結婚式のこだわりポイント~自分らしいウエディングを叶えよう~

一生に一度の結婚式です。

私は長年、ウエディングプランナーという仕事を通し、たくさんの新郎新婦カップルの結婚式を見てきました。結婚式というのはおもしろいもので、カップルの数だけの結婚式のカタチがあるのです。

誰しもが、結婚式に対して「自分たちらしい式にしたいな」と思っていることと思います。ただ、思い返してみてください。これまで招待された結婚式はどんな結婚式でしたか?

「こんな結婚式初めて!」というような結婚式を見たことがある人は実際少ないのではないでしょうか。「大体結婚式っていつも同じ感じだよな」と感じる人の方がきっと多いでしょう。

 今回は、「オリジナリティあふれる結婚式にするには、どうすればよいか」について、まとめてみました。

「人と違うことがしたい」、「来てくれるゲストにも新鮮な気持ちで楽しんでもらいたい」と思っている人にピッタリの内容です。是非参考にしてみてくださいね。

 

まずは招待状からこだわってみよう

結婚式のアイテム、たくさんありますよね。でも、一番初めにとりかかるのがこの招待状です。招待状と一言で言っても、たくさんのデザインがあり、これを決めるだけでも結構迷いに迷う新郎新婦カップルがたくさんいるものです。

ウエディングプランナーの立場からはあまりおすすめしにくいのですが、ここでひとつオリジナリティを出そうとするならおすすめしたいのが「手作りの招待状」です。

実はこの招待状というのは、後々必要になってくる席次表席札とお揃いのデザインにするのが一般的なので、招待状のデザインを決めることは、テーブルコーディネートにまでかかわってくる重要なことなのです。

おすすめは、ここでテーマカラーを決めることです。披露宴を数々見てきましたが、テーマカラーを決める結婚式というのはとってもオシャレに仕上がります。もし好きな色があるのであればその色を招待状に取り入れましょう。そしておふたりの結婚式のテーマカラーとするのです。

招待状のデザインも今では手作りできるキッドになっているものとして、山ほどたくさんの種類のものを簡単に見つけることが出来ますし、ゼロから手作りすることももちろん可能です。是非ここでおふたりの好きな色を取り入れてみましょう。

 

ドレスコードを決めると一気に統一感UP!

さきほど招待状の項目で、テーマカラーを決めるといいですよ!とお伝えしたばかりですが、そのテーマカラーをもっともっと目立たせるおすすめの方法として、「ドレスコードを決める」というのがあります。招待状を出す段階で、その旨も記載しておくのです。例えば「わたしたちのウエディングパーティーのテーマカラーはブルーです。当日はブルーのものを何か身に着けていらしてくださいね」といったようなメッセージを記載するのです。

私はこれまで、ドレスコードの決まっていたパーティーを何度か見たことがありますが、どれもとてもオシャレにまとまっており、印象に残りました。

これまで見たものは、テーマカラーとしてブルーを設定していたパーティーと、これまた個性的なのですが、「リゾートファッション」をドレスコードに設定したパーティーです。どちらも素敵でしたね。

特に、「リゾートファッション」の方は、本当にオシャレでした。男性は綿生地のパンツとシャツにストローハット、女性はリゾート感満載のすずしげなワンピースや、ロンパース。とってもカジュアルだったのですが、海の見えるリゾート系の結婚式場だったので雰囲気にばっちりマッチしていて素敵でしたね。

 

ゲストに楽しませるウェルカムグッズを考える

結婚式当日、受付を済ませたゲストの皆さんに、待っている間に何か楽しめるものがないかどうかと聞いてくるカップルもたくさんいましたね。今はやや主流になってきているとも言えますが、「ウエディングツリー」は特におすすめです。この「ウエディングツリー」というのは名前の通り木が描かれているボードがあり、そこに参加してくれたゲスト自ら指でいろいろな色のスタンプを押して、花を咲かせていくといった目的のものです。スタンプはいろいろな色を用意しておいて、ゲストの好みでペタペタと押していってもらうのです。

