•  > 
  •  > 
  •  > 
  • ここだけは妥協しないで!結婚式でこだわるべき3つの事柄と費用を抑えられる要素

ここだけは妥協しないで!結婚式でこだわるべき3つの事柄と費用を抑えられる要素

結婚式は一生に一度の大イベントです。

結婚式で残した写真や映像は、何年たってもおふたりの大切な思い出として残ります。結婚式場を探すところから始まる「結婚式の準備」ですが、中でも大変なのは結婚式の内容を決めていく部分です。

結婚式の内容というのは、要は披露宴中の演出のことです。派手な演出をして、一気に華やかに見せたい!というカップルもいれば、あまり派手な演出はせずにアットホームな雰囲気にしたいというカップルもいるはずです。

 

しかし、ここで多くのカップルがぶち当たるのが「予算オーバー!」という問題です。何かにつけてお金のかかる結婚式ですが、中でも披露宴には莫大な費用がかかります。

「別に予算は問題ないから大丈夫!」というカップルも中にはいるかもしれませんが、多くのカップルが「決められた予算の中で結婚式をより良いものにしたい」と考えているでしょう。

出来る限り費用をおさえつつこだわるところにはこだわりたい。

そんなカップルに今回は、特にこだわっておくべき結婚式のポイント、逆に言うと「ここはケチるべきではない!」という点について、ウエディングプランナーの目線でまとめてみました。

是非参考にしてくださいね。

1.お料理(フルコース)のランク

皆さんが結婚式に招待されて参加した時のことを思い出してください。友人の結婚式でも親戚の結婚式でも構いません。どうですか?どの程度思い出せますか?

会場の雰囲気や、披露宴の内容や雰囲気など、どの程度思い出すことができるでしょうか。ほとんどの人が「なんとなくしか思い出せない」と感じるのではないですか?

新郎新婦がどんな衣装を着ていたか、どんな余興があったか、そういうことは意外と思い出せないものです。

ただ、不思議なことに「フルコース」のクオリティについてはほとんどの人たちが「覚えている!」のです。

少なくとも、「おいしかった」「ふつうだった」「いまいちだった」などのイメージというのは必ずと言ってよいほど記憶に残ります。

 

結婚式はゲストをおもてなしする場所でもあるのです。仮にあなた方カップルが「ちょっと予算きついし、食事は一番安いものでいいかな」と安易に食事のランクを下げてしまうと後になってゲストに「なんか料理いまいちだったよね」なんて陰で言われるような事態を招いてしまいます。

せっかく来てくれるゲストの皆さんに「料理すっごくおいしかった!」と思ってもらいたくないですか?

逆に、あなた方カップルが出来るおもてなしは案外お食事くらいしかないのです。ここはある程度しっかりしたレベルのものを提供するべきだと強くおすすめします。

 

2.写真・アルバム

次にお話しするのは、写真についてです。

結婚式の中で一番こだわりたいポイントとして知られる写真ですが、これまたかなり高額なものまで幅広くラインアップされているものです。

多くの結婚式場が、基本のプランにアルバムを含めていますが、その場合含まれているアルバムというのは「最低レベルのもの」であることが多いです。

基本、結婚式場にもよりますがアルバムの価格帯は8万円くらいのものから50万円くらいのものまで幅広くあります。そして、平均的なところで30万円前後のアルバムが割と売れ筋だと言えるでしょう。

「アルバムに30万円も?!」と思う人も多いかもしれません。

しかし、アルバムは高ければ高いほど撮影できる範囲が広がり、また撮影カット数も増えるのです。

例えば結婚式を挙げるチャペルの中でのお二人の写真、これは基本どのアルバムにも含まれます。しかしここからさらにチャペルの外のお庭での撮影や、もしそこがオーシャンビューの式場だった場合、海をバックにした撮影などがいわゆるプラスアルファの撮影というものになるのです。

 

結婚式は多くのカップルが「夢のような場所で、素敵な写真をたくさん撮りたい!」という思いで会場を選んでいます。こういうと自己満足のようにも聞こえますが、いいんです。一生に一度の晴れ舞台なのですから。

なので、ここでもし最低限のショットしか撮影しない価格のお安めのアルバムをチョイスした場合、必ず当日になって「もっと写真とりたかったな」という気持ちになります。「こんなに素敵な結婚式なのにこれだけしか写真が撮れないなんて・・」という寂しい気持ちにならないためにも、しっかりここは「ある程度レベルの高いアルバム」をチョイスしておくことをおすすめします。

確かにアルバムは金額としてはとっても高いです。でもそれだけの価値が必ずあります。

ここでケチケチするのは勿体ないですよ!

