結婚式をハワイで挙げたいと思うカップルがどれくらいたくさんいるか、皆さんご存知ですか?

ハワイというのは海外挙式の中でも断トツ人気ナンバーワンのエリアで、海外で結婚式をする日本人の6割から7割はハワイを選んでいるのです。すごいですよね。

 今回は、ハワイで結婚式を挙げたいと考えているカップル様向けに、「ハワイ挙式を安く申し込むコツ」についてお伝えしたいと思います。ここでお伝えする情報は、もともとハワイ挙式のプロデュース会社でウエディングプランナーをしてきた私だからこそお伝えできるものばかりです。是非皆様の結婚式の準備にお役に立てれば幸いです。

ハワイ挙式には莫大なお金がかかると思っている方へ

ハワイ挙式に憧れる方のほとんどが、「やっぱり結構お金かかるんだろうな、費用大丈夫かな」というぼんやりとした不安を抱えています。

そもそも結婚式自体にお金がかかるイメージがある中、それをハワイでやろうというのですから、お金がかかると思うのも無理はありません。

 これから細かく説明させていただきますが、先にこれだけ言わせてください。ハワイで結婚式を挙げるからと言って、日本での挙式に比べて何かが極端に料金が高いなんてことはありません。むしろ、国内挙式と海外挙式を比べた時に、国内では必要なアイテムも海外では必要が無かったりしますから、案外費用を節約することさえ可能なのです。

もし皆さんが、「ハワイ挙式は高い!」と思っていらっしゃるのであれば、まず一旦そのイメージは捨てましょう。事実、そんなことはありませんから。国内の結婚式で数百万費用がかかるところを海外の結婚式にすることによって数十万に抑えることだって可能なわけです。費用を節約したいから海外で挙式をするなんてカップル様もいらっしゃいますよ。

 

結婚式自体には実はそれほど費用は掛からないってホント?

本当です。結婚式自体にかかる費用というのは、具体的に下記のとおりです。

・挙式場利用料

・衣装

・基本のアルバム料金

・ヘアメイクスタッフ

これらの4点は、結婚式において欠かせないものです。どれが欠けてしまっても結婚式は成り立ちません。つまり、裏を返せばこの4点さえそろえば結婚式自体は行うことが出来るのです。これは海外でも日本でも同じことです。

それでは、なぜ結婚式をすると何百万円もすぐにかかってしまうのでしょうか。それは、参列ゲストにふるまうお食事・ドリンク代がかかるからです。これに関しては、もはや結婚式ではなく披露宴の部分になってきますから、挙式とは無関係なのです。

海外挙式においては、特にハワイの場合日本からの距離もそれなりにありますから、参列者のいないおふたりだけの結婚式というパターンも多いですし、親兄弟だけを招待した身内だけの結婚式になることが多いです。そうなると、仮にその後お食事会を開くにしても、その人数分のお食事の準備になりますので費用も圧倒的に下げることが出来るのです。

つまり、結婚式の部分に対してお金がかかるということではなく、そのあとの披露宴に対してかかるコストが大きいということですね。だからこそ、案外ハワイ挙式は費用が高くないのです。

 

ハワイで挙式をするカップルの平均予算はいくらくらい?

では実際に、ハワイで挙式をするカップル様が平均しておいくらくらいの金額を結婚式にかけているかについてお話ししましょう。ハワイ挙式を挙げるカップル様のほとんどが、10名以下の結婚式をされていますので、それも踏まえた上でお伝えすると、正解は、80万円から120万円と言われています。

 

先ほどウエディングにあたり、必ず必要な4点を紹介しましたが、この4点というのは最初からパッケージとしてセット販売されていることが多いです。

・挙式場利用料

・衣装

・基本のアルバム料金

・ヘアメイクスタッフ

この4点セットがチャペルによりもちろん価格もそれぞれですが、おおよそ40万円から70万円ほどで販売されています。もちろん、セット販売になることにより、通常よりはお安くなるようにディスカウントされたパッケージとなっています。

それで足りないものをここから追加していくという考え方です。例えば6名分のお食事であれば10万円ほどの追加料金、またアルバムをより良いものにしようと思えば、アップグレードして20万円の追加料金がかかってくるわけです。

そのようにして、ウエディングプランナーとの打ち合わせの末、追加料金まで合計した金額が40万円から70万円と考えると、どうでしょう、それほど高い金額ではないことがお分かりいただけるのではないでしょうか

 

ハネムーンの部分にどれほどこだわりたいかが予算を左右する!