新郎新婦カップルが見ていないうちにゲストの手によりどんどん木が大きくなっていき、世界に一つしかない、ウエディングツリーが完成するそのコンセプトはとっても魅力がありますよね。

このウエディングツリーですが、必ずしもこれはツリーでなくてはならないこともありません。もし絵心があるカップルなら、少しこれをもとにオリジナルのボードを作ってみるのもいいかもしれません。

 

結婚式のスタイルを考えてみる

自分らしいウエディングを作り上げるにあたって、是非考えていただきたいのが挙式のスタイルです。一般的に結婚式はキリスト教式もしくは神前式という形で行われます。

しかし、多くの新郎新婦カップルが特にキリスト教徒でもなく、何となくキリスト教式を挙げているのが現状です。なぜでしょう。それこそまさに「皆そうしてるから」という理由にすぎないのです。

それではどうすればオリジナリティあふれる結婚式が作り出せるのでしょう、答えはひとつ「人前式」スタイルにすることです。

キリスト教式は、牧師先生の前で永遠の愛を誓い合います。それでは人前式スタイルはどうでしょう。このスタイルは「その場に来てくれている大切なゲストの前で永遠の愛を誓い合う」のです。素敵ですよね。

私はお客様には必ずこの人前式の紹介をするようにしています。それは、「なんとなく皆そうしているから」という理由で挙式のスタイルを決めてほしくないからです。

そして、この人前式は極めて自由です。多くの場合、立会人を新郎側新婦側それぞれたてて、その立会人にも結婚証明書にサインをしてもらうといったものです。

そして、大きな違いは挙式中の新郎新婦の向いている方向です。キリスト教式や神前式の場合は前を向いている時間が長いですよね。つまり、牧師先生の方を向きゲストには後姿を見せている格好になります。しかし、人前式はこの逆となります。ゲストの方を向いている時間が長くなるので、よりゲストとの一体感を感じられるのも魅力です。

 

披露宴中のおすすめ演出

その1:みんなで作るウエディングケーキ

披露宴中の演出も「自分たちらしさ」をアピールするたくさんの演出があります。中でもおすすめなものを厳選して紹介しましょう。

まずこちらの「オリジナルウエディングケーキ」ですが、結構ウエディングケーキにこだわりたい人はたくさんいます。「こんなケーキにしたい」とデザインを持ってくるお客様はたくさんいました。中でも結婚式当日に見ていて特にいいなと感じたのは、ゲスト皆が作り上げるウエディングケーキです。

どういうことかというと、とりあえず土台のみ予め新郎新婦カップルがデザインしておき、あとは当日ビュッフェのような形式で、デコレーションコーナーをケーキの横に置いておき、それらをゲストに自由に使ってもらってデコレーションしてもらうというものです。実際にデコレーションするゲストも楽しめますし、何より、世界に一つしかないウエディングケーキが完成するというのが一番の魅力です。なんといっても、ウエディングケーキは写真に良く残るアイテムなので、後からアルバムを見返すたびに、「こんなふうにみんなでケーキをデコレーションしてくれたんだな~」と思い出に浸ることも出来ます。

その2:シガービュッフェ

大人っぽいオシャレな雰囲気が好きなカップルに特におすすめしたいのがシガービュッフェです。会場によって出来るところとそうでないところがあるかもしれませんが、実際披露宴中の演出としていれてみると、パーティー自体の雰囲気がとっても大人っぽくなり素敵ですよ。

私が実際に見た様子で説明すると、会場の外のちょっとしたお庭のスペースにシガービュッフェを用意し、ゲストが自由に楽しめるようにするのです。普段シガーとは無縁の人たちも、そのオシャレな雰囲気に「ちょっと試してみようかな」という気分になるのでしょう、かなりたくさんの男性が試していましたね。その光景は、海外のパーティーのようでとてもオシャレでした。問題はこのシガービュッフェ、なかなか女性ゲストには挑戦しづらいものであるため、別のものを準備しなければならない点ですね。

