ハワイのガーデンウエディングで覚えておきたい10のポイント

皆さんこんにちは。

今これを見てくださっている皆さんは婚活サイト恋活アプリで婚活を終えられて、きっと緑あふれるガーデンウエディングに興味をお持ちのことと思います。緑に囲まれてナチュラルな雰囲気の中で行う結婚式はとても素敵ですよね。中でもハワイのガーデンウエディングはここ数年で人気が急上昇した挙式スタイルです。

なんとなくイメージで、「ガーデンウエディングって素敵かもしれないな」というところから興味を持たれる方がほとんどだと思います。実際にハワイでガーデンウエディングを見てみると、初めて気づくこともたくさんあるものです。

 私はこれまで日本国内と海外の結婚式場で、ウエディングプランナーとしてたくさんのカップル様のウエディングを見てきました。

今回は、そんなハワイのガーデンウエディングについて、カップル様からよく質問されることを元に、その解答を交えながら詳しくまとめてみたいと思います。

その経験から学んだことが、少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

それでは早速まいりましょう!

 

Q1 ガーデンウエディングって実際どういう結婚式のことを言うの?

→よく「ガーデンウエディング」という言葉をこのところ耳にするようになり、結構一般的になってきたとはいえ、いまいちよく分からないのがこの「ガーデンウエディング」です。実際どんな結婚式のことなのでしょうか。

本来、ガーデンウエディングというのは、挙式を最初から最後まで屋外のガーデンで行うスタイルのことです。時々勘違いされているお客様が、「ガーデン付きのチャペルでの結婚式のことをガーデンウエディングという」と思っているケースがあるのですが、それは間違いです。

バージンロードも外、ゲストが座る場所も外、牧師先生の祭壇も外に設置する「完全屋外」のスタイルのことをガーデンウエディングというため、これはなかなか日本で叶えるのが難しいスタイルです。

 

Q2 ガーデンウエディング、日本でも出来るところがあるみたいだけどやっぱりハワイが良いの?

→日本にもガーデンウエディングが出来るという結婚式場があるのは事実です。そういった国内でのガーデンウエディングとハワイでのガーデンウエディングの違いは何だと思いますか?

まず現実的なところでいうと、「気候の良さ」ですよね。まずハワイは一年間を通して温暖で過ごしやすい気候が続きますので、年中いつでもこのガーデンウエディングを叶えることが出来る上に、日本に比べて雨の心配も少なくて済みます。もちろんハワイと言っても雨は降ります。でもその確率は日本の比にはならないでしょう。

そして、私はもうひとつガーデンウエディングにおいて、「ハワイが圧倒的に勝っている点」があると思っています。それは、「緑の美しさ」です。私自身ハワイに行く度に、海の綺麗さよりもさらに「緑の美しさ、鮮やかさ」に心を奪われます。日本中どこを探しても、あんなに鮮やかな芝生の色や木々の色を見ることは出来ないと思います。意外と知られていないことですが、ハワイのガーデンの美しさは予想以上のものです。

 

Q3 ハワイならやっぱり海をみながらの結婚式の方がおすすめ?

→ハワイに来たのなら、やっぱり海!というイメージがきっと強いでしょうね。皆さんそうだと思います。「ハワイまで来て、海を見ながら結婚式をしないなんてもったいないのかな・・」とガーデンウエディングに対して少し迷われるカップル様はたくさんいらっしゃいます。

私はこれに関しては、「ビーチもガーデンも同じだけ素晴らしい」と思っているので、あとはカップル様のお好みで決めれば良いかと思います。そして、ガーデンウエディングをするからといって、ビーチでの写真が一枚も取れないわけではありません。むしろこれを両方とも叶える方法を選ぶ方の方が多いくらいですから、挙式をガーデンで挙げて、写真はビーチや他の場所でも撮るというのは極めて一般的な選択肢の一つです。

 

Q4 実際ガーデンウエディング、チャペルの結婚式と比べてどう?

