予算別にみる結婚式・披露宴・ハネムーンのスタイルと組み合わせパターン

こんな結婚式がしたい!

小さいころから夢に見ていた結婚式。人それぞれに理想の結婚式のカタチがあるといっても過言ではありません。

結婚式というのは一生に一度の大イベントです。結婚式場選びから、結婚式の中身まで、ありとあらゆる選択肢の中から、「これだ!」というものを選んでいかなくてはなりません。

その作業は実に大変ではあるのですが、それと同時にとても楽しいものです。カップルが協力し合って、といってもほとんどの場合が男性よりも女性がこだわる傾向にはありますが、一緒に作り上げていくのが結婚式です。

私は、国内と海外の結婚式を取り扱うウエディングプランナーを長年経験してきました。たくさんの結婚式を見てきたその経験を活かし、今回は「予算」を意識した結婚式・披露宴のスタイルについてまとめていきたいと思います。

ほとんどの場合、限られた予算の中で結婚式・披露宴を行うというカップルがほとんどです。やりたいことがたくさんあるのに、予算が限られているからできない!と悲観する必要はありません。

予算に合わせた結婚式・披露宴の作り方さえ知っていれば、限られた予算でも素敵な結婚式はいくらでもできます。是非参考にされてくださいね!

 

結婚式・披露宴・ハネムーンの3点について考えてみよう

皆さんは、結婚式そして披露宴さらにはハネムーンの3つの中で、どこに一番こだわりたいですか?ハネムーンにはどこに行きたいか、もう決めていますか?

結婚式披露宴だけでもたくさんの費用がかかる上に、ハネムーンで海外旅行に行くとなるとかなりの費用が掛かってしまいますよね。ここからはハネムーンをするパターンとそうでないパターンなど、どういう選択肢があるのかをまずお伝えしたいと思います。

①   結婚式+披露宴

多くの方が、このふたつは外せないと考えるのではないでしょうか。結婚式とそのあとの披露宴は多くの場合同じ会場で行われます。挙式をするチャペルとその後で披露宴を行うパーティー会場が同じ建物の中にある専門式場やホテル内式場で行うケースが多いでしょう。

このケースは、ハネムーンは無しのケースです。結婚式と披露宴で十分、ハネムーンはとりあえず考えていないというパターンですね。ここで紹介する3つのパターンの中で一番費用は抑えられます。

結婚式自体にかかる費用はおおよそ100万円と考えてよいでしょう。この100万円の中に下記のものが含まれています。

・チャペル使用料       

・牧師先生への謝礼

・ウエディングドレス・タキシードレンタル

・ブーケ・ブートニア

・写真撮影・アルバム

ちなみに、最後の項目アルバムですが、どこの式場でもアルバムは10万円程度のものから50万円程度のものまでかなり沢山の種類があります。ここでは20万円ほどのアルバムをチョイスしたとして計算に入れていますので、もし「アルバムはとびきり良いものを選びたいんだ!」というのであれば、もう少し追加料金がかかると思っておいてよいでしょう。

あとは披露宴でどのくらいの費用をかけるかによって総額がかわってきます。

披露宴にかかる費用に関しては後ほど詳しくお伝えしますね。

※結婚式+披露宴→100万円+披露宴費用

②  結婚式+披露宴+ハネムーン

結婚式と披露宴が終わってからハネムーンまで計画しているカップルは多いはずです。ハネムーンと言っても行先は様々ですよね。一番の王道はハワイでしょうか。ヨーロッパも人気があります。①の結婚式+披露宴のスタイルと違いこれにさらにハネムーンが加わるため、当然ながら費用はぐんと上がってしまいます。

ちなみに、世の中の新婚カップルがハネムーンにかける旅行費用の平均がおおよそ60万円から100万円といわれており、かなりの金額を皆さんハネムーンにかけているようですね。

ですので、計算としては①に加えて約80万ほど(60万から100万の間をとってみました)プラスで考えておいた方が良いでしょう。

※結婚式+披露宴+ハネムーン→100万円+80万円+披露宴費用

③ 結婚式とハネムーンを海外で→帰国後にパーティー

3つ目の選択肢として紹介するのが、日本国内でよく行われているような披露宴をせず、挙式とハネムーンを同時に海外で行い、帰国した後にパーティーを行う方法です。この方法が意外に安上がりになるのでしっかりそのからくりをご説明したいと思います。