ここで無難なのは、女性向けにデザートビュッフェを準備しておくことでしょう。あとは少し変わり種として、ワインビュッフェのようなかたちで、ワイン数種類とチーズを用意するのも喜ばれますよ。このワインビュッフェは特にシガービュッフェとの相性が良く、大人っぽさとオシャレさを両方アピールできます。

このシガービュッフェやワインビュッフェの演出は、特に夕方以降の時間帯の披露宴にはとてもおすすめです。一気に大人オシャレな雰囲気に、パーティー自体を格上げすることが出来ます。

その3:プロシンガー

誰が考え出したのか、披露宴中は絶対に友人による余興を入れなくてはならないと思う人がとっても多いです。実際のところそんな決まりは一切ないのです。むしろ余興を頼まれる友人グループもいろいろとプレッシャーを感じてしまいますし、場合によっては完全になくしてしまっても問題はありません。「結婚式はたいていいつもこうだから、自分たちもこうしなくては」という考え方で結婚式の内容を決めていってしまうと、その結婚式もいわゆる典型的な「よくある結婚式」のひとつになってしまいますからね。

ただ、やはりゲストを楽しませる何かをしたいと考えるのが新郎新婦カップルです。ここで私がおススメしたいのが、「余興的なものはプロに任せてみる」というものです。

例えばプロシンガーに生演奏をしてもらうというのも、今まで見た中で大変良かったです。やはり当然プロですから素人とクオリティも違いますし、会場全体の雰囲気がすごく高級に感じるというか、上手く説明は出来ませんが、とにかく雰囲気が良かったのです。シンガーでなくても、ピアニストでも構いませんし、何かしらプロによる生演奏を入れるという演出は絶対に外すことのない安定の選択肢です。

また、これとは少し外れますが、プロに依頼するというところに関連してもう一つ挙げるのであれば、マジシャンを呼ぶというのもとても好評でしたしゲストはかなり喜んでいました。

やはり、プロは違いますね。

その4:花火でフィナーレ

この演出こそ、出来るところと出来ないところがあると思うのですが、もし可能なのであれば「花火」は絶対におすすめです。

自分たちだけのために花火を打ち上げてもらえるなんて、そんな素敵なことはありませんよね。一生のうちに一度あるかないかの貴重な体験です。ある人の方が圧倒的に少ないです。

花火の演出が出来る会場でも、それにかかる費用はやはり高いです。おおよそ20万くらいは見ておいた方がいいでしょうか。それでもやる価値があると強く断言できるのは、やはり「感動レベル」が別格だからです。あの音と光の演出効果を甘く見てはいけません。

基本、花火は披露宴のフィナーレで行います。花火の挙げられる会場は基本海の近くであることがほとんどです。披露宴の最後、「皆さんで写真を撮りましょう!」なんて司会者の指示で皆一斉に外に出ます。そして何も知らないゲストに突然花火のカウントダウンをさせて「3.2.1・・・ドーン!!!」と花火を挙げる演出はゲストも大喜びでした。このサプライズはかなり難易度が高いため、出来る会場があまり多くはないかもしれませんが、通常の花火だけでも十分です。是非ご検討くださいね。

 

まとめ

今回は、「自分らしいウエディングをするためにおすすめの演出」をまとめてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。何も常にお金をかけなくては叶わないものばかりではありません。中には、全く費用もかからないものだってありますからね。

  大切なのは、「どんな結婚式にしたいか」を具体的にイメージし、おふたりのイメージにピッタリの演出を選んでいくことです。

なんかあのふたりらしい結婚式だったね」とあとで言われるような、そんな結婚式を作っていきましょうね!