婚活パーティーで注意すべきポイントと会話で男性の心をつかみモテる3つのテクニック

皆さんは婚活パーティーに行ったことがありますか?

近年、かなり知名度も上がり「婚活パーティー」に行くことに対してネガティブなイメージを持つ人はもうほとんどいないのではないでしょうか。多くの男女が婚活パーティーで運命の相手と巡り合い、そして結婚というゴールにまで辿り着いているのです。

婚活パーティーでは、初対面の男性に対してどこまでアピールできるかが重要になってきます。女性からアプローチすること自体、全く問題はないのですが「なんかガツガツしていると思われてないかな・・」とか「どうやって話しかけたらいいんだろう」と悩んでいる女性が多いのも事実です。

 今回は、婚活パーティーにおいて、どのように会話を進めていくべきなのか、そしてどういう行動は避けるべきなのかについてまとめてみました。

こんな女性になってはいけません!注意すべきポイント

避けるべきNG話題→結婚に関する話題

婚活パーティーで大切なのは、最初の印象です。

会ってすぐに話題にする内容としてふさわしい話題とそうではない話題があります。

婚活パーティーに参加しているわけなので、皆が結婚を少なからず意識しているのは間違いありません。しかしここで、藪から棒に「〇〇さんは、いつごろ結婚したいですか?」「子供は好きですか?」「年収はいくらほどですか?」」などの質問をいきなりしてしまったらもうアウトです。

ただ単に失礼ですよね。まずお互いにプライベートな部分を共有し、フィーリングが合うことを確認した上で徐々に聞いて行くべき項目ですから。なので、まず初めにこのような直接的な質問をするのはやめておくべきです。

男性はあまりにガツガツされると引いてしまいます。「うわっ・・この人結構焦ってるな」と思われてしまうとあまりいい印象を持たれません。更に、年収などを聞かれると男性側としては「年収で男を選ぶタイプか・・」と判断してしまいかねません。

避けるべきNG話題→過去の恋愛に関する話題

過去の恋愛から男性の恋愛の傾向を知ろうとする女性というのは多いようですが、初対面でそこまで聞くのはやめておいた方が良いでしょう。

男性側から心を開いて話してくれるのであれば、もちろん聞いていけばいいのですが、こちらから根掘り葉掘り聞いてしまうのはよくありません。特に女性に比べて男性は過去の恋愛を引きずる傾向が強いため、あまりこのようなことを話題にしてしまうと、雰囲気自体が悪くなってしまいます。

せっかく新しい出会いを前向きに探す場に来ている訳ですから、過去を引っ張り出すような話題ではなく、明るく楽しい話題づくりを心掛けるべきですね。

そして、女性の場合完全に悪気なく前の彼氏の話をしてしまうケースが結構あります。あなたが吹っ切っていたとしても、聞いている男性側はあまりいい気がしませんので、これも避けた方が良いかと思います。

こちらのペースでどんどん話題を変えてしまうのはNG

男性は論理的です。それに引き換え女性は話す話題もころころ変わり、話の内容があっちこっち行ったり来たりで混乱しがちです。良く女性同士で話しているとこういうことはあるのですが、男性にとってみればこれほど鬱陶しいことはありません。

次から次へところころと話題を変えてしまうのは、女性らしいというよりむしろ子供っぽい幼稚な印象を与えてしまいます。

相手の反応を常に確認しながら、様子を見つつ話題を切り替えていく癖をつけていく方が良いでしょう。

一方的に話すのはNG

話下手な人ほど、やってしまいがちなのが、「一人でどんどん話してしまう」ことです。初対面の男性を目の前に、婚活パーティーという慣れない場所で「どうしよう!上手に話さなくちゃ!」と思えば思うほど、相手のことも考えずに、マシンガンのようにひたすら喋りまくってしまうのです。