まず、結婚式もしたいけどハネムーンも絶対外せない!というケースであれば絶対に検討するべきなのがこちらです。なぜなら結婚式とハネムーンを合わせて計画することによって大幅にコストを抑えることが出来るからです。

このあとで、披露宴の予算の話は詳しくしますが、披露宴が一番費用が掛かる部分なのです。その披露宴部分を無しにして、挙式とハネムーンを海外で行い、帰国後にお披露目会としてパーティーをする形をとれば披露宴と比べて大幅にコストを抑えられるわけです。

ここでいう帰国後パーティーというのは、1.5次会のようなスタイルのものです。ウエディングドレスとタキシードはきちんと着用して結婚披露宴と同じような雰囲気でありながら、招待ゲストは友人中心なのでややカジュアルな雰囲気。更には会費制でおひとりあたり5,000円ほどゲストに払ってもらうためほんの少しのコストで行うことが可能です。

ウエディングドレスやタキシードは、海外挙式時に着用したものと同じものをもう一度レンタルするとかなり値引きをしてくれるドレスショップも多いですので、一度問い合わせてみるといいでしょう。

もしくは衣装を購入した場合には、もう衣装代としてさらに帰国後パーティーにお金をかける必要は全くありません。

とにかく、全てやりたいけど費用をおさえたいという方には是非この方法を自信をもっておすすめします。

※結婚式+ハネムーン+帰国後パーティー→100万円+80万円+帰国後パーティー費用約10万円

 

披露宴は人数次第!

さきほどから、披露宴にかかる費用の部分を具体的に出していないため、「結局いくらかかるの!」と皆さん疑問に思っていらっしゃることでしょう。

ここからは、披露宴にかかる費用を細かく条件別にみていきたいと思います。とはいえ、もちろん結婚式場のランクによっても金額は変わります。ここで挙げる例は、あくまでも平均的な予算です。結婚式場のランクとしてはおおよそ、ゼクシィなどのメディアに常に人気会場として取り上げられているレベルの式場の予算で計算しています。

①   親族のみの少人数披露宴(お食事会)

 

このスタイルがぴったりなのは・・・大掛かりな披露宴はしたくないけどやはりきちんと親族を集めてお食事会は行いたいカップル。

まずはこちらのスタイルです。親族のみの少人数披露宴のスタイル。これはおおよそ20名まで位の人数で行うことが多いでしょう。落ち着いたアットホームな雰囲気の中、家族同士がしっかりコミュニケーションがとれることがメリットです。

親御様や親戚のゲストに向けて、お食事でおもてなしをする目的のものになるため、ここではお料理の質にこだわるカップルが多いですね。実際結婚披露宴のフルコースはドリンク含め15000円から35000円ほどの範囲内でチョイスすることが多いのですが、このような少人数パーティーの際には、中でもハイクラスのコースを選択するカップルがほとんどでしょう。25000円あたりが平均的でしょう。

派手な演出がないため、かかってくる費用はいたってシンプルです。

・会場費→約10万

・お食事ドリンク代→人数×25000円=50万円(人数20名の場合)

・引き出物・引菓子代→7万5千円

・会場装花→10万円

合計→77万5千円

見込みご祝儀→50万円ほど(親族20名規模のパーティーの場合、金額は増えるが家族ごとのご祝儀になるためご祝儀を払う人が少なくなるため、50万で一旦概算しています)

実質負担→27万5千円ほど

 

少人数のお食事会というと、すごく手軽なように聞こえますが、実際にかかる費用としては割と割高になります。これは、こういったスタイルであれば食事にはこだわる必要があることと、ご祝儀を払う人数がすくないことが影響しています。

