国内・海外や規模毎の挙式費用と賢く節約して後悔のない結婚式を挙げる方法

結婚式を挙げよう!

そう思った時に一番気になることは何でしょうか?

  • 気に入った会場がどうすれば見つかるだろうか
  • どんな結婚式にすれば皆が喜んでくれるだろうか
  • 誰を招待しようかな

きっといろいろあるかと思います。でも多くの人が一番気にすることというとやはり、

料金はいくらかかるんだろうか。いくらくらいで結婚式は出来るのだろうか」

ということではないでしょうか。

それと同時に、多くのカップルが「出来る限り費用をおさえて結婚式が出来たらいいな」と思っているでしょう。

今回は、結婚式の費用についてのお話です。

そして、その費用をどうすれば抑えることが出来るのか。ウエディング業界に長く勤める私の知恵をふりしぼって、皆さまにとって役に立つ情報をお伝えできればと思います!

結婚式「国内挙式」と「海外挙式」費用面ってどうなの?

まず、結婚式と一言で言っても、様々なスタイルがあります。まず、「海外挙式」「国内挙式」の2つです。

ここ最近では特に、海外でのリゾートウエディングというスタイルは大変人気があります。国内挙式とちがい、家族のみ、もしくはかなり近い友人のみを招待し、ハネムーンを兼ねて挙式をするスタイルです。

一般的な国内挙式と比べると、海外リゾート挙式というのは費用が抑えられることも多いのです。

これを読んでいる多くの人たちが、「いやいや、海外だったら絶対もっとお金がかかるでしょう」と思っていることと思います。

しかし、実際のところそうでもないのです。

もしも「国内挙式」+「海外ハネムーン」をセットで検討しているカップルが、費用面でどうにかいい方法がないだろうか、と思っているのであれば、一度「海外挙式+ハネムーン」という選択肢も検討してみるべきです。

なぜかというと、どちらにせよ海外にハネムーンに行くということが決まっている場合、国内挙式にプラスしてさらに海外ハネムーンを組み合わせることによって、一番費用がかさむ結果になってしまうからです。

しかし海外挙式の場合は、あまり多くのゲストを招待することは出来ません。

いくらなんでも「結婚式をするからちょっとハワイまで来てください」なんて、なかなか言えることではありませんからね。これが海外挙式の唯一のデメリットと言えます。

 

海外挙式にあこがれつつも、「でもやっぱり家族だけじゃなくて友達も呼んでパーティしたいな」ともし思うのであれば、それを解決する方法があります。

それは、「海外挙式+ハネムーン+国内パーティ」という組み合わせです。

つまり、海外挙式をしたカップルが、日本に帰国してきてから改めてパーティーをする方法のことです。この「国内での帰国後パーティ」は結婚披露宴よりもうんとカジュアルなものです。ウエディングドレスを着る場合と、着ない場合両方どちらでもいいのですが、どちらにせよ披露宴に比べたら、この帰国後バーティーの方がよほど費用が少なくて済むのです。

海外も捨てがたいが、やはり友達にも祝ってもらいたいな・・・しかもあんまりお金をかけたくないなと思うのであればこの方法が一番おすすめです。

 

大人数の大規模な結婚式と少人数の小規模な結婚式での費用の違いについて理解しましょう

ここでは結婚式を「一般的な国内挙式」の形でおこなう場合について考えてみましょう。

結婚式を行う場合、いかなるパターンであっても多くの場合は「披露宴」も併せて計画していくのが通常の流れですよね。この披露宴ですが、トータルの金額を大きく左右してくるのは結婚式、披露宴の参加人数であるということをご存知でしたか?

要するに、大人数での結婚式なのか少人数での結婚式なのか、それによって総額は大きく変わります。もちろん大人数であればあるほど、用意しなければならない食事のコースも増えれば、引き出物も増えますからね。

しかし注意しなければならないことがあります。ここで気を付けるべきことは、「トータルの金額で判断しないようにする」ことです。

例えばの話ですが、80人のゲストを招待しての結婚式にかかる総額費用が300万円だったとします。

また、親族だけのお食事中心の会食会スタイルで、ゲストたったの10名のウエディングの総額費用が70万円だったとします。

どちらがお得だと思いますか?

