•  
  •   
  •   
  • 果たして本当に結婚式はそんなにお金がかかるのか?お金をかけないシンプルな結婚式

さあ結婚式を挙げよう!そう思ったときに、気になるのが「予算」です。中には「いくらかかってもいいの!素敵な結婚式さえできれば♪」という方もいるかもしれませんが、なかなか予算を全く気にしないで結婚式の準備にかかるというのは簡単なことではありません。

私は長くウエディングプランナーとして、たくさんの結婚式をお手伝いさせていただきましたが、やはり予算面でお客様から相談を受けることはとっても多かったですね。

 今回は、「結婚式を挙げたいけれどそこまで予算をかけたくない・・・」そんな皆さまに向けて、結婚式が本当にそんなにたくさんの費用が掛かるものなのか、という点についてご説明させていただきたいと思います。

「お金をあまりかけずに結婚式がしたいけど、それって可能なの?」そう思う皆さまには是非参考にしていただければと思います!

結婚式にお金がかかるのはなぜ?何にお金がかかっているの?

結婚式って何かとお金がかかるものです。皆そう思っていますよね。結婚式は高い。

もうこのイメージはずいぶん昔から人々の頭にあります。結婚式に数百万円もかけることはいたって当たり前のことであり、私もプランナーになる前は、皆さぞかし貯金してるんだろうな、なんて思っていました。

 

実際は違いましたね。カップルのほとんどが結婚式にかかる費用の半分の貯金もない状態で結婚式を申し込んでいくのです。予算は皆さんタイト!その限られた予算の中でいい結婚式をしようと、たくさんの会場を見学に行くのです。

実際に何に費用が掛かっているのか、考えたことはありますか?数百万円かかるとして、一体何にそれほどの費用が掛かるのでしょう。

答えは「食事」です。

実際日本における披露宴の平均参列者数は70名ほどです。地域によってはもっともっと多いです。

その皆様分のお食事を準備する、これだけで費用は100万円を簡単に超えます。食事とドリンクの価格としては15,000円から25,000円が平均とされており、もうこれだけで150万円くらいはかかるわけですから、びっくりですよね。

 

安い結婚式場はなぜそんなに料金を下げることが出来るの?

そんな中で、費用が比較的お安めの結婚式場はどのエリアにもあります。結婚式場の情報をインターネットなので探していると、必ず目にする「格安プラン!」ですが、これらは一体なぜ格安にできるのでしょう。

・式場自体がまずとても安っぽい

・料理がかなり質素

・ドレスも安っぽい

すみません、かなり率直な意見を書いてしまいましたが、私が実際に見た格安の式場はどこもかしこもこういう印象がとても強く、列席ゲストの方も「なんか料理いまいちだったね」と話していたのを耳にしたことさえあります。つまり、格安プランを出す式場というのはそれなりの質の式場であることが多いのです。

 

もしくはもう一つのパターンで、「格安プランに見えるが、結局あれこれオプションで追加代金がかかり、大して安くない」ということも多いです。

つまりは、格安プランでいい結婚式をしようと思っても、そうは問屋が卸しません!ということなのです。

 

そもそも結婚式はいくらから出来るもの?

結婚式って大体いくらかかるの?といったものすごくざっくりした質問を受けることがあります。これに関しては私は決まってこう答えます。

 

「そもそもいくらかかるかというのは、参列者の人数によってかなり変わってくるので具体的に数字を言うことは出来ません。まず何名ほどの規模での結婚式を考えているのかが分かればおおよそその人数に4万円をかけた金額がひとつの目安になります」

つまりは、100名の結婚式を考えているのであれば、総額はおおよそ400万円ほどになる、ということです。400万と聞いて「無理!!」と思う人も多いと思いますが、この金額に関してはここからさらに掘り下げていかなくてはなりませんので、一旦ここでは置いておきましょう。

 

つまり、結婚式というのは参列人数で金額が決まります。結婚式を検討する場合、式場見学に行く段階でおおよその人数の目安は分かっておくと話がスムーズに進みますよ。

 

結婚式が高いと思うのは案外気のせい?

