結婚式場選び、気を付けるべきポイントとは

結婚が決まったカップル。幸せいっぱいのお二人ですが、決めることは山のようにありますよね。

まず両家に挨拶、そして結婚式のこと・・・

多くのカップルがこの「結婚式のこと」で頭を悩ませることでしょう。何から決めればよいのやら、初めてのことばかりでとっても難しく感じますよね。

今回は、お二人の結婚式が「夢に見たような結婚式」になるように

何に気を付けて会場を選んでいけばいいのかについて、特に「ブライダルフェア」に注目してお伝えしていきたいと思います

 

候補会場の絞り込みはどうするの?

結婚を決めたお二人が、会場を選ぶにあたって最初にすることは何でしょう。

  • ①ブライダル情報誌を買ってみる
  • ②インターネットでなんとなく調べてみる

この2択ではないでしょうか。

それぞれに良さがあります。①のブライダル情報誌ですが、やはり実際の雑誌は順を追って調べていくのには最適です。最初から最後まで見ていきながら、「ここが気になるな」というところに付箋か何かの目印を付けていくようにしましょう。

変わりまして②のインターネットですが、こちらに関してはやはり情報量がすごいですね。本当に何でも見つけることが出来るのがインターネットの利点です。ただ、やはり情報が多いがゆえに「候補が絞りにくい」という難点もあります。やはりランダムにみていくよりは、決まったウエディング情報サイトにそって見ていくなど、迷子にならないような工夫をしたほうが良いですね。

どちらかというと、個人的には①の情報誌をおすすめします

やはり後になって見返すときに簡単であることと、インターネットだと情報過多で探しているうちに混乱してしまうことが理由です。

 

さて、そうして好みの会場に目を付けていくつかの会場をピックアップしていきます。この時のポイントですが、ある程度しっかり絞りこむ。ということです。

割と皆さん勘違いしていることが多いのですが、結婚式場の見学にはかなりの時間を要します。そんなにさっさと済ませられるようなことではないのです。どれくらいの時間がかかるかご存知ですか?おおよそ1つの会場につき2~3時間ですね。これを5会場も繰り返すとなると、なかなかのものですよ。体力的にも時間的にも、ある程度効率的にみていこうと思えば3会場までに絞ることをおすすめします。

もちろん、出来ない場合は大丈夫です。気の済むまで見学しましょう!

 

ブライダルフェアについて

ではここからは本題の「ブライダルフェア」についてです。ブライダルフェアの種類、そして見どころをまとめてみました。

 

①    そもそもブライダルフェアとは?

まずブライダルフェアとは何でしょう。ということから説明しますね。

結婚式場は常にインターネット上、もしくは雑誌の紙面上に情報を載せており、多くの場合「〇月〇日ブライダルフェア」というように具体的な日にちを掲載している場合が多いです。このブライダルフェアというのは、通常の「会場見学」とどのように違うのかご存知でしょうか。

もちろんこれは会場にもよりますが、「会場見学」というのは、ある程度いつでも受け付けています。ただ、「ブライダルフェア」というのは、いつもの会場見学とは別に「特別感のあるイベント」として「新規見学希望のお客様」のためだけに、会場を「見せるための準備をしている」、いわゆる「より良い状態で会場を見学することが出来る、おすすめの機会」なのです。

もちろん、結婚式場は結婚式を毎週末行っていますね。なのでもしもお二人がある週末「会場見に行こう!」と思っても会場が実際の結婚式で使われており、しっかり見学が出来ないことが多いのです。せっかくの休日、デートの時間を惜しんで結婚式場を見に行くのであれば是非「ブライダルフェア」の日にちに合わせて予約を取るようにしましょう。

 