  ハワイ挙式をするとお金がかかると考える人たちがこれほど多い理由としては、「ハネムーンに費用が掛かっている」からだと私は思います。

そもそも、ハワイにハネムーンに行く場合の予算はおいくらほどなのでしょう。

ハワイと一言で言っても実際にはいろいろなホテルがあり、ワイキキ周辺のホテルに宿泊される場合がほとんどだとは思いますが、やはりそうは言ってもホテルごとに金額も変わりますよね。ここで宿泊ホテルのランクをどのくらいに設定するかによって、旅行費用も大きく変わります。

ハネムーンに行かれる方のほとんどが、5日間から7日間ほどの滞在期間ですが、その平均予算がひとりあたり30万円と言われています。

これはある程度ハイクラスのホテルに宿泊された場合の飛行機往復チケットとホテル宿泊代をあわせた金額です。

もちろん2名分かかりますので費用としてはおふたりで60万円ほどとなるのです。ここで既に60万円かかることを考えると、これに結婚式の費用をプラスすることでどうしても130万ほどはかかってしまう計算になりますね。

そこで、費用を抑える方法としては、「ハネムーンの部分で調整する」のがコツです。

つまり、挙式ではなくハネムーン予算を見直し、宿泊ホテルや、渡航時期を考えるのです。特に渡航時期というのは結構重要で、ハワイは特に時期によって旅行費用がかなり変化します。

ハネムーンにかかる予算を抑えることが出来れば、その分挙式にこだわることも出来ますし、予算を調整しやすくなってきますから、是非考えて見られてくださいね。特に時期による価格の変化には着目すべきです!

 

ハワイ挙式には2種類の申し込み方がある

ハワイ挙式をしよう!そう思ったら、お申し込みにあたってお話をどこかに聞きに行くことになるのですが、これには2通りの方法があります。ここではお申込窓口とそれぞれの窓口を利用する際のメリットデメリットについてまとめておきますね。

 

①   旅行会社経由で申し込む方法

旅行会社でも結婚式を取り扱っています。どこの旅行会社が良いかというと、やはり大手ですね。JTBやHISなどは、旅行と挙式をセットにしたパッケージを販売しているので、これらを利用して申し込むことが可能です。ウエディングに特に注力している店舗も多くあり、そういう店舗にはウエディングの知識を持ち合わせたスタッフがいるためより安心です。

②   ウエディング会社経由で申し込む方法

ウエディングですから、ウエディング会社で申し込むというのは実にシンプルな方法です。どのウエディング会社に話を聞きに行くかは、好みのチャペル次第です。インターネットやウエディング情報誌などでリサーチすると、チャペルのページにはそれぞれ必ずウエディング会社の名前が載っています。そこに問い合わせを入れることから始めてみましょう。

 

旅行会社経由で申し込む場合のメリットデメリット

旅行会社で挙式を申し込むと、最大のメリット「旅行も挙式も一緒に申し込みが完了し、その後の手続きも楽になる」ということです。つまりウエディングはウエディング会社に、旅行は旅行会社に申し込みを入れると、どうしても窓口は2つになるため、手続きに二度手間がかかることになるからです。お支払いに関しても旅行会社申し込みの場合は、一括して旅行会社が対応してくれます。

 

デメリットとしては、旅行会社のスタッフに挙式の申し込みも入れるため、どうしても挙式会社のプランナーほどの詳しい案内が受けられない可能性が高くなります。結婚式の詳細までこだわりたい方にはあまりお勧めできません。もちろん、逆に旅行部分に関しては何の心配もありませんけどね。

