合コンや婚活パーティーに参加してみたものの、いまいち話が盛り上がらずにもやっとしていませんか。

見た目がタイプであったとしても、趣味が合わないと会う回数ごとに距離が縮まるどころか、「あぁ、人って違うもんね」と妙に悟りのような境地になるものです。

しかし、趣味の合う男性との出会いを求めているのなら、普通の出会い方ではなくSNS利用がおすすめです。

その理由と3つのSNSごとの利点を踏まえて、お伝えしていきます。

SNSで趣味の男性との出会える理由

合コンや婚活パーティーなどの男女の出会いの場に参加しても、趣味が合わずにがっかりした経験はありませんか。

それもそのはず、一般的な出会いの場は見た目が9割といっても過言でないほど、見た目が重視されているからです。

第一印象がプラスならアドレス交換ができ、デートをして交際へと発展する可能性を秘めています。そのため男性も清潔な装いをし、話しかけやすいようにトークを磨いて来ます。

しかし魅力的だと思って話してみると、見た目に反して話が合わなかったり、趣味が大きく離れていて楽しいデートができなかったりします。それはお互いにプロフィールを隠し、第一印象の良いようにふるまっていることが原因の1つです。

 

対するSNSでの出会いは、まったく別のアプローチ方法です。タイムラインや日記などで、自分の好きなことやお気に入りの趣味などを投稿していたり、趣味の写真を高らかに掲げていたりします。匿名性があることに加えて、内面性をSNS経由で表現していることが関係しています。趣味の合う男性と出会いたいのなら、SNS利用が有効なのです。

しかしSNSと一言で言っても、それぞれ特徴があります。そこで3つのSNSの特徴とメリット・デメリットを取り上げます。

 

mixiの特徴・メリット・デメリット

 

まず1つ目がmixiです。話下手であったり、人見知りであったりしても、コミュニティが多数存在するため、簡単に仲良くなれます。

出会いを目的にしたオフ会や友達・恋人を作ろうコミュニティから、料理・読書といった共通趣味のある人がシャアするコミュニティ、オタクな趣味や特技を披露しあうコミュニティ、学びをテーマにしたコミュニティなどバリエーションに富んでいます。

気になるコミュニティに入って発言をし合えば、簡単に仲良くなれます。自分の容姿に自信がない方や外見より内面で仲良くなりたい方には、mixiは良いでしょう。

 

mixiのメリットとしては、本名や顔写真を公開することがなく、匿名性や秘密を保てます。日記で部分公開ができるため、写真や起こった出来事を一部の人にだけ知らせることもできます。

またコミュニティの数が多いため、実社会では理解されにくい趣味を持っている方やオタクな方も、同じ趣味の男性と仲良くすることが可能です。

加えてほとんどの人がプライベートアカウントとして利用しています。匿名性が高いため、本音での書き込みが多い特徴があります。本音や価値観なども日記やコメントを通じてにじみ出やすく、性格をある程度把握することができます。

 

デメリットとしては相手の素性を知ることができない点です。匿名性が高いため、住んでいる場所や仕事、本名や顔立ちなど、不明瞭な状態でコンタクトを取り合う形になります。きっとこんな人かなと思って実際に会ったら、まったくイメージと違っていたり、ネット用に作られた性格を演じていたりする可能性があります。後悔しないために、会うまでに何度も連絡を取り合ったり、顔写真を交換し合ったりなどの工夫が求められます。

 

mixiで趣味の合う男性と出会う方法

mixiで趣味の合う男性と出会いたいのなら、コミュニティを活用することです。漫画や小説などが好きなら本のコミュニティに、ファッションが好きならファッションのコミュニティに入ることをおすすめします。そうすることで同じ趣味の男性と知り合い、出会うチャンスが上がります。

コミュニティに入れば、入っている人の確認ができます。プロフィールを見に行けば、足跡がつくので相手に通知ができます。全体公開のブログを読んでコメントしたり、伝えたい内容をメッセージしたりなど、積極的にやり取りをしましょう。