②    こだわりのポイントに合わせてブライダルフェアを選びましょう

ブライダルフェアには、いろいろなフェアがあります。

お食事にこだわりたい人向け⇒「試食フェア

実際の挙式の雰囲気が見たい人向け⇒「模擬挙式フェア

などなど目的に合わせていろいろなイベントを会場側も企画しています。

特に、試食付のフェアはおすすめです。

やはり多くのカップルが結婚式の会場を選ぶときに「お料理にこだわりたい」と言います。やはり結婚式によばれるゲストに喜んでもらえるのは、パーティー時のお食事です。ですので、しっかりここは味見をしておくことをおすすめします。

「模擬挙式」というのは、実際にその式場のチャペルを使って、本番さながらの挙式(モデルさんをつかっている場合もあれば、スタッフが新郎新婦役をしているケースもあります)をして見せてくれるもので、あまり頻繁に開催されているものではないですが、もしも検討会場がこのようなイベントを開催しているようであれば一見の価値ありです。かなり雰囲気が分かりますのでイメージしやすいです。

 

③    実際に体験してみましょう

ブライダルフェアに参加すると、「衣装試着」ができたり、「試食」ができたりと、体験型のものも多くあります。

こういったフェアには是非是非参加し、なるべく体験してみましょう

そして、チャペルの見学の際には、バージンロードを歩いてみましょう。これは結構忘れがちですが、ゲストが着席する席にも必ず座ってみることです。座った目線から祭壇の方までの見え方は、立っているときとは大きく違うこともあります。

パーティー会場の見学の際もそうです。高砂(新郎新婦席)に座ってみる、ゲスト席に座ってみる。そうすることによって「新郎新婦側」の体験と「ゲスト側の体験」の両方が出来ます。ついつい自分たちのことに夢中になることが多く、ゲスト目線でどうみえるのかということにまで気が回らないことが多いのです。1回のブライダルフェアでしっかり隅々まで見るには、この両方の立場で体験してみるということが非常に大事になってくるのです。

 

会場選びにおいて、ウエディングプランナーの質はとっても重要!

 

どのような会場見学の仕方をとるにせよ、どのようなブライダルフェアに参加するにせよ、必ずその会場にいくときにはその会場専属のウエディングプランナーに案内をされることになります。

このウエディングプランナーというのはとっても重要な役割を担っています。なぜでしょうか。それは、ウエディングプランナーこそが、お二人の結婚式を担当して、お二人が思い描くような結婚式を実現させるお手伝いをする役目を担っているからです。

どんなに素敵な会場でも、どんなに素敵なお食事でも、そこにいるウエディングプランナーの雰囲気があまりよくなかったり、対応がいまいちよくなかったりするようであれば、そこの会場を選ぶのは避けた方がいいです。

結婚式というのは、準備してすぐに本番にのぞむような簡単なものではありません。短くても3~4か月は準備期間を設け、担当ウエディングプランナーと密に連絡を取りながら、少しずつ形にしていくものなのです。

そこでもしも、あなたを担当するウエディングプランナーが、感じの悪い人だったりアイデアのない人だったりした場合、いいウエディングは実現しません。断言します。むしろ、当日までの準備期間自体がとってもストレスのたまる期間になるでしょう。

ですので、会場見学に行く際には案内役のウエディングプランナーにもしっかり注目しましょう。

特に、押しの強すぎる「押し売りタイプ」のウエディングプランナーは、打ち合わせの際にもあれこれとオプションを売りつけてくることが予想されますので、避けておいた方が良いでしょう。

 

複数の式場を料金で比較したいけど、どうすればいいの¥?

