婚活パーティー、皆さんは参加されたことがありますか?

恋活アプリ婚活アプリ結婚相談所など、婚活に興味のある女性にとって、婚活パーティーはとっても参加しやすい婚活のひとつです。とりあえず婚活パーティーから始めてみようと考える女性も多いですね。

参加の手続きもとても簡単な婚活パーティーですが、そんな婚活パーティーだからこそ常にリスクもあります。

「既婚者が参加しているケースがある」

これに関しては、運営側も防ぎようのないところで、基本的に皆の良心にかかっていることですので、何とも難しい問題なのです。婚活パーティーに既婚者の身で参加しようなんて、どう考えてもあってはならないことです。

今回は、そんな既婚男性に引っかからないように気を付けていただきたいという思いを込めて、既婚男性の参加者の見抜き方やその特徴について、お伝えしたいと思います!

そもそもなぜ既婚者の男性が参加するの?

大体、既婚の男性が参加する意味が理解できない!そう思う女性も多いと思います。一体なぜ既婚者なのに参加する男性がいるのでしょうか。

答えは実にシンプルです。

「既婚であろうと、女性と出会いたい!出会いの場が欲しい」からです。

こういった男性というのは、悲しいですがやっぱり絶対いるものです。

結婚していて、子供がいても、やっぱり女の子と遊びたいんでしょうね。こんな男性と結婚した女性が不憫です・・。

 

とにかく、既婚の男性は婚活パーティーなら「ちゃんとした女性」と知り合えるんじゃないかと思っていて、そこを狙ってくるわけです。ここで言うところの「ちゃんとした」というのは、まともな女性のことで、それは見た目だったり性格だったりするわけですが、自分は結婚していても相手はちゃんとした女性と知り合いたいという男性のわがまま的な考え方ですね・・。

そして、不思議なことに、結婚していても「恋愛」をしたがる男性というのがいるのです。これまた許せないことではあるのですが、「恋愛特有のドキドキを味わいたい」と思うのでしょう。だからこそ、きちんと真剣に出会いを求めている女性を求めて婚活パーティーに紛れ込むのです。

 

既婚者の男性にまんまと騙された話(実話)

私の友人に、既婚者の男性にまんまと騙された経験をした女性がいます。彼女の体験を紹介しましょう。

彼女(以下A子)は婚活にかなり打ち込んでおり、毎週のように婚活パーティーに参加しては、出会いのチャンスを求めていました。ですが、なかなか好みの男性と巡り合えず苦戦していたのを覚えています。

そんなA子がとある婚活パーティーで「まさにドンピシャの好みのタイプと出会えた」と騒いでいたことがありました。

ここから二人は急接近し、結婚を前提にお付き合いが始まったのです。

彼は営業マンだと言っていました。そして土日休みの仕事ではあったものの、なかなか土日も休みが取れないので、という理由で平日の仕事アフターの時間で良くデートをしていたようです。彼女はひとり暮らしだったのですが、彼の方は実家暮らしということで彼がいつもA子の家に来るようなパターンでした。そんな付き合いが三か月ほど経った時に、A子の携帯に非通知で電話がかかってきたことがありました。

その時、特に何も考えずに電話に出たA子はここで恐ろしい事実を知ることになります。「〇〇(男性の名前)の妻ですが」と電話の向こうの女性はそう言ったそうです。A子は全く状況がつかめず、「はい!?」という感じだったようですが、あまりにも冷静な彼の奥さんの話に、「全て嘘だったんだ」と事実を受け入れる他ありませんでした。

そこから彼とは会うこともなかったようです。何せ、二度と会うなと奥さんから言われていましたし、そもそもそれ以降男性から連絡もありませんでした。悲しいですよね。

 

そんなことが身近で起こったものですから、私自身も「本当にこんなことってあるんだな」と思うようになりましたね。

 

