皆さんは、どんな結婚式を理想としていますか?せっかくの結婚式、やっぱり悔いの残らないようにしたい!素敵な結婚式にしたい!と思いますよね。

私はこれまで長年ウエディングプランナーとして、たくさんの結婚式をお手伝いさせていただいたのですが、やはり皆さんおっしゃることは一緒です。「おすすめの演出ってありますか?」言われる時ほどウエディングプランナーの腕の魅せどころなのですが、やっぱりあらかじめカップル様にはある程度「希望される結婚式のイメージ」や「やってみたいこと」を考えてきていただくと、とっても提案がしやすくなります。

 というわけで、今回は、結婚式と披露宴においておすすめの演出についてまとめていきたいと思います。

これから結婚式を作り上げていくカップル様のお役に立てれば光栄です!

 

結婚式中の演出について

さて、まずは結婚式です。披露宴と比べて挙式の部分はあまり自由度がなく、演出など入れられないと思っている方も多いようですが、そうでもありません。ここでは挙式をもっともっと素敵にしたい!そんな方に検討していただきたい3つのポイントについてお伝えします。

 

その①まず結婚式のスタイルから考えてみる

挙式には、キリスト教式、人前式、神前式という3つのスタイルがあるのをご存知ですか?チャペルで挙式というと、必然的に牧師先生にすすめてもらう形式のキリスト教式しかないと思っていらっしゃる方もおおいです。実際のところ、オリジナリティを出そうと思えばキリスト教式よりも人前式の方がおふたりらしさを出せますので、まずはこの挙式のスタイルという点から考えて見られてもいいのではないでしょうか。

 

さらには、神前式というスタイルも可能な式場があります。ホテルの中の結婚式場にはほとんど神殿と呼ばれる、神前式を行うスペースが設けられていることも多いのですが、実はあまり知られていなかったします。

神前式というと、ちょっと地味なイメージを持っている方も多いみたいなのですが、白無垢と紋付で親族のみで行うようなスタイルの神前式も、キリスト教式とは全く違う雰囲気が味わえて素敵ですよ。

 

その②結婚式でもう一度プロポーズ演出「ダズンローズ」

チャペルで行う挙式のスタイルは、キリスト教式と人前式の2種類です。大きな違いとしては、牧師先生にしきってもらう形なのか、司式者と呼ばれる要は司会者のような人に進行してもらう形なのか、というところなのですが、人前式を選択される方には、せっかくなので是非オリジナリティのある演出を入れてもらいたいですね。

 

その中でも、何度見ても素敵だなと思うのが、「ダズンローズ」の演出です。ダズンローズとはもともと、ヨーロッパの男性が、愛する女性にプロポーズをする際に、花を集めてブーケにし、それをプレゼントしていたことから始まった演出です。

これを挙式の時に取り入れるとなると、チャペルに参列者が着席していますが、通路側の参列者にバラを1本もっていてもらい、新郎入場時に、それらを1本ずつ受け取りながら前へ前へと進んでいっていただきます。そうすると、祭壇のところにたどり着くころには、新郎の手にブーケが出来上がっていることになります。

次に新婦が入場するのですが、新婦が祭壇まで辿り着いたら、ここで新郎からそのブーケをプロポーズの愛の言葉と共に受け取っていただきます。そして、ここがとっても可愛らしいのですが、新婦はそのプロポーズを受けOKの意味を込めて新郎からもらったブーケの内1本のバラを新郎の胸元に差してあげます。これが本来のブートニアの由来なのですが、こうしてダズンローズの演出が完成するわけです。

 

バラに限らず、思い入れのあるお花で代用しても構いません。ゲストから見てもとっても可愛らしくロマンチックな素敵な演出ですよ。

 

その③退場時にフラワーシャワー、フラワーの代わりに・・

挙式の退場時に、参列者にフラワーシャワーで見送ってもらうというのは人気の演出ですよね。写真で見返してもとっても素敵です。しかし、オリジナリティがあるかといわれると、そうでもありません。何せフラワーシャワーは定番中の定番演出なので、目新しいものではないですもんね。

