•  > 
  •  > 
  •  > 
  • 早く結婚したい人必見!失敗しない4つの相手の見極め方やスピード婚のメリット・デメリットとその実態

早く結婚したい人必見!失敗しない4つの相手の見極め方やスピード婚のメリット・デメリットとその実態

世間一般の人たちが、結婚までにかける交際期間は平均してどのくらいなのでしょう。

極端に短い例もあれば10年ほどの長い期間をかけている例もありますが、平均すると約4年ほどと言われています。

これを長いとみるか短いとみるかは人それぞれだと思いますが、実際世の中には驚くほど短い期間で結婚を決めていくカップルたちもたくさんいます。

いわゆるスピード婚というものですね。これに関しては、交際期間半年未満、1年未満などいろいろなケースがありますが、特に決まった定義はありません。おおよそ1年未満までくらいを、スピード婚と呼ぶのではないでしょうか。

 「早く結婚したい!」と心から思っている女性はたくさんいます。この女性たちは、いわゆるスピード婚を狙っていかなくてはならないわけですが、果たしてスピード婚というのは狙ってできるものなのでしょうか。

今回は、そのスピード婚の狙い方と、スピード婚そのもののメリットや実態についてまとめていきたいと思います。是非参考になさってくださいね。

スピード婚を狙った婚活の仕方

スピード婚を狙った婚活のコツは、ずばり相手に自分の意思をはっきり初めから伝えることにつきます。

結婚相談所に登録したり、婚活サイトに登録したり、様々なツールを使って婚活に励む中であなた自身が「少しでも早く結婚したい!」と思っている気持ちがまず相手側に伝わっていない限り、スピード婚というのは非常に叶いにくくなります。

 

例えば、恋活アプリや婚活アプリに登録してそこで知り合った男性と実際に会ってみて話をするときに、このように伝えておくのです。

私、今〇〇歳なんですけど、〇〇歳になるまでには絶対結婚するって決めてるんです。もう1年くらいしかないからなんか焦ってるみたいでアレなんですけどね・・笑」

 

これを聞いた男性はどう思うでしょう。

「げ・・俺そこまで急いでないし、やめた方が良いかなこの女性は」

と思って去っていく男性もいるでしょう。もちろんそれは当然のことです。

男はただでさえ急がされるのが嫌ですからね。

でも、逆にこのあなたの発言を聞いてからも、あなたとデートを続ける男性というのは、あなたが早く結婚したいと思っていることを知ったうえであなたといるのです。

つまり、お付き合いに発展したらそこからすぐに結婚というゴールにたどり着く可能性がとっても高いのです。

初めから「早く結婚したい」という気持ちを伝えておくことで、可能性のない男性とは初めから仲良くなることすら必要なくなるのです。ずいぶん効率があがりますよね。

なので、スピード婚狙いの婚活の仕方というほど決まったやり方はないのですが、とにかく結婚を急いでいる意思を明確に伝えるということで、効率化を図ることが出来ることを知っておいてください。

 

スピード婚でも失敗しない4つの相手の見極め方

1.少しの期間でも同棲をしてみる

スピード婚とはいえ、多くの場合が6か月ほどは交際しているようです。ここでひとつ結婚後に「え!こんな人だとは思わなかった!ショック!!」という事態をさけるためにおススメしたいのが「同棲」です。別に何か月も同棲する必要はありません。1か月でも十分参考になりますから。

他人と一緒に暮らすというのは案外ストレスがたまります。例えば洗濯物の畳み方ひとつや、掃除の仕方、トイレの使い方など本当に些細なことがストレスにつながることもあるのです。

こればかりは、一緒に暮らしてみなければ分かりません。結婚してから「まさかこんなことが!」というような嫌なサプライズに見舞われないためにも、必ず一緒に生活してみてください。