婚活パーティーの中に潜む既婚男性の特徴

それでは、こういう既婚者男性に騙されることのないように、どういう点に気を付ければ既婚の男性を見抜くことが出来るのかについてここからは書いていきたいと思います。

まずは、敵を知らなくてはなりません。婚活パーティーに堂々と既婚者の身で参加するような男性というのは、やはりちょっと他の参加者とは違う点があるはずです。

その特徴を三つ、紹介したいと思います。

 

特徴①結構チャラいが話は面白くモテるタイプの男性

既婚者が婚活パーティーに参加する場合に、一体どのような特徴がみられるのか、知りたいところですよね。まずひとつ目がこちらです。いわゆる「チャラい系」の男性です。

結局、こういう既婚者男性というのは、「ちょっといい感じで遊べる女性」を探しているわけなので、結婚相手候補を真剣に探しに来ている男性とは、まず真剣度が全く違います。それがやはり会話の端々に見られるのです。

そして、話しやすい男性にも気を付けなくてはなりません。そもそも、婚活というのは男性も出会いを求めに来ているわけで、普段から婚活パーティーの力を借りなくとも出会いをつかみ取りに行ける男性というのは、やっぱり自分の力で出会いを拾って行くわけですから婚活パーティーにはあまり参加しません。

よって、婚活パーティーに参加しているのにかかわらず、そんなパーティーが必要とは思えないほどのコミュニケーション力がある男性というのは、ちょっと注意した方が良いと言えるでしょう。

 

特徴②プロフィールカードの入力が適当な男性

次にこちらです。プロフィールカードというのは、ほとんどの婚活パーティーで記入するものです。つまり自分がどういう人間なのかを事細かにアンケート形式で書くもので、結構項目も多いものです。記入したカードは、その後で男性とお話しするときに、話のネタに使っていくので、結構大事なものだと言えます。

既婚者の男性というのは、やはりここでも言いますが、「真剣な出会いを探しに来ているわけではない」ので、こういうカードの記入なんかは、とっても適当になります。無理もないですよね。わりと真面目な参加者が多い婚活パーティーですから、このようなカードを適当に記入している男性というのはやっぱり目立ちます。気になりますよね。

このような「参加の姿勢があまり誠実でない」と感じさせるタイプの男性にも気を付けましょう。もしかすると既婚者である可能性もゼロではありませんからね。

 

特徴③あんまり緊張感がない男性

フリータイムになると、自由に男性も女性も異性と話すことが出来ます。こういう時はフルにチャンスを活かして、だくさんの男性とお話しするのがベストなのですが、ここでもやはり気を付けなければならないことがあります。

それは、「話していて、見ていて、緊張感のない男性は怪しい」ということです。考えても見てください、限られた時間の中、婚活パーティーに参加して、その日に出来ることなら素敵な相手を見つけたいと思うのが参加者として当然の考えですよね。

なのに関わらず、やけにのんびり構えている男性というのはやっぱり変なのです。特に積極的なところが全く見えなかったり、もしくはまるで「合コンのように気楽にいろんな女性と楽しそうに話している男性」というのも怪しいです。

つまり、「この人本当に結婚相手探しに来てるのかしら」と思わせる男性というのは、ちょっと疑ってかかった方がいいかもしれない、ということです。もちろん疑いまくるのはよくありませんが、注意しておくに越したことはありません。

 

既婚者をブロック!この質問は絶対にすること

 

既婚者で婚活パーティーに参加する男性に共通するポイントをご理解いただいた皆さんに、ここからは実際に婚活パーティーに参加した時に、どのような質問をすれば既婚者をちょっぴり動揺させることが出来るのか、について書いていきたいと思います。

 

これらの質問は、至って普通の質問ですが、ちょっと突っ込み方を意識することで「やべ」と思わせることが出来ます。まずはこれらを試してみて相手の反応を見ていきましょう。

 

