ハワイオアフ挙式で会場を選ぶときに気を付けるべきポイント 気候とホノルルマラソンは要注意

「結婚式を海外で挙げるのが夢だったんです!」

リゾート専門のウエディングプランナーをしていると、よく耳にするのがこんな新婦様のひとことです。

どうして海外リゾートで挙式をしようと思ったのか、私は必ずお客様に聞くようにしています。そうするとそのほとんどが、特に明確な理由もなくなんとなく「憧れ」があったからという理由なのです。

やはり、青い海青い空の下、一生に一度の結婚式を挙げるというのは「女の子の夢」なのでしょう。

そして、そんなカップルの中で一番人気の場所がハワイです。海外挙式をするカップルの6割から7割はハワイを選んでいるのです。断トツで人気ナンバーワンですね。

  今回は、そんな憧れのハワイウエディングをテーマに、「会場を選ぶときに気を付けるべきポイント」をまとめていきたいと思います。

 

まず知っておくべきこと「ハワイの気候」について

さて、皆さんきっと「年中常夏!」とイメージしているであろうハワイですが、実際にはハワイにも「雨季と乾季」があります。10月から3月は雨季にあたり、4月から9月が乾季となります。

雨季というと、日本人のイメージとしてついつい梅雨のような気候を想像してしまいますが、実際にはそれほど雨は降り続くことがありません。どちらかというと、ハワイで雨が降るときはほんの少しの短い時間土砂降りになり、そのあとは嘘のように雨がやみ、からりと晴れるようなイメージですね。この、スコールのような雨が一年の中で降りやすいのがいわゆる「雨季」だと思ってください。

ハワイウエディングが決まったら、「いつ結婚式をするか」を考えると思うのですが、もしおふたりの都合が特に何月でもつくのであれば乾季をおすすめします。しかし、雨季の期間にしか設定できないのであればそれはそれで大きな問題ではありません。

実際私はこれまで雨季に何度もハワイに行っていますが、一日中雨でどんよりしていたというのはたったの1日だけでした。そしてそれはハワイでもかなりレアなことだったようで、「こんなに天気が一日中悪いなんて何年ぶりだろう」と現地の人が話していたので、そうそう頻繁に起こることはありません。

 

ハネムーン先としても人気ナンバーワン!

ハワイはとにかく人気です。それはもう世界中から休暇をハワイで過ごすために大勢の旅行客が訪れるわけです。行く度に「毎日毎日良くこれだけの人がいるものだ」と思います。

ハネムーンでハワイに行く日本人はたくさんいますが、その多くが「海外旅行初めてカップル」だということを知っていましたか?ハネムーンのためにパスポートを生れて初めて作りました!なんてカップルはたくさんいるのです。

ハワイがハネムーン先として、海外旅行に不慣れな日本人にこれほど人気が高いのは、「治安の良さ」と「日本語が通じる(ことがある)」、そして「リゾートと言えばハワイというイメージがもともとあるから」という理由です。確かにそのどれも当たっているのですが、何よりも大きな魅力は「雰囲気が常にいい」ことだと私は個人的に思います。

人の多いワイキキエリアでさえ、「人が多くてうんざり・・」という気持ちになることが全くないのは、そこにいる人たちが皆幸せそうで、まさに「楽園」を満喫しているからなのだと私は思います。抽象的な表現になりますが、「気」がいいのです。

 

ホノルルマラソン時期

ひとつハワイウエディングをするにあたって、気を付けた方が良いことがあります。それは「ホノルルマラソン時期を外すべき」ということです。

12月の2週目あたりに、毎年ホノルルマラソンは開催されます。これこそ本当に世界中からたくさんの人がハワイに一気に訪れるタイミングです。一度私はこの時期と重なるタイミングでハワイへ出張に行ったのですが、とにかくホテルが取りづらいんです。いつもなら苦労しないホテル探しも一苦労ですし、飛行機もこの時期はとにかく満席ばかり。

