神前式、教会式?ホテル・ レストランウエディング?結婚式の各スタイルの特徴

女性なら誰もが、きっと一度は「こんな花嫁さんになりたい!」と夢見たことでしょう。

こんなドレスを着て、こんなチャペルで、こんな雰囲気で・・・

あれこれ想像の中で、理想の結婚式を思い描いたのではないでしょうか。結婚式と一言で言っても色々な形があります。

これまであなたが参列した結婚式はどれも同じようなものでしたか?

結婚式によって雰囲気が違うと感じる方もいるでしょうし、結婚式なんてどれも同じようなものだと感じる方もいるでしょう。

実は、婚活サイト恋活アプリのように結婚式にはいくつもの形があるのです。

今回は、ウエディングプランナーとして数多くの結婚式を見てきた私の目線で、いろいろなスタイルの結婚式とその特徴についてまとめてみました。

これから結婚式を挙げる方に見ていただき、参考にしていただければと思います。

挙式のスタイル:キリスト教式

結婚式と言えば、前に牧師先生がいてキリスト教式にすすめていくもの。と思っている人が多いでしょう。

それもそのはず、実はこの「キリスト教式」ですが、6割以上の日本人がなぜかこのキリスト教式のかたちを選んでいるのです。

不思議ですよね。日本人の6割がキリスト教だとはとても思えません。しかし、日本では古くからこのキリスト教式がどういうわけか主流になっているため、結婚式を行うのも基本的には教会もしくはチャペルが定番となっています。

ちなみに、「教会」と「チャペル」の違いについてご存知でしょうか。

「教会」は、実際にキリスト教の信者がお祈りに訪れる施設のことで、言わば本物のキリスト教の建物です。

それにひきかえ、「チャペル」はそうではありません。つまり、結婚式のためだけに作られた施設なのです。ですので、「チャペル」での挙式は必ずしも牧師先生がいなければならないわけではありませんが、「教会」は必ず牧師先生の進行で挙式を進めます。

 

おそらく、一番皆さんが見慣れているのがチャペルでのキリスト教での結婚式ではないでしょうか。

この形式のときには衣装はウエディングドレスとタキシードとなります。

 

挙式のスタイル:神前式

次に紹介するのが、この神前式です。

結婚式を、教会でもチャペルでもなく、神殿と呼ばれる(会場によって呼び名は違うかもしれませんが)和テイストのお部屋の中で行います。

このような形式をとるカップルの割合は10%~20%と言われており、多くの場合が「着物で結婚式をしたかったから」という理由によるものです。

日本人は日本人らしく、和装で結婚式をするのも悪くありません。また、「白無垢」を着るように親御様から強くリクエストされることも珍しくないようです。やはりこのあたりは家柄にもよりますが・・。

 

結婚式の雰囲気も、キリスト教式とくらべてみるとさらに厳かな雰囲気が強まります。しかも、挙式を行う会場のスペースも少し小さめの場所になるケースが多く、この神前式のスタイルの場合は親族のみ参列することが多いのも特徴です。

私が見てきた結婚式の中で、間違いなく一番新郎新婦の緊張度が高いのがこちらのスタイルです。

結婚式は、日本らしく着物で厳かな雰囲気の中、緊張感をもって望みたいという方におすすめの挙式スタイルです。

また、このところ和装の人気が高まり、特に白無垢を着たいと希望する場合は神前式スタイルでなければなかなか白無垢を着る機会がなくなってしまうため、その理由でこのスタイルの挙式を選択される方もおられます。

 

挙式のスタイル:人前式

このスタイルはつまり、「キリスト教式」でも「神前式」でもないというものです。宗教にとらわれない形の結婚式として、実際に無宗教の割合が圧倒的に高い日本人に向いている挙式スタイルと言えます。

挙式自体はチャペルで行われます。

しかし、挙式を進行するのは司式者、司婚者といわれる人です。一般的にはその後に行われる披露宴の司会者が挙式の司式も務めることが多いですね。

 