その①「どんな仕事されてるんですか?」職場を聞き出す

良く普通の会話の中でもこういう質問は出てきがちです。どんな仕事をしているかと聞くことによって、ここで何を知ろうとしているか、皆さんは考えたことがありますか?もちろん興味本位で職種を聞く意味はもちろんですが、ここからの話を掘り下げることによって、会社まで突き止めてしまうことが目的なのです。

 

あなた「どんなお仕事されてるんですか?」

お相手『営業ですよ』

あなた「へぇ!何系の営業さんなんですか?」

お相手『車ですね、ディーラーです』

あなた「すごいですね!車好きなんですか?トヨタとか?」

 

というように突き止めていくことで会社がだんだん絞られてきますよね。

既婚の男性というのは会社名や勤務先を知られたくないという思いが強いようで、こういう質問を上手くかわそうとする傾向があります。

 

ちなみにですが、もしあなたがこういう質問を男性からされる時もあるかもしれませんが、個人情報なので初対面では明かさないようにしたほうが賢明ですよ。

 

その②「自炊とかされるんですか?」と普段の食生活を聞き出す

次は、生活スタイルについての質問から相手をちょっとギクッとさせる戦法です。これは日ごろの食事についてどのようにしているかの質問なのですが、結構突っ込んでいくと既婚の男性には答えづらいところもあるようで、割とあからさまに「妙」なリアクションを取る男性もいますよ。

 

あなた「日ごろ何食べてるんですか?結構外食ばかりになりません?」

お相手『そうですね、まぁ結構家で食べてるほうかもしれませんねぇ』

あなた「そうなんですね!自炊とかされるんですか?男性って結構コンビニとかばっかりだから」

お相手『あーまあ適当にちょっと作ったりとかですかねぇ』

 

こんな風に話を膨らませたくなさそうな反応が見えた時には要注意です。本当は自炊もしなければ外食もコンビニ食でもない為、答えづらい質問なので、早く終わらせたいのです。既婚者の男性にとって、家の中での生活について触れるような話題はとっても嫌なものですし、どうにか話をそらしたいという思いが強いのも納得です。

 

その③「お休みの日って土日ですか?」とあいている日を聞き出す

これもとっても効果的です。よく、既婚者の男性が既婚であることを偽って女性と会っている時にありがちなのが、「日曜日に会ってくれない」というパターンです。仕事が休みの日曜日に、会おうとしないというのはもうかなり怪しいですよね。

 

毎回毎回「仕事が入っちゃって」とか、「飲み会があるから」とか、言い訳をして日曜のデートを避ける男性というのは既婚の可能性が高いです。これを婚活パーティーの段階で見抜けたらリスクを減らすことが出来ますよね。是非とも皆さんにもこの点に早めに気づいていただきたいです。

 

あなた「ところでお休みって土日ですか?」

お相手『そうですね。基本カレンダー通りですよ』

あなた「そうなんですね!週末って何されてるんですか?」

お相手『結構仕事関係の予定が入ることも多くて、接待とか、なんやかんやで潰れることも多いですね・・』

 

もちろん、本当に接待で週末も仕事みたいな状態になってしまうこともあるとは思います。ですが、このように初めから土日休みなのに土日に暇がないことをアピールしてくる男性というのは、「ちょっと怪しい」と思っておいてもいいでしょう。

 

まとめ

今回は、婚活パーティーに潜む既婚男性参加者のことを書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

婚活パーティーに参加するのに、既婚者につかまりたくない、と思うのは当たり前です。今回は、そんな皆さんに向けて、「既婚者に引っかからないようにするための心得」を紹介させていただきました。

とはいえ、せっかくの婚活パーティーですから、疑ってばかりいるのも良くありませんね。

せっかくなのでしっかり前向きな気持ちでお相手と接することをおススメします。その中で、今回お伝えした内容を頭の片隅に入れておいていただければ大丈夫です!

 

皆さんの婚活が、上手く進みますよう心より応援しています。婚活パーティーは出会いを広げるのに最適な場所です!是非どんどん参加していきましょうね!

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介