 

そこでおすすめなのが、フラワーシャワーの代わりに、違うものをシャワーするという方法です。代表的なものは以下の3つですね。

ライスシャワー・・・食べ物に困らないように、という思いも込めてお米のシャワーです。これは伝統的な儀式のひとつとしておすすめなのですが、会場によってはNGが出ることもあるようなので要確認ですね。

リボンシャワー・・・見た目に可愛いリボンシャワーです。これに使用するリボンは手作りされる方も多く、色とりどりのリボンにするのか、単色にするのかなどによってかなり印象も違ってきます。とっても可愛らしい演出になりますね。

フェザーシャワー・・・フェザーは羽のことです。フラワーシャワーのように、撒いてもらう羽を用意する演出なのですが、このフェザーにリボンをつけている方もいらっしゃいました。羽が天使をイメージさせて、おとぎ話の中のお姫様になれるような、そんな演出です。

 

披露宴入場時もしくは再入場時の演出

 

演出というとやはり見せ所は入場時です。披露宴が始まるとき、そしてお色直しが終わってもう一度入場する再入場の時、この2回の入場シーンで、参加ゲストを「お!!」と言わせる粋な演出を考えてみましょう。

 

その①ムービー演出からつなげて登場

今や披露宴の定番とも言われるムービーですが、オープニングムービーを作成されるカップル様はとっても多いです。オープニングムービーというのは、披露宴開始の一番初め、つまり新郎新婦入場前に上映するための比較的短めのムービーです。披露宴中に上映するムービーに比べても、このオープニングムービーが一番ゲストが集中してみてくれるムービーだと言えるでしょう。

この、オープニングムービーにつなげて入場するというのが、結構ゲストの反応がいいですね。つまり、オープニングムービーの終わりを入場シーンを予告するような形で締めくくるのです。そして、間をあけずに新郎新婦入場!これは盛り上がりますよ。もちろん音響スタッフとの連携を上手くやることは必須です。

 

その②あっと驚く衣装で登場

たとえば、新郎新婦がお医者さんと看護婦さんだったら、その制服で入場してみたり、警察官だったら警察官の制服で入場してみたり、こういった演出は、お色直し後の再入場の時に取り入れると良いでしょう。もちろん、その後にきちんと仕切りなおしてお色直しはしていただくのですが、こういう遊び心があってもいいですよね。

 

自衛隊、警察官、ナースなど、制服にインパクトのある職業のカップル様は検討してみる価値がありますよ!職場の方が参列者に多い場合にもおすすめです。

 

その③趣味を活かした入場演出

新郎新婦カップル様の趣味から、何か入場演出に取り入れられるものがあれば是非検討してみられてください。例えば、新郎新婦がダンスを習っていればダンスを取り入れた入場も良いでしょうし、カラオケが趣味のカップルであれば、2人で歌いながらの入場も盛り上がりますよ。

 

もちろん結婚式場側の制限もあるとは思いますが、お色直し後の入場は個性を見せる絶好のチャンスです。ゲストを一気に盛り上げる入場演出を考えてみましょう。

 

テーブルラウンド時のおすすめ演出

 

テーブルラウンドとは、新郎新婦カップル様がお色直しをした後に、ゲストの皆様のテーブルを回る演出です。ただ回るだけでは芸がないので、ここでゲストと一緒に盛り上がれる演出を考えると良いでしょう。ちなみに、昔からの定番演出はやはりキャンドルサービスです。今でも人気の演出ですね。

 

しかし、キャンドルサービスは、演出の特徴として、会場自体の照明を落とすことから、かなりしっとりとした大人っぽい雰囲気になってしまいますので、もしも「明るく楽しい雰囲気を作りたい!」ということであれば下記のような演出は特におすすめですよ。

 

