海外ウエディングの申し込み方法や人気ランキングや 国内挙式との費用を比較

結婚式は、人生において最大のイベントと言っても過言ではないでしょう。

大切な家族や友人に囲まれて、愛する人との結婚を祝ってもらうそんな素晴らしいイベントです。

世の中のカップルは、結婚が決まったらまず結婚式の計画を立てるでしょう。

 

結婚式と一言で言っても、実際にはいろいろな形式があります。大人数を招いて、大きな会場で豪勢に行う披露宴もあれば、ごくごく身近な家族や友達だけを招いて行う、少人数でアットホームなパーティもあるでしょう。

そんな中、忘れてはならない「海外ウエディング」というスタイルがあります。結婚式を行うのは何も日本でなければならないわけではありません。

世界中どこでも、おふたりさえよければ結婚式は出来ます。

今、読んでいただいている方のほとんどが、「結婚が決まったばかり」もしくは「結婚式場を探している真っ最中」というところでしょうか。何にせよ、結婚式に関する情報を求めていることには間違いありません。

今回は、そんな皆さんに「海外ウエディングの魅力」についてご紹介させていただきたいと思います。

基本的な情報なども載せていますので、是非参考にしてくださいね。

そもそも海外ウエディングってどうやって申し込むの?

海外ウェディングの申し込みは、どのような窓口からするのが一般的なのでしょうか。

通常、結婚式場の予約をする場合、もしくは結婚式場の見学の予約をする場合には、直接その結婚式場に問い合わせるのが一般的な方法となります。

しかし、海外ウェディングとなると結婚式場に直接連絡をとることは簡単ではありません。 ですので、まず海外ウエディングを検討する場合には、海外ウエディングのプロデュース会社がいくつもあることを知っておかなければなりません。

つまり、そのプロデュース会社が海外ウエディングの式場を運営しているのです。このような、海外ウエディングのプロデュース会社というのも、かなりたくさんの種類があるので、まずはおふたりの気になる会場をピックアップして、その後にそれらの会場を運営している会社がどこなのかを調べ、そのプロデュース会社に話を聞きに行くという流れがおすすめです。

また、忘れてはならないのが旅行代理店です。大手JTBやHISはもちろん、その他の旅行代理店もいろいろなウエディングパッケージを販売しています。

どういうことかというと、ウエディングプロデュース会社経由で申し込む方法と、旅行代理店経由で申し込む方法があるということです。

何が違うか、それは申し込み窓口の違いだけであって、挙式の内容は一切変わりません。

ウエディングプロデュース会社で申し込むメリットは、やはりウエディングのプロであるウエディングプランナーがしっかりフォローしてくれることでしょう。

一方、旅行代理店のメリットは、旅行とウエディングの両方を1つの窓口で申し込める点でしょう。

このように、大きく分けて2通りの申し込み方法があることをまず知っておきましょう。

 

海外ウエディングのスタイルにはどんなものがあるの?

そして、海外ウエディングと一言で言っても、そのスタイルは2通りあります。全く雰囲気の違う2つの海外ウエディングですが、皆さんはどちらがお好みでしょう。 まず、1つ目は、荘厳な雰囲気で行う「教会ウエディング」や「古城でのウエディング」のスタイルです。ヨーロッパでのウエディングを選ぶカップルが求めるのが、このスタイルですね。

日本にももちろん教会はありますが、やはりヨーロッパの本場の教会や、お城は雰囲気が別格です。本物のお城で結婚式を挙げるのが子供のころからの夢だった!という花嫁さんも多いようですね。

次に2つ目です。こちらは定番中の定番ですが、青い海青い空を眺めながら行う「リゾートウエディング」のスタイルです。リゾートと呼ばれる国や地域に行き、日本では考えられないような絶景の中で行う結婚式、これもまた素敵ですよね。

普段から海外リゾートに興味のある方ならまず間違いなくこのスタイルを選ぶでしょう。青い空、青い海をバックに、日本では決してとることの出来ないような素敵な写真を残しましょう。

行先は様々ですが、スタイルで分けて考えるのであればこの二種類に分けられます。

 

海外ウエディング人気ランキングBEST3はどこ?

