外国人との恋愛と聞いて、皆さんはどのようなことを思い浮かべますか?「なんかよく分からないけど素敵だな」とか、「かっこいいなぁ」とか、「ロマンチックだなぁ」なんて素敵なイメージをお持ちなのではないでしょうか。

日本人同士の恋愛と違って、外国人との恋愛はいろいろな問題を乗り越えなければならないので、一筋縄ではいきません。

しかしながら、そのいろいろな障害を乗り越えて関係を強くしていく過程には、いろいろなドラマがあり、皆それぞれに嬉しいことや悲しいことを乗り越えていくわけです。

  私はこれまでも現在も、外国人の男性とお付き合いをしてきたこともあり、それはそれはたくさんの苦難を乗り越えてきました。

今回はその経験を活かし、国際恋愛において良く話題に上がる「よくある悩み」を5個紹介し、その解決法とあわせてまとめてみたいと思います。今現在国際恋愛中の方で、悩みを抱えている方のお役に立てれば幸いです!

よくある悩みその1:相手の本気度が分からない

 

日本に滞在中の外国人男性とどこかで知り合い、そのまま恋愛に発展するケースや、もしくはあなたが海外に滞在中に知り合った男性と現地で良い仲になり、そのまま恋愛に発展するケースがあると思いますが、何にしても外国人との恋愛というのは、盛り上がりやすいものです。

なぜなら、やはり相手が外国人というだけで、「普通の恋愛ではなく、何か特別なことをしている」感が強く、そのシチュエーションに自分自身が酔ってしまいやすいからです。

 

よく、初めて外国人男性とそういう関係になってしまうときに、ありがちなのがこれです。「相手の本気度が見えない」という状況です。

こればかりは、はっきりと何かで判断することが難しいものにはなりますが、やっぱり判断するためには相手にしっかり面と向かっていろいろと聞いてみることを怖がってはいけません。外国人といってもさまざまですが、割と欧米人なんかは特にストレートに質問に答えてくれることも多いです。

「今は先のことまでは考えられない」

「この先もお互いの国を行き来して真剣に付き合っていきたい」

「まだわからない」

などなど、彼の口から出てくる言葉をしっかり受け止めて、自分たちが今いる状況をしっかりと把握し、浮かれすぎないことも大切です。まだ先のことを考えられないと言われたとして、「先のことを考えてくれないんだ」と落胆するのではなく、「お互いにこれからもお互いをもっと知っていい関係を築いていこう」という方向にもっていくような、プラス思考もとっても大切です。

 

一番いけないのは、相手の本気度が分からないまま、何の質問もせずに関係を続けてしまうことです。そうなってしまうと、最悪の場合相手には本国に本命の彼女や奥さんがいて、あなたは一時的な現地妻のような存在になってしまうことだって可能性としてはゼロではないわけです。

怖がらずに、きちんと彼の想いを知るようにしましょうね。

 

よくある悩みその2:国際遠距離のため、あまり会えない

国際恋愛と言えば、遠距離です。仮に旅先で知り合った男性と恋に落ちた場合、旅はいつか終わります。そうすると、そこでどれだけ盛り上がって最高の時間を過ごしたとしても、その後は離れ離れのお付き合いになってしまうわけです。

 

ここで思うのは、「会えない辛さをどう耐えるか」ということです。会えないどころか、時差があったり、相手の状況があまり分からないために、「相手がどうしてるか分からなくて不安」という状況に陥ってしまうことも多々あります。私は、国際遠距離の一番難しいところがこの点だと思っています。

会えないことは、仕方がないことです。時々会うことは出来ても頻繁には無理です。これをどう乗り越えていくかという話ですが、簡単な3つの方法があります。

 

①   相手を信じる

まずはこれに尽きます。どうやっても見えないところに彼がいます。その現実は変えられません。それでも彼と一緒になりたいと思ったのはあなたですよね。それであればまずは彼を信じましょう。それは、連絡の頻度でも、口先の言葉でも、何でもありません。ただ単にあなたが彼を信じるということがまず重要なのです。