その①フォトプロップスで皆と和気あいあい

結構定番化してきたところがありますが、フォトプロップスはやっぱり盛り上がります。フォトプロップスとは、海外から流行がきたものなのですが、写真を撮るときに小道具として使えるアイテムのことです。スティック状のものに髭のカタチや、帽子のカタチ、サングラスのカタチをしたアイテムがくっついていて、それをゲストの顔に当てて撮影するというものです。見たことある方も多いのではないでしょうか。

 

新郎新婦カップル様はそれぞれにMrとMrsのアイテムを手に持ち、あとはゲスト様にそれぞれお好きなアイテムで面白写真を作り上げていってもらう形です。あとからアルバムを見返すと、いろんな表情が楽しめてとっても素敵です。

人気のフォトプロップスですが、今では会場側が準備してくれていることもあるくらい、人気の演出のひとつです。おばあちゃんや小さなお子様も一緒に楽しめますね!

 

その②ビールサーバー演出で大盛り上がり

個人的には結構好きなのがこれです。ビールサーバーを新郎が担いで生ビールをサーブして回るというもの。イメージ的には、野球場などの売り子さんが持っているあのビールサーバーをイメージしてもらうと分かりやすいのではないでしょうか。披露宴中にあれを担ぐわけですから、それだけで結構笑いも取れますし、喜ばれますよ。

 

新郎側の友人や、男性ゲストが多い場合、また新郎様が体育会系のキャラの時には、結構盛り上がりますよ。テーブルラウンドをしながら、新郎様はゲストにビールをサーブ、新婦様はゲストとおしゃべり、という感じでとってもアットホームな時間になります。ただ、この演出には結構時間的な余裕が必要となるため、前後の兼ね合いを見て、時間的に大丈夫そうであれば、是非やってみてください。

 

また、もしビールサーバーよりももう少し落ち着いた演出が良いという場合は、シャンパンサーブというものも素敵です。これはひとりひとりにシャンパンをサーブなんてしていたら時間がいくらあっても足りないので、テーブルにひとつ、フルーツの入ったガラスの器を用意しておいて、そこにシャンパンを注ぐという形にするのが見た目にもお洒落です。フルーツパンチのようなシャンパンデザートになり、ゲストにも喜ばれます。

 

その③バルーンスパークで子供たちも大喜び

参加ゲストの中に、子供が多い時には、お子様も楽しめる演出を取り入れるのもひとつですよね。ちょうど、お化粧直し入場の後となると、小さなお子様はだんだん退屈になってきている時間です。このあたりで、子供ちゃんにも元気になってもらえるような演出の1つとして、バルーンスパークもおすすめです。

 

この、バルーンスパークというのは、新郎新婦カップル様の再入場後、各テーブルを回るテーブルラウンド時に、各テーブルにあらかじめ準備しておいた大きなバルーンをひとつひとつ割りながら回っていくという演出です。「パンッ!」という大きな音とともに、大きなバルーンの中から小さなバルーンがたくさん空中に飛び立っていきます。ハート形のものなど、バルーン自体も様々な種類から選べることが多く、見ているだけで楽しい雰囲気になります。

 

テーブルラウンド時には、大人っぽいキャンドルサービスなどの演出がやはり定番ですから、ここであえてゲスト様と一体となり、盛り上がれる演出を入れることで、披露宴がとっても楽しい雰囲気になりますよ。

 

まとめ

結婚式と披露宴において、演出をどう選択していくかは非常に重要です。同じ結婚式場の挙式も、演出内容によってはかなり雰囲気も変わってきます。大人っぽいしっぽりとした結婚式にしたいのか、皆の笑い声に包まれる、楽しい結婚式にしたいのか、皆さんそれぞれにイメージされる結婚式の雰囲気があるかと思います。

その理想のイメージを形にしていけるよう、求める雰囲気に合った演出を選択していきましょうね。もちろんここに紹介したものに限らず、たくさんの演出があります。かかる時間や費用も検討していきつつ、理想の結婚式を実現させるために必要な演出を選んでいきましょう。

  皆さんの結婚式が、夢に描いたとおりのものになりますよう、心より応援しています!

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介