 

3.ビデオ撮影

ウエディングプランナーの中では、常識レベルなのですが次のような説があります。

結婚式、後になってみて『あれをやっておけばよかった!』と後悔するのはビデオ撮影がだんとつ一位

つまり、多くの人たちが費用面を理由にあきらめるビデオ撮影が、なによりも「やっておけばよかった」と後で後悔するアイテムだということなのです。

婚活サイト恋活アプリ経由で結婚した人の話を聞いていても、ここに力を入れていてよかった。という人は多いです。

 

よく、「写真があるなら、ビデオまでいらないかな」という人がいますが、はっきり言います。「写真と動画は全く別物」です。

写真はビデオの代わりにはなりません。たしかに、写真も素敵です。

ただ、ビデオのいいところは「より自然なカップルの様子を収めることができる」という点です。写真はすべてポーズをとって撮影します。

しかし、ビデオというのはより自然体のお二人の姿を記録することができる唯一のアイテムなのです。

お値段おおよそ、10万円から30万円(もしくはそれ以上)ほどするでしょう。高いです。確かに高いと思います。しかし、多少無理してでもビデオは選ぶべきなのです。

また、よく新郎新婦カップルから聞くことは、「自分たちがみていないときに、ゲストが楽しんでいる様子がビデオで見られてすごくよかった」という意見です。確かにそうですよね。自分たちのいない間に、ゲストが披露宴中すっごく楽しそうに笑顔でいてくれた様子がビデオで見れるとすごくうれしくないですか?こういったタイミングだけは、どうがんばっても新郎新婦カップルからは見ることのできないシーンですからね。

だからこそ、ビデオはおすすめなのです。二人だけでなく、列席する皆の様子を収めることが出来る唯一のアイテムだからなのです。

 

以上の3点つまり、お料理・写真・ビデオに関してはあまりぎりぎりまでケチらず、ある程度しっかりしたものを選んでいく価値があということがお分かりいただけましたでしょうか。このあたりはきちんとこだわり抜いていきましょうね。

 

費用を抑えられる3つのポイント

それでは逆にここからは、「どの部分なら費用をおさえられるか」ということについてまとめてみましょう。主に下記の3つとなります。

①ペーパーアイテム(招待状・席札・席次表)

結婚式の準備において、「手作りによって費用をおさえられるもの」とは一体何でしょう。それはずばり、「ペーパーアイテム」なのです。

結婚式の3か月前にはデザインを決め、招待客をセレクトし、2か月前にはゲストのもとに届くように送るのが招待状です。結婚式の準備の中で、一番早く始まるものですね。さらにその招待状の返信がカップルのもとに届き始めたら、次に始めるのが「席次表」そして「席札」です。

席次表は、それぞれのゲストがどこの席に座るのかを示したもので、席札はそれぞれのゲストの名前が記されたカードです。当日席に置いておくのがこの席札ですね。

これらのペーパーアイテムこそ、結婚式の準備において割と手間のかかるものですが、絶対避けては通れないアイテムとも言えます。

 

多くの結婚式場が、ペーパーアイテムの持ち込みをOKとしており、これらに関しては好きなように手作りしても、特に持ち込み料もかからないところばかりです。(全てかどうかは分かりませんが、一般的には持ち込みOKです)