結婚式が高いか安いかなんてことは、実際答えに困りますが、私は「やり方次第だ」と思っています。

全ての結婚式がべらぼうに高いわけではありません。

 

国内でゲストを招待して盛大に披露宴を行うのと、海外で挙式だけをするのとでは全くお金のかかり方も違います。お金をかけずに結婚式をするということも、やり方によっては可能なのです。つまりは、おふたりがどのような結婚式を挙げたいと思っているか、それにかかっています。

 

つまりは人それぞれ!カップルの数だけ結婚式のカタチがある!

結婚式というと、ひとによっては「写真には絶対こだわりたい!」と思う人もいますし、はたまた「ドレスは絶対3着着たいの!」という花嫁さんもいるでしょう。

 

結婚式の打ち合わせをするときに、私はまず必ず「これだけは譲れない、絶対にやりたいことって何かありますか?」とおふたりに尋ねるのですが、多くの方が何かしらの回答をします。写真やムービーをしっかり良いものを残そうとすると、それだけで数十万円の費用がかかりますし、ドレスの着数を増やすだけでも数十万違ってきます。

中には、「もう本当にシンプルでいいんです」というような欲のないカップル様もいます。そういう方は本当にあまりこれと言ってこだわるポイントがなく、費用もあまり上がらずに結婚式が完成するケースが多いです。

 

つまり、結婚式というのはやり方次第でいろんな形になるということです。ですので、本当に予算をおさえようと思えば、それはそれで可能ということです。

 

結婚式にお金をかける意味

結婚式にお金をかけることに対して、「意味がある」と思うカップルもいれば「意味がない」と思うカップルもいます。

私はどちらが正しいとも思わないのですが、結婚式という全体を見るのではなく、具体的なポイントを絞って物事を考えるべきだと思うのです。

例えば、普段からとても写真が好きな方からすると、やっぱり結婚式という一大イベントにおいては「ここで最高の写真をたくさん残さないでどうする!」という気持ちになるでしょう。そういった「是が非でもこだわりたい部分」に対して、費用をおさえようとするのはあまりおすすめしません。

結局私が経験から言えるのは、「良いものはお値段も高い」ということです。高くても良くないものも中にはあるかもしれませんが、安くて品質がすこぶるいいものなんて、結婚式の業界には存在しないのです。

ということを考えると、、、

  やっぱり自分自身がこれこそは!とこだわる点は予算がかかってもこだわるべきだと私は思います。一生に一度の結婚式ですからね。後悔のないようにした方が絶対良いです!

 

お金をかけず、シンプルに結婚式!そんなことは出来るの?

結婚式を挙げたい!けれど、それほど盛大にやらなくていいと思っているカップル様は案外たくさんいます。そういう方であれば、あまりお金をかけずに結婚式をするということも可能です。

例えば、写真にこだわらない方であればもともとプラン内に含まれている、基本のアルバム(最低枚数のものですから、かなりカット数も少ないです)からアップグレードすることもありません。ドレスに関しても同じです。もしそれほどウエディングドレスにこだわりのない花嫁さんであれば、もともとプランに含まれているドレスから選択すれば追加料金もかかりません。

 

結婚式にお金がかかるのは、「やっぱりもっと良いものがいいな」とどんどんすべてのアイテムをアップグレードしていくからなのです。それによって数万円単位で少しずつ金額がUPしていき、最終的には驚くほど高額なものになってしまっているのです。

 

こだわる部分が少ないカップル様であれば、シンプルに安価に結婚式を行うことは十分に可能です。

 

結婚式場はどこで申し込んでも価格はそう変わらない

結婚式場を選ぶときに、お客様はほとんど皆さんお見積もりを比較します。当たり前だと言えば当たり前なのですが、やはりお見積もりを比較して、結局少しでもお安い式場を選ぼうとする方が多いのです。

