあなたに彼が話した内容だけがあなたの元に情報となって集まってくるわけで、出身地や年齢、写真までもが全て嘘であってもおかしくはないのです。こう考えると恐ろしいですよね。

 

正体を見極めるためにやるべきこと

ロマンス詐欺を完璧に回避することは、はっきり言って不可能です。ですがいくつか「防げる可能性のある」方法ならあります。少しでも詐欺に遭う可能性を避けるために、下記の方法は必ず試みるようにしましょう。

 

ビデオチャット

オンラインで知り合ってやり取りをする場合、通常は一番初めは使用していた出会い系アプリの中のメッセージ機能を使ってやりとり、そして連絡先を交換し、LINEやSKYPEでやり取りを始めることが多いのではないでしょうか。ここで、まず「ビデオチャットをしたがらない男性」は結構怪しいです。私の友人の話ですが、Tinderで知り合って、メールのやり取りや電話もしていたアメリカ人の男性が、全くビデオチャットをしたがらないということで、「何か理由があるのかしら」と不審な気持ちになったということでした。

どうしても顔を見て話さなければ本人の雰囲気もつかめないため、「会うならビデオチャットしてからじゃないと嫌」と何度も何度も本人に言ったそうですが、断固拒否。自分はシャイだからそれはできない、とかよく分からない言い訳をされたと言っていました。結局彼女はこのアメリカ人と会うことはなかったですが、やっぱりこういう男性は「何か隠している」と思った方が良いでしょう。

 

オンラインで知り合った男性とは、必ずビデオチャットをして本人確認をしてください。

 

画像検索

Googleの検索窓に、画像をドラッグするとその画像がどこから引っ張ってこられたものかが分かるのを皆さんはご存知でしたか?実はこれ、とっても便利な機能なのです。

つまり、お相手のプロフィールに使用されている写真や、送られてきたセルフィーが、ネットから探して勝手に使用していたものだとすれば、これがGoogle検索でばれる可能性があるということです。

 

詐欺師はよく、写真も別人のものを使います(会う可能性のないパターンの詐欺に限りますが)。なのでオンラインで知り合った男性の画像は、一旦検索にかけてみてください。万一別人のものを使っている場合は、その写真の元の在りかがはっきりすることもあります。こうなれば「いや、あんた本当は何者だ?」という話になってくるわけです。

 

愛の言葉をすぐに言う男性は信用しない方が良い!

 

私は、自分の経験をふまえてもこれだけははっきり言えます。

すぐにI Love Youを言う男にろくな男はいない」ということです。

これは、詐欺の話に限ったことではありません。仮に金銭を狙われる詐欺でなかったとしても、心を弄ばれて結果捨てられるような望まない体験に繋がっていく可能性があるので、これは心に留めて頂きたいです。

 

皆が皆100%ロクでもないとは言いません。しかし、かなり高い確率で遊び人のケースが多いです。欧米人は皆さんにとって見ると、いつでも愛の言葉を囁き合っているイメージがありますよね。私も大昔はそんな風に思っていました。けれど、実際はそうではありません。むしろ、日本人が「愛してるよ」というくらいのハードルの高さが、欧米人にもあるのです。

つまり、最初にどのタイミングで愛の言葉を言うかというのは、彼らにとっても大きなことで、出会ったその日に言うようなことではないのです。ただ、日本人と違うのは、彼らの場合、一度言ってしまえばその後は結構毎朝毎晩言ったりします。そこはやっぱり違いますね。ただ、最初のタイミングは大切なのです。

そして、これを出会って即、平気で言ってのけるタイプの男性は、やっぱり女性をその気にさせるのが上手です。特に日本人なんて普段なかなか言われることのない愛の言葉にイチコロなんですよ。でも最上級の愛の言葉を、すぐに使ってしまう男性ですよ。本当にそれ、信じられますか?落ち着いて考えてみてくださいね。

 

SNSで繋がっているだけでは何も安心できない

 

最初にも少し触れましたが、知り合った外国人の彼に、インスタを教えてもらったり、Facebookで友達になったりすることで安心する気持ちは分かります。

特にFacebookは、相手の友達関係も見れたり、過去にさかのぼって写真を見ていくことも出来ますので、そういったものを見ることで、彼の人となりを想像出来たり、なんとなく彼のことをもっと知れたような気になりがちです。しかし、ロマンス詐欺を実行するような外国人男性なら、まずFacebookもインスタも適当にそれ専用のアカウントを作成しますし、もしそれが最近作られたものだとしてもそれに関しては「あんまりSNSとか好きじゃなくって、ずっと使ってなかったんだ」という、鉄板のアンチSNSという設定にして乗り切ることが容易にできます。