  私の友人にもこれをやってしまう人がいます。彼女の例を出すとこんな感じでしょうか。

「はじめまして、〇〇といいます。よろしくお願いします。仕事はOLやっています。趣味はカラオケに行くことで、週に一回は行っています。最近は運動もしたいなと思っていて、ジムに通おうかなと考えています。地元は〇〇です・・・・・」

このように間髪入れず続けてしまうのが彼女の悪い癖です。本人の言うことには、「緊張するとどうしてもこうなってしまう」とのことでした。

 

つまり、緊張すると相手の表情を見る余裕がなくなるのでしょう。それによって相手の反応がうかがえなくなり、変な間が生まれることを避けるため次から次へと話しまくってしまうのです。

落ち着いて相手の反応を見たりあいづちを打ったりしながら会話を進めましょう。でないと相手の男性も困ってしまいますし、「なんか喋りづらいな」と居心地の悪さを感じてしまうかもしれませんよ。

愚痴っぽくなるのはNG

婚活パーティーで初めて会う男性に向かって、仕事の愚痴やネガティブな話題を口にするのもよくありません。これは、ある程度話好きで話すのが上手な女性がやりがちなミスです。

挨拶から始まり、なんとなく打ち解けることが出来ると、話が上手な女性は心地よくなってくるためいろいろな話題を話せる気分になってきます。そして気づけば今話すべきではないような話題にまで飛躍してしまうケースですね。仕事の話をするのは構いませんが、軽く「どんな仕事をしているか」程度にとどめておいた方がいいでしょう。「辞めたいと思っていて・・・」「上司と上手くいかなくて・・・」などという話題を婚活パーティーの場で出すことは控えましょう。

あいづちは上手に!

男性は聞き上手な女性が好きです。そして、「男性は女性にすごいと思われたい」のです。

つまり、聞く態度によって、「すごいって思われてる!」と実感させてあげることが大切です。

その為にはどうすればよいのでしょうか? 一番簡単な方法は「あいづち」を打つことです。

聞き上手な人はこれがとっても上手なのです。「へぇぇ!」「そうなんですか!」「すごい!」「そんなこと出来るんですか?!」などなど、多少オーバーなくらいが男性は喜びますよ。

人の話がちゃんと聞ける人は、普段から敬意を込めてこのような「あいづち」を打つことが出来ているはずです。

これが下手な女性というのは「へー」「ふうん」というようなあいづちを無意識のうちにやってのけてしまうのです。これほどテンションが下がることはありません。話している男性もげんなりしてしまいます。

所作はとっても大切なポイント

男性というのは、思いのほか細かいところまで見ています。例えばあなたが友達同士で婚活パーティーに参加しているとして、その友達とどんな風に接しているかも見られている可能性があります。

いくら、男性の前で大人しく振舞ったところで、友達とぎゃあぎゃあ騒いでいたり、荒っぽい仕草を無意識にしてしまったりすると、男性から見てこれは減点対象になるのです。

ちょっと席を立つときにも、そっと椅子を元に戻す・・・そんなひとつひとつのさり気ない仕草に、男性は「なんかあの人はとても育ちが良さそうだな」と好印象を持たれることでしょう。

立ち居振る舞いに気を付けて!話しかけられやすい女性になろう

婚活パーティーに参加した時に、私が自分の目で見て「これは良くないな」と思ったのがまさにこれです。

「話しかけられるのをただただ壁際に仁王立ちして待っている女性」は、魅力的ではありません。男性から見ても、「ちょっと話しかけてみようかな」という気持ちにはとてもならないですよね。

さらには、腕組みをする癖のある女性は本当に気を付けてください。無意識に腕組みをしてしまうとそれだけで周りを威圧してしまい、見るだけでかなり可愛げがないです。

実際そんな風にたたずんでいた女性は、どの男性からも声をかけられていませんでしたね。私が男性でも、声はかけないと思います。やっぱり、「何となく話しかけやすいな」と思われないことには男性から近づいてくることはないのです。

なので、一人でいるときも振る舞いに気を付けて、男性と目が合ったときはにっこり微笑みましょう。笑顔は最大の武器ですからね。

 