300万円と70万円、実際にこの金額だけで比べてしまうと、70万円の結婚式は非常に安く見えますよね。ものすごい金額差ですから。

しかし、実際のところはどうでしょう。80人のゲストを招待しての結婚式であれば、見込めるものがあります。もうお分かりですよね。「ご祝儀」です

金額にして考えると、それはそれはかなり大きな額になります。一人当たり仮に3万円として計算しても、おおよそ240万円ほどの金額が見込めるのです。もちろんゲストの中には10万円包んでくれる親族もいるかもしれませんし、逆にご夫婦での列席者が多い場合は夫婦で5万というケースもありえますが・・・。

とはいえ、列席人数×3万円平均でざっと見積もっておけば、大きくずれることはないと言われています。

そうすると、実際に新郎新婦カップルが負担しなければならない金額は、この80名での300万円披露宴の場合に当てはめて考えると、ざっと60万円くらいになります。こう考えるとかなり気持ち的にラクになりませんか?

それに比べて後者はどうでしょう。10名の少人数での結婚式で70万円。この場合は先ほどの例と違って、ゲストが親族のみなのでご祝儀の予測が難しいのですが、ざっと30万円と計算してもお2人の負担額は40万円となります。

そうなってくると、どうでしょう。思いのほか、あまり大差がないと思いませんか?

この点を覚えておくと役に立ちますよ。多くの人たちが、何百万という総額にただただびっくりして、「高い!」と決めつけてしまっていますが、案外そういうわけでもないのです。

 

一生に一度の大切な結婚式!節約しつつも後悔のないようにアイテムを選びましょう

さて、迷いに迷った会場選びも終わり、お二人の運命の会場が決まりました。ここからさきは、ウエディングプランナーとの打ち合わせによって、あれこれとオプションを選んでいくわけなのですが・・・

やはりこだわりたい気持ちはあるものの、なんでもかんでも言われるがままオプションを追加していくと、最終的に金額が恐ろしく上がってしまうということがあります。ここはしっかり選びに選びお二人の結婚式に必要なものだけ付け加えていきたいところですよね。

結婚式場のウエディングプランナーとの打ち合わせは、通常結婚式前の3か月前~4か月前から始まります。決めることはたくさんありますが、主な大きなポイントとして下記のものがあげられます。

  • ウエディングドレス・タキシード
  • ペーパーアイテム(招待状・席次表・席札など)
  • お料理のコース
  • お花(ブーケや会場の装飾用お花)
  • アルバム
  • ムービー
  • 引き出物引菓子

これらが主なアイテムとなります。

せっかくの結婚式なのですから、良い結婚式にしたい!!

皆その思いは同じです。しかし、出来るだけ費用を押さえたい気持ちもあります。当たり前ですよね、皆考えることは同じなのです。出来るだけ無駄を削って、こだわるべきところにだけお金をかけたいと思うのが人の心理というものです。

それでは、どこをどう削ればいいのでしょうか。

これに関しては、必ずこれといった決まった答えはありません。

つまり、これらの様々な結婚式アイテムの中で、節約するべきポイントというのは特にないのです。

なぜなら、まず衣装

衣装はもちろんこだわりたいものです。仮に予算が合わないからと言って好みに合わないもので妥協するというのはあまり聞いたことがありません。

次にお食事です。

お食事というのはやはりおもてなしです。来てくれるゲストに向けてのお二人からのおもてなしなのです。もしもここで予算を気にして、ランクの低いお料理を提供すると、招待ゲストに十分なおもてなしが出来なくなる可能性があります。そこまでシビアに結婚披露宴を見ている人も少ないとは思いますが、それでもやはり満足度は下がりますよね。

会場の装花にしても同じ事が言えます。パッと会場に足を踏み入れた時に、「わぁ!素敵!」と思えるかどうかでゲストの印象は変わってきます。

 