疑ってばかりの恋愛は、神経をすり減らしてしまいます。それをやってしまうくらいなら、最初から100%信じる方が精神的にも楽なのです。

②   次に会う時期を決めておく

そして、不安を解消するための方法のひとつとして、「次いつ頃会うのかを決めておく」ということがあります。これは良いですよ。私も実際日本とヨーロッパの遠距離をしていた時に、彼と3か月ほど会えないときがありましたが、それでもそれほどきつくなかったのは、〇月に会える!ということがはっきりしていたからです。これがないと当てもなく不安になってしまいがちです。

③   彼に依存しないで自分の生活を充実させる

国際恋愛に限らず、これは全ての恋愛において言えることなのですが、「相手に依存する恋愛は必ず破綻する」ということをご存知ですか?

彼がいなければ生きていけない、彼が全てだと思っていると、なかなかいい関係は築けません。それどころか、少し彼との関係が上手くいかなくなると、あなたはたちまち食欲もなくなり、何もする気にならず、ただただ落ち込んでしまう・・・そんな状況に陥ってしまうからです。そうならないために、あなた自身の生活をあなた自身で充実させていけるようにするべきです。趣味を作ったり、体を動かしたり、何でもいいのです。

心からワクワクできる、そんな気分にあなたひとりでなれるような女性でいるべきです。

 

よくある悩みその3:お金と時間の工面が出来ない

 

海外在住の外国人と、日本在住のあなたとの遠距離恋愛で問題になるのは、「お金と時間」のことではないでしょうか。これもついてまわる悩みですよね。

 

会いに行きたいけどお金がない

会いに行きたいけど時間が取れない

 

これは、正直どうしようもない問題です。なぜなら、どう頑張っても年に数回数日の休みしか取れないことや、どうやってもこれだけしか稼げない、などのリミットはあるからです。

では、どうやってこのジレンマを受け止めていけばいいのでしょうか。いろいろな考え方があると思うのですが、私は自分や友人の経験から、このように思います。

「ちょっとの日にちでも会うべき」

これについては、賛否両論かもしれません。そんな数日だけのために勿体ない!という考え方もあるかもしれません。でもですね、私はもう「どうしても会いたい!」と思ったときにはたった3連休でもどこへでも飛んでいくような性格なのです。そして、それで不安だった気持ちが解消されたり、それ以降日本に戻ってきて幸せな気持ちで生活できたりしたのです。

たとえ1日しか会えなくても、会えないイライラで彼にきつくあたってしまって彼との関係を悪化させることと比較すると、比べ物にならないくらいの価値がその1日にはあるのです。

何度も会いに行くにはお金がかかります。海外旅行に頻繁に行くようなものですからね。費用の面に関しては、私は常に格安航空券のサイトをチェックするようにしていますし、彼のいる国までの航空券が安く取れるようなタイミングには必ずアラートがかかるようにお知らせを常にONにしています。

 

今や、海外に行くのもそれほど大変ではありません。贅沢を言わなければ安いフライトもたくさんありますのでそのあたりを上手く利用し、短い日数であっても少しでも会える回数を増やすことを強くおすすめします!

 

よくある悩みその4:自分の親に彼の話がなかなか切り出せない

結婚適齢期なんかに差し掛かってくると、やっぱりお付き合いしている彼のことは自分の両親にも話したいですよね。特にその関係がある程度年月が経ち、真剣みを増してきている頃なら尚更です。ここでひとつの難関が、「親に話す」ということです。

 

両親の世代というのは、外国人に対して固まった偏見があったり、いろいろと難しいのです。そんな中、突然娘から、「〇〇人と付き合っている」というカミングアウトをされると、きっとご両親もビックリ仰天で最悪の場合は聞く耳を持たないケースもあるでしょう。