そして、さらにペーパーアイテムを手作りするメリットは、「自分の好みのテイストに合わせて作る」ことが出来ることです。

例えば、カップルが2人そろって何かの漫画の大ファンだったとします。それならこれらのペーパーアイテムを手作りするにあたって、是非その好きな漫画のテイストを取り入れてみてください。これらはやりすぎると、ゲストに「・・・???」と妙な印象を与えてしまい兼ねませんが、少しさりげなく取り入れるくらいであれば、「個性があっていい!」と思われること間違いありません。

既製のペーパーアイテムの場合は、なかなか個性を出すことは不可能ですが、手作りであれば何でも可能です。さらに、招待状、席次表、席札すべてに統一感を持たせることも出来ますし、ゲストにも喜ばれる一つの演出にもなります。

肝心な費用のお話ですが、もちろん手作りの方が安くあがりますよ。

 

②披露宴内の演出

披露宴と言えば「華やかな演出」というのがいつの時代も定番のように扱われています。人気の演出には下記のようなものがあります。

・キャンドルサービス

・キャンドルリレー

・シャンパンタワー

いかにも披露宴!というような派手な演出ですよね。もちろん結婚式らしさを出すにはもってこいですし、定番なので外さない演出だと言えるでしょう。しかしながら、「またこれか」と思われるリスクもあります。なぜなら、あまりにも定番だからです。

結婚式にあまりお金をかけたくない、少しでも費用をおさえたいと思うのであればこういった「お金のかかる演出」を選ぶのはやめましょう。声を大にして言いますが、ゲストはたいして喜びません。このような演出も「へぇ」くらいのものです。なぜなら「何度も見てきているので飽きている」のです。

そこをあえて、高いお金をかけてまでこういった定番演出を取り入れる意味はありません。逆にお金の全くかからない演出だっていっぱいあります。

・テーブルラウンドフォト(カップルがゲストテーブルを回り、それぞれのテーブルで写真を撮る)

・新婦のドレス当てクイズ(お色直し後の新婦の衣装の色当てクイズ、当たった人からくじ引きで景品が当たるチャンスあり)

・ラッキードラジェ(デザートの中にドラジェが入っていたら当たり、当たりの人にはプレゼントあり)

このような演出は、費用があまりかからないにもかかわらず、ゲストにとても楽しんでもらえます。このように、びっくりするような派手な演出にお金をかける必要は全くないのです。

 

③会場装花やデコレーション

そして会場のデコレーションです。

よく、「受付スペースのデコレーションからこだわりまくる」人がいます。それはそれでありです。しかし、受付スペースというのはもちろんゲスト皆が通る場所ではありますが披露宴会場ではありません。ここに受付用の装花や装飾を置くためだけに5万円~10万円かける人もいますが、もし費用を気にするのであれば、これらは真っ先に削っていくべきポイントだと言えます。

何も、お金をかけなくても受付周りは華やかにできます。お二人の写真を張り合わせたボードなどを可愛らしく手作りしておいてみたり、ウエルカムベアを置いてみたり、いわゆる「持ち込みアイテム」で華やかに作り上げることが出来るのです。

 

そして、結構悩みどころなのが会場の中の装花です。

やみくもにこれはケチってしまうといけません。やはりお花はとても大事なアイテムで、会場の雰囲気を大きく左右するものだからです。結婚式の打ち合わせ時、ほとんどの場合がお花屋さん、いわゆるフローリストとの打ち合わせの時間を設けます。このときに、好みのイメージなど伝えると思うのですが、ここでなるべく予算オーバーせずに好みのお花で飾れるよう掛け合ってみてください。お花には同じような色味でもかなりたくさんの種類があります。うまく組み合わせることで、費用をおさえることももちろん可能です。

すすめられるがままに決めてしまうのではなく、しっかり値段交渉をすることが大切です。そうすることによって、理想のイメージを壊さずに金額だけを下げることが可能になります。

 

まとめ

費用をおさえるためには、何にこだわりそして何を削るべきなのか、すこしイメージできたでしょうか?

結婚式は意外に「相談すれば割といろいろ式場側もがんばってくれる」ことが多いです。

担当のウエディングプランナーを味方につけて、質を落とさずに最低限の費用で結婚式を作り上げていきましょう!