それでは実際に、皆さんは結婚式を海外で挙げる場合、どんな場所を選んでいるのでしょう。

海外ウエディングの人気の行先BEST3は下記のとおりです。

第1位 ハワイ・・・約60%

第2位 グアム・・・約20%

第3位 ヨーロッパ・・・約13%

毎年、若干の変化があるものの、ほとんどこのランキングが変わることはありません。

おおよそ、海外旅行の行先として人気がある場所が、海外ウエディングの舞台としても人気だと言えます。それではこの3つのエリアに分けて、それぞれの魅力をご紹介しましょう。

 

ハワイ

やはり定番のハワイです。人気ですよね。ハワイはいつも安定の1位です。リゾートと言えばハワイです。日本からはそれなりに離れた場所にあるのですが、フライト時間も8時間ほどなので、ヨーロッパに比べると、まだまだ近いイメージも人気の理由なのかもしれません。

ハネムーンでも一番人気の行先であるハワイですから、せっかくなら挙式も一緒に挙げた方が効率も良いです。

また、「世界中の人たちのリゾート地」という雰囲気のハワイですから、とにかくその独特の「楽園感」がいいですよね。更には日本人も多いため、初めて海外に行く人にとっては、とても安心感があります。日本語が通じるところも多く、何よりもやはり挙式会場がたくさんあるため、おふたりにピッタリ合った理想的な結婚式場が見つかりやすい点を考えれば、ハワイは納得の1位です。

 

グアム

グアムはハワイと同じ「リゾートウエディング」のジャンルに入りますが、何よりもフライト時間3時間ほどでいくことが出来るその「手軽さ」が人気の理由です。また、時差も1時間しかないため、海外旅行に不慣れな人でも心配いりません。

ハワイウエディングをあきらめて、グアムに決めたという人もいますが、ここでひとつ私から伝えておきたいことがあります。

「グアムはハワイに行けなかったひとが仕方なく選ぶような場所ではない」ということです。つまり、「グアムは結婚式をするにはふさわしい最高の場所だともいえる」のです。

グアムがハワイに劣っているところは1つだけです。「お店の数」つまりショッピング目的で行くと満足できない可能性が高いのがグアムなのです。

しかしその反面、結婚式場や海の透明度に関しては「むしろハワイよりもレベルが高い!」のが本当の話です。これ、知らない人が多すぎるので是非覚えておいてくださいね。

個人的にはとってもおすすめなのが、このグアムです。

 

ヨーロッパ

お城でのウエディングや教会でのウエディングのスタイルを求めるカップルがヨーロッパを選びます。ヨーロッパは日本から離れていることもあり、何となく「滅多に行けない場所、人生で一度は行ってみたい場所」というイメージが強いです。

その人その人の好みによって、「すっごく行きたい!」人と「全然興味がない」人に分かれるのがヨーロッパですね。しかし、興味のある人は結婚式でヨーロッパ旅行に行くのはとてもいい方法だと思います。なぜなら、長い休みがないとなかなか行くことのできないヨーロッパですから、こんな機会でもないとなかなか仕事をしている以上行くことはできません。思い切ってこの機会を利用するべきですね。

現実的な話になりますが、まとまった休みを取ることが難しい人はたくさんいます。

「結婚式もしくはハネムーン」を理由にすればこの時ばかりは、またとないまとまった休みが取れることも多いですよね。

以前、婚活サイトでアンケートを取ってみたことがありますが、ハネムーンを理由にヨーロッパへ行く人はかなり多かったです。

 

国内ウエディングと海外ウエディングの費用を比較してみましょう

それでは、ここで誰しもが気になる海外ウエディングの費用についてお話しておきましょう。

せっかく「海外ウエディングがしたい!」と思ったところで、現実的に費用面で不可能であれば意味がありませんからね。

 