ホノルルマラソンに出るつもりのない人がわざわざこの時期にハワイに行くメリットは一つもありません。うっかりこの時期と重ならないように気を付けましょうね。おまけに雨季ですし、私がハワイにいた2016年の12月、まさにホノルルマラソンの時期は天気も悪かったことを記憶しています。

 

ハワイオアフ島西側エリアについて(コオリナエリア)

さて、ここからウエディングを行う場所選びについて、アドバイスをさせていただきたいと思います。

まずはオアフ島西側の「コオリナエリア」についてです。ハワイオアフ島には、たくさんのホテルがあります。そのホテルの約9割近くがワイキキに集中しているわけですが、このコオリナエリアはワイキキエリアから車で約1時間のところにある、すこし上級者向けのリゾートエリアです。

ハワイに初めて行く人の多くがワイキキに宿泊するかと思うのですが、その理由は「ホテルが多いから」というのはもちろん、「とにかく徒歩圏内で何でもできる」からというのが大きな魅力です。言ってみれば初心者でも何の問題もなく「これこそがハワイだ!」という雰囲気を存分に楽しめるのがワイキキなのです。

そこから離れたこのコオリナエリアには、いくつかの高級ホテルが建っており、結婚式が出来るチャペルもあります。ここのエリアに気に入った挙式場がある場合は、コオリナエリアに宿泊もされることを強くおすすめします。

なぜなら、ワイキキからコオリナまでの1時間の車移動は案外苦痛です。高速道路を使って約1時間の移動なのでかなりの距離があります。行きと帰りで2時間も移動に時間を割くことはおすすめできません。

コオリナエリア自体は海もきれいですし、ワイキキとはまた違った優雅でぜいたくな時間が過ごせる素晴らしいリゾート地ですから、コオリナエリアでの結婚式をされる際はコオリナエリアに滞在し、ワイキキとは違ったゆっくりとした時間を過ごしてくださいね。

尚、コオリナエリアには何にもありません。ワイキキのようにショッピングが出来るような場所はありません。なのでコオリナエリアはホテルステイを満喫するというのが目的のリゾートエリアとなります。

 

ハワイオアフ島東側エリアについて

続いて紹介するのが、コオリナエリアの逆サイドに位置する、東海岸のエリアです。

立地としては、ワイキキのホテルが集まっているエリアから車で30分ほどの距離になりますので、そこまで苦痛にはならない距離ですね。こちら側はハワイの旅行者の定番ドライブコースにもなっています。

その理由は、何といっても「ハワイで一番綺麗な海」です。ハワイと言っても場所によって海の透明度は違います。もちろんどこでもそれなりに綺麗ですが、ワイキキ周辺の海の綺麗さを東海岸エリアの海の綺麗さを比べると、断然東海岸エリアの方が綺麗です。

このあたりには野生のウミガメが泳いでいたりするくらいですから、それはそれは「うわーーーーーーー!」と感動して声がでてしまうくらいの美しい海が広がっているのは確かです。

ただ、ひとつだけ気になるところがあります。この海の綺麗な東海岸エリアなのですが、結構お天気が不安定なエリアだと言えます。先ほど雨季と乾季の話のときにも言いましたが、「雨が降り続く」ということはほとんどありません。ただし、ワイキキは晴れているのに東海岸だけ雨が降っているということは頻繁にあります。

「絶対晴れているところで挙式をするんだ!!」とそこに強いこだわりがもしあるのであれば、東海岸はあまりお勧めできません。もちろん天気だけは誰にもどうすることができないので、どこで結婚式を挙げてもこのリスクはついて回るわけですが・・。

東海岸にある結婚式場の良さは、とにかくハワイで一番綺麗な海をのぞめるというところです。ワイキキから少し移動をしなければならない場所にはなりますが、その海の青さにはきっと感動できることでしょう。

 

ハワイオアフ島ワイキキエリアについて

オアフ島の中でとにかく中心地なのがワイキキです。ハワイと言えばワイキキ、ハネムーンと言えばワイキキ。一番定番、かつ人気があるのがこのエリアです。たくさんの人気ホテルが立ち並ぶ世界中の人から愛されるリゾート地ですね。