2.海外旅行に一緒に行ってみる

私個人的には、とてもおすすめなのがこちらです。カップルで海外旅行に行ってみるという方法です。なぜ?と思った方も多いのではないでしょうか。一緒に海外旅行に行く目的としては、相手の男性がどれだけ頼りがいがあるかを見極めることができるということと、さらには24時間何日も続けて一緒にいることで自分自身がどう感じるかをテストすることができることです。                                     

海外というのは、もちろん勝手のわからないところです。慣れ親しんだ日本ではない海外ですから、買い物するにせよ、電車に乗るにせよ毎回毎回ちょっとした冒険なわけです。

ここで頼りになるかならないかというのは、大変重要なポイントとなります。例えばあなたの彼が海外旅行先で一切頼りにならず、MAPを見るのもお店を調べるのも全部あなたの役目だったらどうでしょう。これほど疲れることはありませんよね。

そしてこういう男性というのは、結婚後もこんな調子です。

何かわからないことがあると、「あれ調べてくれない?」「わかんないんだけど」のように、あなたに全てを押し付けてくるタイプですね。

逆に、海外旅行のようなシチュエーションで、頼りになる優しい男性というのは、結婚後の生活においても同じです。自分で道を切り開き、あなたを引っ張っていってくれる、そんな男性である可能性が極めて高いです。

3.お互いの家族構成を良く知っておく

これも大切なことです。結婚というのは本人同士だけの話ではありません。家族と家族が一つになるのですから、もちろん相手の家族のことを知っておく必要があります。

中でも、一番接することが多いと予想される彼のお母さまには要注意ですね。私の友人に交際6か月で入籍、結婚していた女性がいますが、彼女が言っていました。

結婚前にね、少なくとも彼のお母さんだけはしっかり見ておいた方がいいよ。一度会っただけとかでは到底分からないから。後になって大変なことになるよ!

この彼女は、結婚後近くに住む彼のお母さんが毎日のように新居に現れて、無駄に長居して帰っていくようになったらしく、大変ストレスを抱えています。結婚前に挨拶したときには「ただの感じのいい彼ママ」だったようなのですが、結婚してからは豹変。毎日のように現れては掃除洗濯などを勝手にやろうとする有様らしく、困り果てています。

 

実際にこんな恐ろしいことが起こっているのです。もしかするとこのケースは防ぎようがなかったのかもしれませんが、ある程度は回数を重ねて会っていれば、人柄ももっと深いレベルで知っていけるはずですから、少なくとも意味はあります。

姑のみならず、特に問題になりそうな家族はいないかどうかは、きちんと調べておくようにしましょう。

4.金銭感覚を把握しておこう

お金が全てではありませんよ。もちろん。

しかしですね、お金というのはかなり大切なものなのです。そしてこのお金に関する考え方、つまり価値観が合わない相手とは、結婚しても上手くいきません。絶対いきません。

それでは、どうすればこの金銭感覚というものを把握していくことが出来るのでしょうか。

今までに大きな買い物をしたことがあるか」という質問や、「ギャンブル歴の有無」の質問でいろんなことが見えてきます。

今までに何か大きなもの、例えば車やマンションなどいろいろとあるかもしれませんが、その話し方や、話の内容で相手の金銭感覚ははかれます。

  例えば彼が、300万円の新車を買った話をしたとします。それをどの様に支払ったのか、またその300万円というのが彼にとってどのくらいの大金なのか、によっても彼の金銭感覚をなんとなく垣間見ることが出来ますよね。

あとは、ギャンブル歴の有無ですが、これは仮に「もう全くしていない、過去にちょっとやっただけ」という例でも、人によってはその影響が良くない形で今でも残っているケースがあります。なので、絶対にしっかり細かな部分まで探っておきましょう。

 

お金の切れ目は縁の切れ目ともいいます。非常に大切なポイントなのです。

 

スピード婚のメリット

1.いつまでもラブラブな恋人気分が長く味わえる

なんといっても、これにつきます。私の友人にもスピード婚を経て、今2児のママになっている女性がいますが、彼女とその旦那さんはいつも仲良しな印象があります。スピード婚とはいえ、今現在は付き合ってから4年くらいが経ちます。それでも時々彼女のママに子供たちを預け、ふたりでデートに出かけたり、聞いているだけで羨ましくなるようなナイスカップルなのです。