まず、日本で行う挙式の場合に、かかる費用というのはおおよそどれくらいでしょうか。よく「大体いくらかかるの?」という質問を見かけますが、これは全く意味のない質問です。なぜなら、結婚式にかかる費用というのは、招待するゲストの人数に大きく左右されるからです。まずその部分を、ある程度決めてから初めて金額の話が出来ます。

もちろん、国内ウエディングと一言で言っても式場のレベルも様々ですので一概には言えません。ただ、ある程度ゼクシィなどの紙面でランキング上位に載っているようなレベルの結婚式場であれば、おおよそ「参列ゲストの人数×4万円」以上は見ておいた方が良いです。

ただ、国内挙式の場合には「ご祝儀」というものがありますよね。これもゲストによりけりですが仮にゲスト1名あたり3万円と見積ったとします。そうすると、計算的には下記のようになります。

例:ゲスト60名の場合→ 80名×4万円=320万円 ご祝儀80名×3万円=240万円

※実質かかる費用は320万円-240万円=80万円

 

海外のウエディングの場合はどうでしょうか。ハワイ挙式を例にとって見てみると、選ぶ会場にもよりますが、平均してハワイ挙式費用(旅行代金含む)は150万ほどと言われています。

となると、「海外ウエディングはやっぱり割高だな」と思うかもしれません。でも、ちょっと待ってください。

ハネムーンに行くことまで考えて計算してみるとどうでしょう。仮に国内ウエディングの費用が上記の例のように実費80万円だったとします。そこからハネムーンで海外に行くとその分の旅行費用は丸ごとかかってきますよね。例えばハワイだとするとおおよろ70万円ほど2人でかかるので、これを国内ウエディングの挙式費用と合わせると、合計150万円かかる計算になります。

つまり「海外挙式の費用=国内挙式+海外ハネムーン」ということになります。(もちろん条件や会場によりますが)

 

ですので、結論「海外ウエディングがやたら高額なわけではなかった!」ということになります。

どうですか?これなら、結構現実的に考えられる気がしてきませんか?

 

海外ウエディング向きなのはどんなカップル?

「結婚式と言えば、海外ウエディング!」

というほど海外ウエディングが主流なわけではありません。まだまだ日本でのウエディングが一般的です。ですが、イメージしているほど非現実的な選択肢では全くありません。むしろ海外ウエディングの方が費用面では安く済むことさえあります。

 

それでは、どのようなカップルに海外ウエディングが向いているといえるのでしょう。

・限られたゲスト(主に家族中心)だけでも構わない

・とにかく「非現実的な場所」で結婚式がしたい

・ハネムーンでは絶対海外に行きたいが、結婚式と合わせると予算オーバーかも・・・

これらに当てはまる場合、一度海外ウエディングを検討してみても良いでしょう。案外すべてあっさりと解決できるかもしれません。

 

また、海外ウエディングだとあまりたくさんのゲストを招待できないというデメリットがありますが、これは行先によってはそうでもない場合もあります。

例えば人気ランキング2位のグアムならどうでしょう。

時差もほぼ無く、フライト時間も3時間くらいならお年寄りや、小さなお子様連れのゲストにも来てもらえますよね。現に、グアム挙式の場合はお友達まで招待するケースも多いですよ。最短2泊3日で行ける海外ですので十分に可能ですよね。

 

そして、忘れてはならないのが「憧れの場所で、一生に一度の結婚式」をすることが出来るということです。夢のような場所で、愛する人と永遠の愛を誓い合う訳ですから、感動も格別です。

 

まとめ

「何となく海外ウエディングってハードル高そうだな」と思っている人がとっても多いのですが、意外にそんなこともないということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

実際に最も費用がかかってしまうのは、豪勢な国内ウエディングと豪勢な海外ハネムーンの組み合わせです。

ハネムーンの行先がすでに決まっている人は、是非一度その地の挙式会場も調べてみてください。

その憧れの地で、結婚式も一緒に挙げてみるというのも、選択肢としてとってもおすすめですよ!