②   近いゲストのみ招待して小規模な披露宴

このスタイルがぴったりなのは・・・あまり派手な披露宴はしたくないものの、仲の良い友達や親族にはきちんと自分たちの晴れ姿を見せておきたいカップル。

次にこちらの小規模な披露宴をご紹介します。小規模と言ってもおおよそ30名~40名ほどのもので、仲の良い友人たちを招いての披露宴になります。

親族のみのお食事会スタイルとは違い、このスタイルは披露宴のスタイルであるため、司会者や音響設備なども関わってきます。中にはキャンドルサービスやバルーンリリースなど、費用の掛かる演出を少し取り入れるカップルも多いでしょう。ただ、先ほどの親族のみのお食事会よりも、ご祝儀の金額は多く見込めます。

それでは料金を見ていきましょう。

・会場費→約20万円

・お食事ドリンク代→人数×22000円=66万円(人数30名の場合)

・引き出物・引菓子→10万円

・演出代概算→5万円

・会場装花→15万円

合計→116万円

見込みご祝儀→70万円

実質負担額→46万円ほど                             

 

この小規模な披露宴というのが、意外にも50万近くも手出しの金額がかかるのです。長年プランナーをやってきた私ですが、30名ほどの結婚式と披露宴というのは、常に130万くらいの総額になってしまうのです(結婚式と披露宴の総額)。何かにつけて割高になるからでしょうね。

③   ゲスト100名以上の大規模な披露宴

このスタイルがぴったりなのは・・・せっかくなら派手にやりたい!たくさんの友人や親戚、会社の仲間にも来てもらい、一生に一度の晴れ姿を見てもらいたいというカップル。

実のところ、私のいる福岡地区では割と多いのがこの100名規模の披露宴です。100名ってすごいな・・と思うかもしれませんが、意外にも親戚が多かったり会社関係が多かったりするとすぐに100名規模の披露宴になるものなのです。

さらに、これは地域性も大きく関係しているようで、都会(東京や大阪)の結婚式では50名ほどの披露宴が一番主流とのことですね。まだまだ福岡は田舎なのかもしれません。

余談ですが、沖縄の結婚式は300名規模で行うらしく、もはや新郎新婦の知らない「お父さんの友達の友達」なんかも参加してしまうようです。逆に面白いかもしれませんね。

さて、それではこの100名規模の披露宴だと何にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。見ていきましょう。

・会場費→約50万円

・お食事ドリンク代→人数×22000円=220万円(人数100名の場合)

・引き出物・引菓子→33万円

・演出代概算→10万円

・会場装花→40万円

合計→353万円

見込みご祝儀→300万円

実質負担額→53万円ほど

 

いかがですか?披露宴の総額をみて、353万!!!!と驚いてしまう人もいるかもしれませんが、何よりも肝心なのは実質負担額です。

どれだけ高くても、いくら実際に支払うのかが大切なポイントですよね。そういう風に見てみると、先ほどの②のケースとほとんど変わらないことが分かります。

お客様とお話をしているときに、「たくさん呼びたいんですけど、あんまり大人数で大規模にやっちゃうとやっぱり金額高いですよね」というような質問をされることが結構あります。

その時に私はこの一連の費用の説明をして、「大規模にやったらその分高くなる」わけではないことをきちんとお客様に伝えます。

実際大規模な披露宴というのはやはり印象にも残りやすく、友達もたくさん来てくれるからこそ余興などの演出もたくさん加わり披露宴自体とても面白みのあるパーティーにしていくことが出来ます。

好みはいろいろあると思いますが、私はやはり100名規模のパーティーは面白いなと思います。

 

まとめ

ウエディングプランナーをしていると、いろんな結婚式や披露宴を見る機会があります。少人数のパーティーや、大人数のパーティー、アットホームなパーティーや、かしこまった雰囲気のパーティ。

どのパーティーも素敵です。ただ、ほとんどの新郎新婦カップルが、「予算をおさえたい!」と思っているのは確かです。結婚式の内容をあれこれ削って予算を調整する方法はあまりお勧めできません。

  予算を削りたい場合は、とにかく初めからどのようなスタイルの結婚式を選ぶべきなのかを慎重に考えてください。きっとあとからどんどん調整していくよりも、予算を削りやすくなりますよ。

とは言っても、予算を削ることが目的ではなく、予算は抑えつつ自分たちらしい結婚式をすることが最大の目的ですので、そこをお忘れなく!