 

なので、Facebookに書いてあることを鵜呑みにしないようにしましょう。それ自体が偽物である可能性も普通にありますからね。

 

実際の詐欺事例①オンラインで知り合ったイギリス人のS氏

これは、私の友人MがTinderで知り合った男性に実際に金銭をだまし取られ、結果泣き寝入りしたお話です。

Mは、美人で英語もペラペラの女の子、私の友達です。そんな彼女が暇つぶしにと、よく出会い系アプリで男性を探しては、英語の勉強だとか言いながら楽しそうに連絡を取ったり、写真を送り合ったりしていました。Mは、「別に直接会ってみるつもりとかはないんだよね」といつも言っていたのをよく覚えています。

そんなMがある日、「私運命の人と出会ったかもしれない!」と興奮気味で言ってきたのが、このイギリス人のS氏のことでした。見た目や性格、全てが完璧だといっていましたね。そして彼はイギリスから日本に旅行に来ているときにTinderでMとマッチし、それから彼がイギリスに帰国する前に一度だけランチで会っているのですが、とにかく紳士的でハンサムなS氏に、Mは珍しくベタ惚れしていましたね。

2人は日本とイギリスで遠距離ではありましたが、毎日のようにFacetimeで話しているようで、とても幸せそうでした。

ところが、そんなこんなで5か月ほどが過ぎた時に、急に連絡が取れなくなったというのです。そして、1週間ほどたった時に、彼からやっと連絡がきて「連絡できなくてすまなかった、両親が乗った車が交通事故に遭い、意識も戻らず大変だった」というのです。今考えれば嘘っぽい話ではあるのですが、この時のMはやっと連絡がきたことでとにかく安心し、彼を100%信じて心配していたのです。

そして、彼はこの後「両親の病院代が保険で賄えないくらいの額になってしまい、自分も車を売って工面をした。それでも払えないから今いろいろな人に少しずつお金を貸してもらえないか頼んで回っているんだ」という話を持ち出し、結局はMから20万円ほどの現金を送金してもらうことに成功しているのです。

そして、彼はその後一切Mに連絡を取ることもなく、消息不明に・・。Facebookも何もかもブロックされMは打つ手もなく、最初は悲しみに暮れていましたが、結局は「だまされた」という事実を受け入れていました。

 

この話を聞いて、もともと詐欺目的なのだとしたら、このS氏は結構時間をかけて信頼関係を築いたもんだなぁと感心しましたね。その結果簡単に現金を送金させることに成功しているのは確かですが。

 

実際の詐欺事例②飲み屋で知り合ったアメリカ人のM氏

そして次の例は私の実例ですね。これは未遂で終わった話なのですが、私が昔(10年以上前でしょうか(笑))バーで知り合ったアメリカ人M氏もまた、結構な詐欺師でしたね。彼とは東京で知り合いました。外国人も良く来るバーで飲んでいた時に、いわゆるナンパです。

 

私は福岡に住んでいたため、このM氏とはその時一緒に楽しく飲み、それで終わりでいいやと思っていたのですが、意外にも彼の方が結構必死にアプローチしてくれたのです。その翌月と翌々月に休みを取って私の住む福岡まで会いに来てくれたので、私もだんだん「こんなに真剣に思ってくれるなら・・」と心を開いていきました。

そんなお付き合いが始まって3か月くらい経った頃に、彼から連絡があり「お母さんが病気になったのでアメリカに帰らなければならない、一刻も早く行きたいけれど飛行機代が今工面できない」という話。私はこの時「え?いやいや嘘でしょ」と思ってしまったのです。絶対何かがおかしいと感じました。それから彼はお金を貸してほしいと言い出したのですが、断りました・・。何しろ20万円位だったので額も大きいですし、何より怪しかったからです。

それを何回か断り続けると、彼とは連絡が取れなくなり、しまいには私はインスタやツイッター、Facebookも全てブロックされてしまいました。初めはショックでしたね。ただ、友人のFacebookから見てみるとなんと彼は普通に東京でクラブ遊びをしているような投稿をしていて、それを見たところ少なくとも「お母さんが病気で一刻を争う」状況とはとてもかけ離れていました。

これには私もあきれました。結局あれだけ信頼させておいて、お金目当てだったのかと思うと何とも言えない気持ちです。

でも世の中にはこんな男の人たちもたくさんいるのです。

 

まとめ

外国人との恋愛となると、ついつい現実感がなさ過ぎて、夢を見がちになりますが、世の中には騙される女の子たちもたくさんいます。

やはり地に足を付けて、きちんとお相手の男性を見極めていかなくてはなりません。自分を守るため、常に冷静な見方が出来るような自分でありたいものですね。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介