→これまで私はハワイで実際に友人の結婚式にも参列しましたし、さらには仕事でお客様のガーデンウエディングを初めから最後までサポートしたことも何度もありますので、実際の雰囲気はとてもよく分かっているつもりです。

チャペルのウエディングと比べて、このガーデンウエディングの良さは何かというと、「開放感、気持ちよい風を感じながらの挙式」というところでしょう。つまりですね、「天気次第」なのです。現実的なお話になりますが、私が担当させてもらった結婚式で一度土砂降りになったことがあったのです・・。それも乾季のハワイで雨ですから相当確率的には低かったはずなのですが、とにかく降りました。

どういう感じになったかというと、とにかく雨が急に土砂降りのレベルで降ったため、一旦参列者様たちを濡れない木陰のようなところに避難させて、雨の止むタイミングを待ったのです。そして少し待つと雨が止んだので挙式を再開しましたが、とにかくこの瞬間風が強く突風で、牧師先生の声が全く聞こえず挙式の進行はかなり難しかったです。

この経験を経て、「ガーデンウエディングは天気次第だな」と思ったのが本音です。ただ、晴れている日に行うハワイでのガーデンウエディングは、本当に最高です。ハワイの心地よい風に吹かれながら結婚式をするなんて、こんな贅沢なことはありません。ですので、多少ギャンブルにはなりますが、十分に価値のあるスタイルだと言えるでしょう。

 

Q5 ウエディングフォトにこだわりたい、ガーデンでの写真を撮るにはガーデンウエディングを選択するべき?

→良く、「緑をバックにガーデンで写真が撮りたいんです」というカップル様がいらっしゃいますが、だからと言って、必ずしもガーデンウエディングを選ばなければならないわけではありません。なぜかというと、通常のチャペルウエディングでもガーデンバックの写真は撮れるからです。

例えばチャペルウエディングでも、緑の綺麗なガーデンを備えている式場があります。「ザ・モアナチャペル」や「パラダイスガーデン・クリスタルチャペル」などが良い例でしょう。このような式場で挙式を挙げると、挙式のあとの時間で、チャペル外の緑美しいガーデンをバックにたくさんお写真が残せるわけです。なので、ガーデンウエディングに興味があるけれど、目的は「写真」なのであれば、こういう方法も選択肢に入れるとよいでしょう。

 

Q6 ビーチでの写真も撮りたいし、ガーデンでの写真も撮りたい、どちらも叶えられる方法はあるの?

→ガーデンウエディングを希望しているけれども、ビーチでの写真も撮りたい場合にはどうすれば良いのでしょう。これは簡単に解決できます。ガーデンウエディングに申し込み、ビーチフォトをオプションで追加するという方法です。もしもこれが、逆の場合も同じです。チャペルで海を見ながら結婚式を挙げてガーデンで写真を撮りたい場合は、チャペルウエディングに申し込み「ガーデンのフォトツアー」をオプションで選択するのです。良くお客様はなぜか「ビーチかガーデンか決めないといけない」と思っているようですが、そんなことはないのです。どちらも一気に手に入れることは簡単にできます。ただ、追加のフォトツアーにお申込みいただく場合、ある程度の追加料金は当然ながらかかってくるので、その点はご了承くださいませ。

 

Q7 ずばり、ガーデンウエディングの一番の魅力は?

→ガーデンウエディングを実際にこの目で見た時に、まず一番いいと思ったのは、「とにかく写真映えする」ことです。「いかにも海外」な雰囲気の中で行う挙式は写真で見返してもため息が出るような素敵なものです。

そして、やはりガーデンウエディングの最大の魅力と言っても過言ではないのは「気持ちがいい。風や気温が最高」であることです。ただ、これには運も必要ですから、それほど理想的な状況にはならないリスクももちろん覚悟のうえで申し込まなければなりません。

ですが、気温や風の強さや天気の良さ、これらすべてが最高の条件になるとき(ハワイなので多くの場合いい条件の中で挙式が出来るのは間違いありません)これほどまでにハワイらしさを身体じゅうで感じられる挙式のスタイルはないと言えるでしょう。

 

Q8 ガーデンウエディングのデメリットって何かある?