会話で男性の心をつかむ、モテる女のテクニック3つ

気を付けなければならないこと、やってはいけないことについてはしっかりとご理解いただけたかと思います。婚活パーティーという場所で、初対面の男性に対して避けるべき話題や行動を理解した上で、最後に3つのポイントをお伝えしたいと思います。

こういう婚活パーティー必勝法の類のサイトを見ていると、あれこれとたくさんのことが書いてあるのですが、結局はこの3つに限ります。

とにかく、男性は単純な生き物です。「話していて居心地がいいな」と思ってもらえるように、この3つをおさえておきましょう。

あいづち上手な女性になるべし

先ほども言ったように、あいづちは大事です。気のないあいづちをしていると男性は去ってしまいます。

男性と話をするときには、常に目を見て楽しそうに話を聞くことと、絶妙なあいづを心がけましょう。

絶妙なあいづちといっても何も難しいことはありません。ただ、相手の話に共感することが大事なだけです。

私もそう思います!」「すごいですね!」「本当ですか?!」など楽しんで話を聞いていることが相手に伝わるようなあいづちが出来れば、相手の男性は気分が良くなり、どんどん自分の心を開いてくれることでしょう。もちろん会話の最中の笑顔も忘れずにいてくださいね。

また後で話したい!その意思を伝えるべし

男性は、女性から気に入られていると感じると単純に喜びます。「俺の話でこんなに楽しんでくれたんだ」といい気分になれるわけです。

なので、婚活パーティーで気に入った男性がいたら、会話の最後に必ずあなたの気持ちを匂わせてください。「あなたと話せて楽しかった!」という意味の言葉を必ず最後に言うようにしてください。そして、極めつけに「また後で話したいです」という言葉を付け加えるのです。

今回で終わりではなく、またちゃんと時間をとって話せる機会を持ちたいという意思を男性に伝えておくことが大切です。ある程度しっかり「また後でお話しできたらいいな!」と可愛く伝えておく必要があります。

こう言われて嫌がる男性はいません。安心してアピールしてくださいね。その後にフリータイムがある場合はきっとこの男性はあなたのところへ戻ってきてくれるでしょう。

とにかく相手を褒める

褒め上手な女性はモテます。これは事実です。

実際、婚活パーティーや出会いの場に行くと、こういうことがとってもうまく出来る女性を目にすることがあります。女性から見ると「わざとらしいな」と思うくらいの褒め方であっても、どうやらそれが男性にとっては嬉しいようですね。

「え!そんなこと出来るんですか!すご~い!!」

「そんな何回も海外行ってるんですね!すご~い!私も行きたいです~!」

「え~!全然知らなかったです!〇〇さんって物知りですね!すご~い!」

こういう褒め方が自然にできる女性は、モテるのです。それがもう嘘であったとしても、男性は大喜びします。褒めるポイントというのは実際何でも構いません。例えば相手の男性のスーツを褒めたり、「素敵なネクタイですね」と言ってみたり、でも一番いいのは相手の内面を褒めることです。

ただ、出会ったばかりでなかなか難しいかと思いますが、例えば

〇〇さんと話すのってすごく楽しいです!時間があっという間でびっくりしました!

「わたしいつも人見知りなのであんまり話せないんですけど、〇〇さんってとっても話しやすいですね!すごく楽しかったです」

こういう褒め方は、相手の内面を褒めているもので、褒められた男性側も自分を特別に褒めてもらったと実感することが出来ます。一番効果的な褒め方ですね。

 

まとめ

婚活パーティーにおいて、どのように男性にアプローチすればよいのか、何に気を付けるべきなのかについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

難しく考える必要はなく、とにかく自分に自信をもって挑むことが大切です。

婚活サイト恋活アプリと違い実際に会って話をするため緊張される方も多いですが、気分よく会話が出来さえすればそれで問題ないのです。あなたも是非自信をもって頑張ってみましょう!