さらに、ムービーやアルバム

ご存知の人も多いかもしれませんが、ここが一番料金的に苦しいところです。婚活サイト恋活アプリの費用なんかが霞んで見えるくらいに髙いです。

なぜなら、商品すべてが料金的に高いからです。(下手すれば10万円単位で上がっていくので、結果的にかなり総額を左右してきます)

ただ、この部分を妥協してしまうと、せっかく選びに選び抜いた素敵な会場での結婚式の様子を収めた、思い出の写真やムービーが十分に残せません。

よく、カメラマンやビデオマンを持ち込みたいという人がいますが、これはまず多くの会場でNGですし、仮にOKでもかなりの持ち込み料を支払わなければならないことが多いのでおすすめしません。

 

ですので結論、「肝心なところをケチってはいけません」ということです。

 

ではどうすれば費用を抑えられるのでしょう

やっとここまできました。お待たせしました。

結婚式の費用、結局抑えることはできないの??」そう思わせてしまいましたよね。すみません。

でも違います。もちろん費用を抑える方法はあります。

 

その方法は、ずばり「会場契約時の担当者との交渉」です。

これにつきます。これに勝るものはありません。

ウエディングプランナー目線で少し裏話をしますが、会場選びの段階では、よく複数の会場の見積もりを見比べて金額を比較しますよね。どっちの会場が料金が安いのだろうか・・・。そのように比較し検討するのが「値引き交渉にもってこい」の段階なのです。

しかし、まずこれだけははっきり言います。よほど「格安」で売っている会場でない限り、つまり「ある程度」のレベル以上の結婚式場においては、ほぼどの会場も料金にたいした違いはありません。微々たるものです。

 

そこで、あなた方が気に入った会場「ここで結婚式がしたい!」と決めた運命の会場を、どのようにして1万円でも安く値引き交渉が出来るかが最も重要になってくるのです。すべてはこの段階で決まるのです。

有効な3つの手段

  • 比較検討している、同レベルの他社会場の見積もりを持っていく(それも可能であれば限界まで割引してもらった見積もりが望ましいですね)
  • ブライダルフェアの特典を最大限適応してもらう(フェア限定〇〇万円OFFなど)
  • なるべく直近で会場をきめる(挙式日からあまり遠くない日程という意味です)

比較検討している見積もりを持っていくことにより、交渉がしやすくなります。

ブライダル業界は競争が厳しい業界です。他社よりも少しでも安くすることで、1件の成約が得られるのであれば、必ずと言ってよいほど喜んで値引きをしてくれるでしょう。

あとは、「当日成約特典」などのあるブライダルフェアの日を狙うことにより通常の値引きよりさらにお得に申し込むことが可能になります。

最後に挙げた、「直近で会場を決める」ですが、これにはリスクが伴うのであまりおすすめできませんが、結婚式場側もなるべくなら毎日結婚式の予約でいっぱいにしたいという願望があります。当然ですよね。

ですので、直近(とはいえ、半年を切ったころが狙い目でしょう。

それよりもぎりぎりになると会場が予約で埋まってしまう可能性があり、本当に予約が出来なくなるリスクがあります)の予約は大幅値引きが可能になるのです。数十万円の値引きも夢ではありません。

 

まとめ

結婚式の費用をなるべくなら抑えたい、この思いは皆同じです。

お申し込み時が最大の値引きチャンス」であることを覚えておいてください。

この時が唯一、価格の交渉が出来るタイミングなのです。その後、打ち合わせが始まってしまった後は、もういくら頑張ったところで、価格の交渉はほぼ不可能です。

一番最初の段階で少しでも値引きをしてもらうことにより、その得した分のお金で、お二人が本当にこだわりたいものにもっとお金をかけることが可能になるのです。

会場選びは、時間も体力も費やす大変なイベントです!ですが、このときに妥協してしまわないようにしましょう。

しっかりと納得するまで価格の交渉をした上で会場を決めることをおすすめします。