この人前式の良いところは、新郎側新婦側それぞれのゲストの中から立会人を決め、その立会人の証人のもと結婚が成立するというものなので、新郎新婦とゲストが一緒に参加するイベントとして執り行うことができることです。とてもアットホームで雰囲気のあたたかい挙式になります。

さらに、キリスト教式などと違い特に決まった進行もありません。挙式の途中に何か演出を入れることが可能なのもこの挙式スタイルです。

とはいえ、「何をすればよいかわからない!」という場合は、人前式にも基本的な流れが会場ごとに決められているはずなので、担当のウエディングプランナーに相談してみるとよいでしょう。

ありきたりな結婚式ではなく、ふたりらしい挙式を希望するカップルには特におすすめの挙式スタイルです。

挙式だけでも、この3つのスタイルの中から選ぶ必要があるのです。ご存知でしたでしょうか。どの形式を選ぶかによってかなり印象も変わってきますよ。

とはいえ、挙式はやはり大切な儀式ですから、親御様に意見を伺ってみるのもいいかもしれませんね。

 

結婚式場のスタイル:ホテルウエディング

ホテルウエディングという言葉は、耳にしたことがあると思います。一番一般的なスタイルがこれではないでしょうか。ホテルウエディング、その名の通りホテルの敷地内にある結婚式場のことです。

ほとんどのホテルが、ホテル内にチャペルとパーティー会場を併設しています。これらの設備を使って結婚式を行うスタイルをホテルウエディングと言います。ホテルならではの安心感が魅力です。

また、ホテル内式場はホテルのサービスも受けられるため、もちろん遠方からの列席ゲストへの宿泊手配も、併せて同じ場所で用意してあげることができます。結婚式が終わってそのまますぐに同じ建物の中にある客室に行って休むことが出来れば、年配のゲストを遠方から呼ぶことも難しくはありませんよね。

そして、ホテル内式場のいいところは、「戻ってこれる場所」であることです。

つまり結婚記念日や、誕生日、そして将来お子様を連れて宿泊に来たり、お食事に来てみたり。「ここで結婚式をしたんだなぁ」としみじみ思い出に浸ることが出来ること。これはとっても良いポイントですね。

 

今はまだあまりピンと来ないかもしれません。結婚式をするその日のことだけが頭にあるかもしれません。

でも、考えてみてください。もしも結婚式を挙げた場所を二度と見ることが出来なくなったら、少し寂しい気持ちになりませんか?

過去に結婚式を挙げたカップルが毎年記念日に宿泊にやってくるケースは結構多いです。皆さん案外記念日を大切にされているんだなぁと感心します。

でもそれもこうして、「戻ってこれる場所」で結婚式を挙げたからこそなのかもしれませんよね。

その日だけでなく、永遠の思い出としておふたりの大切な場所にしたいと思う方には、特におすすめできるスタイルがこのホテルウエディングだと言えるでしょう。

 

結婚式場のスタイル:専門式場

ホテルウエディングとよく比較されるのがこのスタイルです。専門式場とは、つまり結婚式だけのために作られた施設のことです。

結婚式を目的としているため、それ以外の目的で使われることはまずありません。

しかし、ホテルウエディングと違い、お食事や宿泊目的で「戻ってくる」ことは出来ません。外から見ることは出来るかもしれませんが、また別の目的でその施設を使うことは出来ませんし、思い出に浸れるかと言えば微妙です。

 

でも専門式場にしかないメリットもあります。それは、ずばり「プライベート感」です。どういうことでしょう。

ホテル内式場であれば、施設つまりホテルの中には、いろいろなことを目的に足を運んでいるお客様がいます。お2人の結婚式には関係のない人たちが常にたくさんいます。これは仕方がないことです。気にならない方と気になる方がいらっしゃるでしょう。あなたならどうですか?