私の経験上、ひとつ言えることとして「直接会わせるほうが、簡単」だということがあります。親というのは、最終的には我が娘の幸せを願っているだけですから、娘が幸せそうであればいいのです。そして、口ではあれこれ言っていたとしても、実際に彼に会わせてみると、案外分かってもらえるケースも少なくはありません。

○○人は良くない、○○人は信用できない、などわけもなく漠然と思っていたとしても、目の前に娘の恋人として現れた男性が、すごく礼儀正しくて感じが良ければ面と向かって彼に対してあからさまに敵意をむき出しにするなんていうことはあまりありません。

 

なので、もしも彼を両親に紹介したいけど、なかなか切り出せずに悩んでいるのであれば、彼が日本にいるタイミングで是非一度直接彼を会わせてみてください。成功率は高いはずです。

もちろん、すぐに理解してもらえない可能性もありますが、そこであなたが根気強く彼の良さを訴え続ければ、きっと分かってもらえることでしょう。

 

よくある悩みその5:未来が見えない

 

外国人と付き合っていても日本人と付き合っていても、「その先」を見据えるのは大切なことです。これが特に、国際恋愛の場合は、将来とまではいかなくても、今後2人はどうなっていくのかということを考えるのはとっても重要ですし、避けては通れないことです。

この辺りの話に関しては、かなりデリケートな話題なのであまり簡単に話せることではないかもしれませんが、折を見て彼に将来的にどこに身を置きたいのか、結婚願望があるのか、などは聞いておくと良いでしょう。

 

「未来が見えなくて不安」と言っている人ほど、相手の男性に先々どうしていきたいのかというのを聞いてさえいないケースが多いです。やっぱり怖いからですよね。相手の語る未来に、自分の影がなかったとしたら、それはショックだと思います。ですが、未来はいくらでも変えられるわけです。その彼の考え方が変わるかもしれませんし、あなた自身の考えも変わるかもしれません。

大切なのは、彼のビジョンを聞いてみること。これは付き合ってすぐにすることではありませんが、ある程度彼との時間を過ごしていくうちに、少しずつ聞いていくと良いでしょう。

 

外国人ですから、もしあなたが彼と結婚ということになれば彼の国に住むことになるかもしれません。その時にあなたは、ひとりで何でもできるほどの語学力がありますか?買い物に行ったり、役所に手続きに行ったり、病院に行ったり、いろいろなシチュエーションを乗り越えていけるだけの語学力をあらかじめ身に着けるよう、先回りして動いていくこともひとつの前向きな行動です。

やっぱり、彼の方もあなたと一緒に未来を過ごしたいと思っているのであれば、少し日本の文化に興味を持ったり、日本語を学んだり、さらにはあなたに対して彼の母国語を教えようとしてきたりする傾向はみられるかもしれません。ただ、これらの行動で「彼も私との未来を考えてくれているはず」と推測して決めつけるのではなく、きちんと彼に未来予想図について話してもらうようにする方が絶対に良いですよ。

 

何にしても、お互いに真剣に将来のビジョンについて話が出来る関係というのは本当に素晴らしい関係です。これが出来ない関係だと、どうしても深い関係にはなれませんからね。大切な彼とは、きちんと質問すること、きちんと回答すること、お互いにそう出来る関係でいることが大切です。

 

まとめ

国際恋愛も様々なパターンがありますが、どんな出会い方でどんな付き合い方をしていても、悩むことというのは大体同じです。やはり国が違いますからいろいろなことが違います。しかし、大好きな彼とずっと一緒にいられるようになりたいと思う気持ちは皆同じですね。

 

国際恋愛を成就させるためには、コミュニケーションがとにかく大切です。不安に思うことがあれば、相手にきちんと質問をしましょう。我慢をくりかえす恋愛にならないようにしてくださいね。あなたが思うことをしっかり受け止めて真剣に捉えてくれる、そんな彼が相手ならどれだけ離れていても、その恋愛はきっと成就するはずです。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介