メッセージやコメントのやりとりを繰り返し、もっと話したいと思う方がいたら、リアルで会いましょう。自分から会いたいというのが恥ずかしかい方や男性から言ってほしい方は「○○さんの声は、どんな声なのかなぁ」「リアルな○○さんにも興味があります」と匂わせる言葉を送ることです。相手の男性もあなたに興味があれば、直接会うことに繋がります。

もし趣味が合うと感じる男性が見当たらないなら、コミュニティ内のオフ会を活用しましょう。ブックトークオフ会やバーベキュー大会など、同じコミュニティ限定のイベントが行われています。参加者は同じコミュニティのため、趣味が合う男性と出会える可能性も高まります。

 

アメブロの特徴・メリット・デメリット

 

2つ目のSNSがアメブロです。アメブロは、サイバーエージェントの運営するアメーバブログのことです。その名の通り、ブログ(日記)がメインとなっています。

アメブロ利用者は、仕事用とプライベート用の両者が混在しています。パッと見どちらかがわからなかったとしても、入っているコミュニティを見れば、ある程度把握ができます。

ビジネス目的の利用者はアプリやゲームの利用が少なく、コミュニティもほとんど入っていません。けれどもプライベートでの利用者は、コミュニティに入っている人も多く、アプリやゲームも複数利用しています。

日記を書いている人の場合、価値観や趣味嗜好がにじみ出ます。嬉しかったことや楽しかったこと、出かけた場所や欲しいもの、苦しいことや悩みなど、その人の書き方や書いている内容から人間性が表に出てくるので、会う前からある程度人柄がわかります。

 

メリットとしては日記から興味のある方向性、好きなことや嫌いなことなどが把握できることです。起こっている出来事に対してどのようなものをキャッチし、どう感じるのかは、日記を見ると歴然としています。たとえ仕事用のブログであっても、絵文字が多い方と句読点しか書いていない方では真面目さやユニークさが変わってきます。

コミュニティからは興味の方向性が出てきます。読書のコミュニティに入っているのなら、本を読むのが好きなのかもしれません。スピリチュアルや占いのコミュニティに入っているのなら、目に見えない世界観を大事にしていたり、運命を信じるロマンチックな人かもしれません。コミュニティから性格や価値観、趣味嗜好などが見えてきます。

 

デメリットとしては閲覧専用で利用している方が少なくない点です。初期設定のままのプロフィールで、ほとんど記載のない方もいます。もちろん、びっちり書いている方もいますが、プライベート利用においては少数派かも知れません。

 

アメブロで趣味の合う男性との出会う方法

アメブロで趣味の合う男性と出会いたいのなら、まずはしっかりプロフィールを書くことからおすすめします。好きなことや嫌いなこと、好きな言葉や習慣など複数の質問事項があるので、それらを埋めていきます。

つづいてアイコンをいじりましょう。好きなアニメのキャラクターやお気に入りのスポットなど、自分の個性や趣味がわかるようにすることが先決です。

そこまでしたら、ブログを始めましょう。アメブロのあいさつとして、挨拶とブログへのコメントやいいね機能があります。しかしブログを始めていないことには、いいねができずにコミュニケーションを十分に図ることができません。ブログを始めることで共感する人がコメントをしてくれたり、コメントを繰り返して仲良くなったりすることが可能です。

もし文章を書くのが苦手で何を書けばいいのかわからずに、戸惑うのなら、好きなことや今日あったことを綴ることからスタートしましょう。しっかり書くことが大切なのではなく、あなたの考えや価値観、趣味や嗜好をアウトプットして、共感できる男性と知り合うことが大事なのです。

ある程度記事が溜まったら、趣味のコミュニティに入って積極的にコメントをしたり、同じコミュニティメンバーにメッセージを送ってみたりしましょう。交流を図りたい意図があれば、返信してくれます。

その際にはビジネスメインのブログを書いている人にメッセージを送るのは控えた方が吉です。なぜなら男女の出会いを求めているのではなく、顧客獲得や自社PRが目的にあるからです。

 

健全な男女の出会いを求めているのなら、コミュニティに入ってメンバーにメッセージを送ったり、共感できるブログを書いている人にコメントをしたりしましょう。地道にコツコツ繰り返すことで分かち合える人と出会い、趣味の合う人とリアルで交流を図ることに繋がります。