  ウエディングプランナーを経験した私から、皆さんにお伝えしたいことがあります。私はこれまで、いわゆる「人気の式場」と呼ばれるような比較的クオリティのお高めの結婚式場で数社プランナーを経験しましたが、その経験から言うと、「費用に関しては、どこで申し込んでも大して変わりはない」ということです。

 

つまり、お見積もりを比べるとそこで数万円程度の差があるかもしれません、もしくはそれ以上の差があることも多いでしょう。ただ、その内容をしっかり一つ一つ確認していくと、結局全てを同条件にして見比べてみた時に、「大して変わらない」金額になることに気づくはずなのです。

この、費用を比較するというプロセスは、非常に疲れます。結婚式は本来ウキウキワクワクしながら準備していくべきものなのですが、こういう費用のことばかりを考えることにより、どんどん新郎新婦様の表情が険しくなっていくのです・・・お金のこととなるとやはり真剣になりますからね。

 

ただ、ご理解いただきたいのは、同等レベルの式場であれば、もうそこからはほんの些細な価格差しか生まれません。なので、やっぱりそこはおふたりが気に入った式場にスパっと決めてしまうことをおススメします。

 

ご祝儀を計算に入れよう!総額よりも自己負担額に着目!

そして、結婚式となると、やはり費用がかなり大きくかかってくるものなので、ついついその総額を目の当たりにして「やばいなー・・」とテンションが下がってしまう瞬間があると思います。

ただ、皆さんにここで知っておいていただきたいことは、「ご祝儀が入ることを計算に入れるべき」ということです。披露宴を行う場合には、かならずご祝儀が入ってきます。一人当たりおおよそ3万円のご祝儀を計算に入れることで、ぱっと見恐ろしいほど高額なお見積もりも、「実際に自分たちが負担する自己負担額」のみにフォーカスすると、それほどの金額ではないことが多いです。

金額の見た目にとらわれるのではなく、常にご祝儀の金額を差し引きして考えるようにしましょう。また、ここでひとつ、少し話はそれてしまいますが、「ご祝儀で、最終プラスにもっていこう!」と思っている方がいるとしたら、それはあきらめた方が良いです。

なぜかというと、ご祝儀によって黒字になるような結婚式場は、いわゆる「激安結婚式場」というレベルの式場になります。結婚式のクオリティにこだわろうと思えば、多少の自己負担は避けられません。

 

新婚旅行にだってお金はかかるもの!どちらを優先するかを決めよう!

結婚にあたって、大きくお金がかかることのひとつが結婚式ですが、もうひとつがハネムーンです。やはり傾向として、ハネムーンで海外に行くカップルが多いようですね。行先も様々ですが、ハワイやヨーロッパ、最近ではモルジブやメキシコなんていうちょっぴりマニアックな行先も人気です!

これらのハネムーンをとても大切に考えているカップル様にとって、結婚式にあまり費用をかけずにハネムーンを充実させたいと考えることはいたって自然のことだと思います。

 

もしも結婚式を挙げたいけれど、ハネムーンを考えると予算的に厳しい・・・と思うようであれば、そういう方にこそ、海外挙式はメリットがたくさんあります。意外にもハネムーンに挙式を追加する考え方で計画すれば、結婚式とハネムーン両方を実現でき、かつ予算もそれほど上がらない、といういいこと尽くめですから是非ご検討ください。

 

国内挙式にこだわればこだわるほど、やはり予算は上がってしまいます。

限られた予算内でハネムーンと挙式を叶えたい場合には、やはりどちらに重きを置くかを決めた方が良いでしょう。どちらも中途半端になってしまうことは避けたいですもんね。

 

まとめ

結婚式とお金の話は切っても切れないものです。結論から言うと、お金をあまりかけずに結婚式をすることは可能です。大切なのは、はっきりと明確に結婚式についてのビジョンを描くことです。その上で、必要なものだけを選択していく、無駄のない結婚式にしていきましょう。

 

  皆さんの結婚式が、それぞれ皆さんの思い描いた素敵な結婚式になりますよう、応援しています!

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介