→これに関しては、まず最大のデメリットとして「天気がいいかどうかは運次第」というのがまずありますが、それ以外にデメリットとしてお伝えするとしたら、「室内でのウエディングに比べるとどうしても設備面では叶わない」というところでしょうか。

というのも、現実問題挙式をガーデンウエディングで行う場合、終始屋外にいるわけですから、そう簡単にお手洗いも見つけられません。もしも赤ちゃん連れのゲストがいたとしても授乳室やおむつ替えなどはそう簡単には出来ません。そういった点においてはやはりチャペルウエディングが何よりも勝っています。快適な待合室や、お手洗いなどいざというときに必要なものがすぐそこにある安心感というのはやはり魅力ですよね。

ガーデンウエディングを選ぶ場合、そのようなところまで理解の上決定するようにするべきでしょう。

 

Q9 ハワイのガーデンウエディング、おすすめの式場は?

→ハワイには美しいガーデンを臨める場所がたくさんあります。そのなかでも特におすすめなのが、日本人に特に人気の高い「モアナルアガーデン」での挙式です。

この、モアナルアガーデンですが、なぜ人気があるかというと、その昔「この~木なんの木気になる気~♪」という日立のTVCMがあったのをご存知でしょうか、あのCMに出てきた存在感のあるあの大木を覚えている人は多いでしょう。あのCMの撮影場所がモアナルアガーデンなのです。ちなみにあの木は「モンキーポッド」という木で、とってもユニークな形とその大きさが見た目にも可愛らしく日本人だけでなく多くの観光客に愛されるようになったようです。

そんなモアナルアガーデンはワイキキ中心地から車で約20分の場所にあるとっても大きな公園です。いつ行ってもたくさんの人々が訪れていますが、公園自体がひろいので気になりません。特にガーデンウエディングの場合はどうしても結婚式を行うスペースが公園の一部になるため、周りとの境目が曖昧です。このモアナルアガーデンでの挙式の場合もとにかく全く区切られていない中で行う挙式スタイルなので、公園にいる他の人々からも見られるのですが、それがまた私はいい点だと思います。ハワイという場所柄、人々もとてもフレンドリーで、見知らぬカップルに向かって祝福の声をかけたり、拍手をしたりする光景は珍しくありません。日本では考えられませんが、こういう点がハワイウエディング自体の良さだと私は思います。

このモアナルアガーデンで、大木に守られながら美しい緑に包まれて、ハワイらしい挙式を挙げてみるのもおすすめですよ。

Q10 ガーデンウエディング、カップルふたりだけでの挙式もアリ?

→ハワイ挙式全体に言えることなのですが、カップルのみで行うふたりっきりの挙式は全く珍しくありません。それどころか、むしろ結構多いです。良くお客様に「ふたりだけなんで、なんか寂しい感じになっちゃいそうで心配なんですよね」などと言われることが多いのですが、これは本当に余計な心配です!

むしろ、ふたりだけだからこそ選べる挙式のスタイルも広がります。例えばガーデンウエディングにしてもゲストがいるのといないのでは、考えるべき事項が変わってきます。ゲストのことを考えないのであればなおさらふたりがやりたいように挙式のスタイルから何から何まで選んでいくことが出来るのです。

ゲストのいない結婚式をネガティブに捉える必要は全くありません。思いっきりおふたりらしい結婚式を楽しむ絶好の機会ですので、何も心配せずに夢に描いていた理想の結婚式を実現させましょうね。

  いかがでしたでしょうか。

ガーデンウエディング、イメージだけではなかなか知ることが出来ない細かな部分まで、知っていただけたなら幸いです。

ガーデンウエディングは、ハワイらしさを存分に感じることのできるウエディングスタイルです。是非、検討されてみてくださいね。