 

Facebookの特徴・メリット・デメリット

 

3つ目の方法がFacebookです。10代から70代まで幅広い年代が利用している媒体で、ビジネス目的で使っている人も多く、礼節をわきまえている方も少なくありません。

Facebookの主な特徴は実名主義であることです。Twitterやmixi、ブログなどはニックネームやハンドルネームなどのあだ名が多い特徴があります。

しかし海外から入ってきたFacebookは実名主義で、ほとんどすべての方が本名で登録しています。

加えてプロフィールの欄に住んでいる場所や仕事先、自己紹介などの記入欄があります。ブログやmixiであってもプロフィールの項目はありますが、具体的な勤務先の所在や会社名などを記入する方はそれほど多くはありません。けれどもFacebookではビジネス利用も多く、素直に勤め先名や勤め先の所在を書いている方も多数存在します。

写真も食べたものや出かけた場所などの写真を掲載している方も多いですが、自分自身の顔写真や友達とのツーショット、会社の忘年会風景などを掲載している方も少なくありません。それだけ透明性の高い媒体と言えます。会う前からその人の交友関係や仕事、価値観などをある程度以上知ることができます。

 

メリットとしては、インターネット上の出会いであっても、相手の本名や勤務先がわかったり、顔写真が掲載されていたりなどの透明性の高さです。ネットの出会いというと嘘をついたり、見栄を張ったりする人もいます。しかし実名主義の媒体のため嘘をついている人は少なく、相手の詳しいプロフィールを知った上で出会えます。

さらに実名であることから悪さをしたり、人に迷惑をかけたりする人も少ない傾向にあります。迷惑な絡み方をされたとしてもブロックしたり、通報したりすることができるため、比較的安全に出会うことができます。

 

デメリットしては、自分自身のプロフィールをネット上にさらす必要があることです。Twitterやmixiに慣れている人やネットの利用頻度の少ない人の場合、本名を不特定多数が見る場所に乗せることに抵抗がある場合も少なくないことでしょう。しかし、だからこそ相手も嘘がつきにくく、ちゃんとコミュニケーションが取れるメリットもあります。

 

Facebookで趣味の合う男性との出会う方法

 

Facebookで趣味の合う人と出会いたいのなら、本名で登録し、恥ずかしがらずに自分の写真をプロフィール写真に設定し、プロフィールを埋めることから始めましょう。

プライバシーの観点から載せたくないかもしれません。しかし詳しく書いた方が信頼を得ることができます。タイムラインに思ったことや自分の考えを書いたり、今日あったことをアウトプットしたりすることで、自分の考えを表明でき、近しい人といいねやコメントでやり取りできます。

またイベントが積極的に行われています。同じ趣味の男性と出会いたいのなら、アニメ好きの朝活やスポーツ命のためのトーク会など、趣味に合うイベントに積極的に顔を出しましょう。フットワークの軽い人も多いので、他の媒体のように何度もメッセージのやり取りをしてオフをするというよりも、趣味に合うイベントに参加をして、参加者同士で仲良くなることが可能です。しかし実名主義のfacebookの場合、ちゃんとプロフィールを整えた方がリアルで会った男性からも信頼を得やすい傾向にあるので、忘れなく記入するようにしましょう。

 

まとめ

SNSでの出会いというと、顔も知らない人と会うことになるため抵抗感を感じる人もいるかもしれません。

しかしSNSの場合には、プロフィールを掲載した上で出会うことになるのが一般的です。実社会では受け入れがたい趣味を持っていたり、少数派の趣味を持っていたりする方は理解しあえるパートナーが少なく、がっかりすることも多いものです。

mixiやアメブロ、facebookを利用することで、同じ趣味を持っている人と共感し合い、出会うことができます。

3つのSNSのうち自分に合う媒体を選び、趣味の合う男性と効率的に出会いましょう。

これら3つ以外の方法としては婚活サイト・恋活アプリなどもあります。これらについては以下の記事で解説していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介