結婚式を挙げるにあたって、皆さんが気にするのが「金額」です。

もちろん、招待ゲストの多いほど総額は上がります。まあその分ご祝儀の金額もUPするわけですが。式場選びをするにあたって、やはり金額をもとに比較していくことが多いと思います。しかし、この金額というのはとっても比較がしにくく、うっかりおおきな勘違いをしたまま契約を交わしてしまう可能性さえあります。

どういうことでしょうか。

これはつまり、「見積もりの比較」方法に誤りがあということなのです。つまり、会場見学の際に提示される見積もりの正しい理解が出来ていないケースが多く、間違った方法で複数の見積もりを比較してしまうということです。

これを避けるために気を付けた方がいいことは、下記を明確にした上で見積もりを比較するようにすることです。

ゲスト人数の設定が同条件になっているか

・含まれているドレスの数が同条件になっているか(ウエディングドレスのみなのか、カラードレスも含まれているのか)

・含まれているアルバムのランクが同条件になっているか

この3点については絶対に確認しておいてくださいね。まず、人数設定が違うと金額は全く違ってきますので比較できるはずもありません。そして、結婚式において費用が最も掛かる「衣装代」と「写真撮影にかかる費用」についても条件をそろえておかなければ正確な比較はできません。

やや悪質なセールスをしてくるウエディング会社の場合、初期の見積もりを、とっても安価で提示してくることがあります。そして契約後に後からいろいろと追加料金がかかり、最終的にはびっくり仰天するような金額になってしまうケースですね。

このような罠にひっかからないように、予め何が見積もりに含まれているのかを確認し、複数の式場の見積もりを比較する場合にも、条件がイコールになっていることを確認したうえで比較するようにしましょう。

 

料金の安い式場と高い式場、何が違うの?

 

料金のことについては、きっと皆さんがかなり気にするポイントだと思います。

ただ、ひとつここでお伝えしておきたいことがあります。それは、

ある程度、同レベルの会場は金額もほぼ変わらない

ということです。結局のところ、比較検討する会場というのは多くの場合似たような会場だったり、金額的にもあまり変わらない会場であることがほとんどです。

ウエディング会社によっては、最初のイメージを「おっ!ここは割と金額的に安そうだ!」と思わせるために、広告上には驚くような安価な金額で「基本料金〇〇円から~」と記載していることがあります。

しかし、このような会場も結局必要なものをすべて付け加えていくと、金額はどんどん上がっていくため、「最初の金額は一体何だったんだろう・・」というような結末になるケースがほとんどです。

なので、最初にどれほど目を引く「安いパッケージ」があろうとも、ある程度上質な会場であればそんなに格安で結婚式が出来るということはほぼ不可能です。

結婚式をとにかく安く済ませたい!と思うのであれば、思いっきりランクを下げるしかないのです。そうすると、会場自体の質も落ちますし、料理のクオリティもものすごく落ちます。安い式場は安いなりなのです。

 

では、質の良い式場で少しでもお安く結婚式をするにはどうすればよいのでしょうか。

それはずばり、契約時に値引き交渉をする!」これにつきます。

契約時こそが値引き交渉のチャンスであり、これを逃すと後にも先にももうこのようなチャンスはありません。どこのウエディング会社も必死なのです。1件でも多くの契約をとりたいのです。なので、極端な話多少値引いたとしても、その1件が欲しいのです。

ここを逆手にとって、値引き交渉をしましょう。

実は、〇〇の会場と迷っていて・・・。金額的には少しこちらの方が高いんですよね、なのでもう〇〇のほうに決めてしまおうかと思っています

と言うと、ほとんどの場合何かしらの値引きをして対抗してきます。少なくともライバルの会場と同じくらいまでは金額を下げてくることでしょう。

なので、値引き交渉はやらなければ損です!

 

まとめ

 

以上、結婚式場選びのポイントについてお伝えいたしましたがいかがでしたでしょうか。

どこに気を付けてブライダルフェアに参加するべきか、何を目的に参加するべきか、またなぜブライダルフェアの日程を狙う必要があるのか、ご理解いただけましたでしょうか。

  結婚式は一生に一度のお二人のかけがえのない思い出となります。お二人とお二人の大切なゲストの皆様の思い出となるのです。自分たちだけでなく、来てくれるゲストにもハッピーになってもらえるような運命の会場を見つけてくださいね!