それに比べ、専門式場は「結婚式」のための施設です。結婚式に関わる人たちしか施設内にはいません。やはりここは大きなポイントですね。プライベートな空間で初めから最後まで特別な一日を過ごすことができるのです。

一生に一度の、大切なイベントを「完全貸し切り」の雰囲気の中で行いたいと思う人にはこちらの方がおすすめできると言えます。

 

結婚式場のスタイル:レストランウエディング

何よりも食事にこだわりたい。という人におすすめしたいのがレストランウエディングです。

レストランウエディングには、上記のホテルウエディングと専門式場スタイルの2つと大きく違う点があります。

それは、設備が整っていないことです。設備が整っていないというとすごくネガティブな言い方になってしまいましたが、「結婚披露宴をするにあたっての設備」という意味です。

つまり、レストランなのですから結婚式場と違って、照明をスポットライトのようにあてることが出来なかったり、大掛かりな演出が出来なかったりする可能性が高いわけです。

 

しかし、その反面費用が比較的安価なのがレストランウエディングの特徴と言えます。もちろん例外もあるとは思いますが。。

設備面でもう一つ重要なのが「控室」「更衣室」です。来てくれるゲストを迎えるにあたって十分なおもてなしが出来るレベルの設備が備わっているかどうかは、会場次第です。

近年ではレストランウエディングもとっても人気があるため、このような設備面も充実させた会場がどんどん増えてきているのも事実です。

 

また、少人数での披露宴を検討している方には特におすすめできる会場スタイルです。なぜなら、披露宴において食事は極めて大切なポイントです。少人数の披露宴になるとなおさら食事にはこだわりたいと思いませんか?

特に演出にこだわるわけでもないので、おもてなしとして「わぁ!美味しい!」と思ってもらえるような、そんなとびきりのお食事を用意してあげたいですよね。

ですので、レストランウエディングというスタイルは「少人数での披露宴」もしくは、「演出などは特にこだわらない、とにかくお食事のクオリティにこだわりぬきたい!」という方にお勧めのスタイルと言えます。

 

結婚式場のスタイル:ゲストハウスウエディング

これは少し曖昧なカテゴリーになってしまうのですが、ゲストハウスウエディングというスタイルがあります。

もともとのイメージとしては、ヨーロッパやカリフォルニアの邸宅ウエディングからきており、つまり一軒家を貸し切って行うウエディングのスタイルのことです。

この一軒家というのはガーデンやプールも備わっている場合が多く、邸宅内のさまざまな場所で素敵な写真が残せるというものです。

 

このゲストハウスウエディングのスタイルを真似た「ゲストハウス風」の専門式場は今とても人気があります。

ですので、ゲストハウスウエディングスタイルと言いましたが、厳密には専門式場のカテゴリーに含まれることが多いということになります。

何といってもゲストハウスウエディングの魅力は、一軒家を丸ごと貸し切れる贅沢感ですね。さらには、その贅沢な空間をおふたり好みにアレンジすることができるというのが魅力です。

会場によっては完全に一日一組しか結婚式を行わない会場もあるため、プライベート感においてはこれに勝るものがありません。

さらには、敷地の中のプール部分でバルーンリリースをしてみたり、晴れた日にはガーデンでデザートビュッフェを楽しんでみたり、会場のすみずみまで好きなように使うことが出来ますし、それぞれのイベントで素敵な写真や映像を撮ることが可能です。

他のウエディングスタイルに比べて、割と融通が利きやすいスタイルでもありますので、お二人が結婚式に「創作意欲」を高くもっているのであればこちらのスタイルは一番おすすめできます。

おふたりらしいウエディングを作り上げていくことが出来ること間違いなしです。

このように、選ぶ結婚式場によって大きく印象は変わります。大きく分けて上記の種類に分けられますので、おふたりに一番合ったものを選んでみてくださいね。

 

まとめ

結婚式というものをイメージするとき、人はやはり「よくある結婚式」のイメージを頭に浮かべるでしょう。しかし、本当にその結婚式はおふたりの挙げたい理想の結婚式なのでしょうか。

調べてみると結婚式の式場やスタイルには今回お伝えしたように、たくさんの種類があります。

  せっかくの結婚式なのですから、ピッタリのスタイルを選んで、おふたりらしい結婚式を作り上げていきましょう!