そんなワイキキで結婚式が出来るのですから、ワイキキウエディングは人気があります。まず何といっても便利です。ほとんどのひとたちがワイキキのホテルに宿泊するのでそのワイキキで結婚式が出来ればそれが一番ふたりにとっても、家族にとっても利便性が高いのです。

また、車での移動が伴わないので、とにかくストレスがありません。

ではデメリットはないのか、というとどうでしょう。考えても考えてもワイキキエリアのウエディングにこれといったデメリットは私には思いつかなかったですね。

でも、強いて言うのであればワイキキエリアの海で「ウエディングフォト」をビーチ撮影するのであれば少し注意が必要です。なぜなら、とにかく人が多いからです。そしてウエディングフォトを同じように撮影している新郎新婦をたくさん見かける可能性があります。

現に私が行ったとき、同じタイミングで5組ほどのウエディングフォト撮影が行われていたので、これにはちょっとがっかりしましたね。

可能であれば、ビーチ撮影のみ少し離れたところで出来るようなオプションを選択されることをおすすめします。多少お値段が高くなっても格段に良い時間を過ごせることでしょう。

 

ハワイのチャペルウエディングの特徴

ここからは、ウエディングのスタイルのお話です。

まずハワイのチャペルウエディングについてですが、これは実際に私がハワイに行って見てきた感想ですので皆さんが同じように感じるかどうかは分かりません。

一番初めにたくさんのハワイのチャペルを見て思ったことは、「結構古いチャペルが多い!」ということ。皆さんはほとんどインターネットの写真や雑誌に掲載されている写真でチャペルを決めるでしょう。その時にそのチャペルが何年位前からあるのかを確認してみることをおすすめします。10年以上たっている場合はしっかり「素人が撮った写真をきちんと調べて見ておく」ことが大事です。

メディアに掲載されている写真は全て素敵に見えますが、「実際そうでもないかも・・」と思った会場も中にはありました。ハワイウエディングの歴史は結構長いので、新しいチャペルも結構古いチャペルもありますからね。そのあたりに注意して選んでみてください。

 

ハワイの教会ウエディングの特徴

ハワイで教会ウエディングをするカップルもいます。チャペルと違って教会は「キリスト教徒が礼拝に使うために作られた施設」です。チャペルは結婚式のために作られているため、待合室がきちんとあったり、空調が完備していたりと至れり尽くせりなのですが、教会はそうではありません。

見た目のイメージだけで決めると、後で「こんな風だとは思わなかった」ということになりかねません。教会ウエディングを選ぶのであれば、設備の面ではあまり期待しないほうが良いでしょう。

ただ、その反面ハワイの伝統を感じながら結婚式が出来るのが教会です。きっとチャペルとは一味違う経験ができるでしょう。

 

ハワイのガーデンウエディングの特徴

「ハワイで結婚式をするなら絶対ガーデンウエディングがいい!」

結構こういうお客様が多いのです。特にここ1,2年は芸能人やモデルの結婚式も影響して、ガーデンウエディングは人気がさらに高まりました。

しかし、デメリットをしっかり理解しておくことをおすすめします。ここでいうデメリットは「暑い!そして雨のときのショックが大きい」ということです。参加ゲストの中に年配の方がいるときはあまりおすすめしませんね。

とはいえ、ガーデンウエディングはハワイの美しい緑に囲まれた最高のロケーションで結婚式が出来る素敵なウエディングスタイルであることは間違いありません。リスクは高いですが私個人的には一番好きなスタイルですね。

 

まとめ

結婚式をハワイでする!と決めたら、たくさんのことを決めていかなければなりません。

・いつするのか(時期)

・ハワイのどこでするのか(どのエリア)

・どんなスタイルでするのか(チャペル・教会・ガーデン)

  これらを決めていくのに、少しでもお役に立てれば幸いです。

おふたりにピッタリの結婚式場が見つかりますように。