スピード婚だけが原因ではないかもしれませんが、もしも2人が出会って5年の交際期間を経て結婚していたとしたら、少なくともこれほどラブラブな感じではなかったのではないかと推測します。

当たり前の話ですが、スピード婚の場合は交際期間を長く経ていないため、その恋愛気分を結婚後にも持ち越すことが出来るメリットがあります。

もちろん交際期間が長くてもそれができるカップルもいるはずですが、なかなか簡単ではありませんからね。

2.婚期を逃さない

婚期というのは難しいもので、ちょっとしたことで「結婚出来る大チャンス」を逃してしまうことというのは割と起こりがちです。

  私の例をあげてみると、私は20代のころに2回大きな「婚期」を逃しているのです。なぜかというと、1回目は「自分がイメージしていた結婚すべき年齢(28歳)を大きく下回っていたから(このとき私は24歳でした)」です。そして2回目は「本当にこの相手でいいのだろうか」と思い悩んでしまい結局踏み切れなかったパターンです。理由は交際期間が長くなりすぎて既にマンネリ化してしまったからでしょう。

 

スピード婚というのは、勢いのあるものですから、一番気持ちが高まっている時期に勢いで結婚してしまうことによって、私のように2度も婚期を逃すということを避けることが出来るのです。

要は、悩む暇もないということですね。

 

スピード婚のデメリット

1.結婚後に相手の嫌なところが見える

スピード婚自体にそれほど「デメリット」と呼べることはないのですが、強いて言うのであればこれでしょう。結婚前は分からなかったことが結婚後に明らかになってしまうパターンです。

程度の軽いものから重いものまであるのですが、例えばこれば「女遊び」がらみのものだったりするとかなり厳しいですよね。

交際期間は気づかなかったが、常に出会い系サイトに登録しこそこそ女の子とチャットしている、などこの類はまずいです。しかし、ここまでくるとお付き合いの段階で何かしら怪しい部分は感じ取れることが多いと思うため、しっかり見極めてさえいれば避けられる事態です。

そのほかの些細なギャップについては、ある程度我慢しながら歩み寄りながら上手く付き合っていくしかありません。

2.ケンカや、意見の食い違いが起こるとダメージが大きい

要は、これまでの交際期間が短いため、「あんなこと」や「こんなこと」を乗り越えてきた実績自体がないのです。あんなこともあったけど乗り越えてきた!という実績があると、ふたりの絆というのは強くなっていくものです。

しかし、スピード婚でゴールインしたカップルには、これがないため、ちょっとした意見の食い違いでケンカになるたび、ダメージは比較的大きくなりがちです。

 

これが交際期間の長いカップルだと、何度もそんなことは乗り越えてきているので、いちいち何も心配するほどのことではないのです。「ああ、またか」といった感じで、その時は嫌な気分になるかもしれませんし、泣いてしまうようなケンカになるかもしれませんが、その後何事もなかったかのように仲直りが出来るのです。

スピード婚でゴールインしたカップルは、この段階まで行きつくのに少し時間を要します。なので最初の数年は、苦労することも多いかもしれません。必ず乗り越えられることだとは思いますが。

まとめ

スピード婚を狙いたい女性には是非とも参考にしてもらいたい内容でした。スピード婚は離婚率が高いなどという説がありますが、これに関しては事実かどうか怪しい情報だと思います。スピード婚自体は、やはり勢いで「この人とずっと一緒にいたい!大好き!」という気持ちが一番大きい段階で結婚まで行きつくため、何といってもカップルのラブラブ度合いが高いのが特徴です。

  今はまだ、パートナーがいないけれど、早く結婚したいな!と思っている方は、是非このスピード婚を狙ってみて下さい。見極めるべきところさえ見極めておけば、リスクは特にありません。

あなたが夢に見た通りの結婚生活が、きっと現実になるでしょう。