 

ウエディング会社経由で申し込む場合のメリットデメリット

ウエディング会社で挙式を申し込むことのメリットとしては、「結婚式の詳細について、細かい打ち合わせがウエディングプランナーと密に出来る点」です。国内での挙式並みに、こだわりぬいてオプション一つ一つを選んでいきたい方にはお勧めです。

 

逆に、デメリットとしては、挙式と旅行を別物として手配していかなければならないため、挙式の準備は進んでも、旅行の準備が進んでいない、といった状況になることがありえるということです。ハワイまでの旅行部分に関しては、信頼のおける旅行会社に早めにご自身で申し込みにいかなければなりません。

 

費用を抑えて安く申し込むために重要なこと

さて、申込窓口に関してはご理解いただけたかと思います。

それではここでハワイ挙式をよりお得に申し込む方法について書かせていただきますね。おそらく皆さんの一番知りたいところだと思います!

 

申込み時期がとっても重要!狙い目はここだ!

挙式を申し込むタイミングは人それぞれだと思います。結婚が決まって、お好みの式場が決まれば予約をするという流れですよね。ですがここに超重要なポイントがあるのです。それはお申し込みをする時期です。

 

全てのウエディング会社において、セール商品が発売される時期というのが年に大きく2回あります。その時期というのは、ウエディング会社に合わせて旅行会社も同等のセール商品を発売しますので、ウエディング会社経由でお申込みいただく場合も、旅行会社経由でお申し込みいただく場合もほとんど大差はないでしょう。

その時期というのは、「1月から2月」と「8月から9月」です。1月はお正月明けから早速スタートしますし、8月はおおよそお盆明けのころとなります。なぜかというと、これにも理由があるのですがここでは割愛しますね!

つまり、お申し込みの時期をこのいずれかに合わせることにより、通常時期にお申し込みをする場合と比べて、大きく値引きされたパッケージにてお申し込みがいただけるのです。全てのチャペルが対象ではないこともありますが、ほとんどのチャペルでお得に申し込みが可能です。

中には良くご存知のお客様もいらっしゃいました。申込み時期をあえてここに合わせることでお得に申し込もうと狙って来られる方も増えてきています。それほどこの時期はお得なのです。金額にして10万円以上はお安くなります。

 

ある程度の交渉も可能、ダメもとで交渉にチャレンジ!

もうひとつの方法として、これはそれほど強くお勧めしませんが、やはり値引き交渉というのもやる価値はあります。ウエディングは競争の激しい業界ですから、やはり一組でも多くの契約が欲しいのがウエディング業界の本音です。

つまり、もしもあなたが狙っているチャペルがあと数万安かったら・・・と思うのであれば、是非一度交渉して見られてください。挙式時期が迫っている場合など、上手くいけば簡単に数万円であれば値引きしてもらえる可能性もありますよ。

ただ、あまりやり過ぎないようにしてくださいね!ですが一旦契約してしまうと交渉はほぼ不可能となりますので、契約前が唯一のチャンスであることには変わりありません。ダメもとでチャレンジしてみましょう!

 

まとめ

ハワイ挙式は大人気です。たくさんのひとたちが毎日ハワイで挙式をされています。同じチャペルでの結婚式であっても、お申し込みの仕方やお申し込みの時期によって、金額がかなり違う場合があります。これはやはり申し込む側としてはとっても気になるポイントですよね。

せっかくなら、少しでもお安くお申込みいただいた方が、そのお得になった分、結婚式のオプションなどに充てることも出来るわけですからやっぱり魅力です!

  今回の内容をしっかり読んでいただき、皆さまのお好みのチャペルでのお申し込みが、少しでも皆様の負担にならない形で実現することを祈っています!ハワイ挙式はみんなの憧れです。夢に見たハワイ挙式を、お得に賢く申し込みましょう!

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介