片思いの男性に思いを伝えたいとは思うものの、どこでどのように告白しようかと悶々と悩んでいませんか。

単に気持ちを伝えるだけでなく、告白をOKしてもらって彼女になりたいと思う一方で、どのアプローチが効果的かなんてわからずに、不安に駆られて告白する気持ちがまた揺らいでしまうものです。

 そこで今回は「片思いを成就させるための告白の前準備&シチュエーション」についてお伝えします。

告白でOKをもらうためには事前準備がすべて

 

片思いの男性と付き合いたい気持ちが募ると、どのような場面でどのような言葉を選択して想いを伝えようかと「告白のしかた」にばかり意識が向く方も少なくありません。もちろん、思いを伝えたいだけなら、それでも問題はありません。けれどもほとんどの方が告白して、大好きな人と恋愛成就したい気持ちが強いことでしょう。

 

片思いの状態から付き合いたいのなら、告白をする前に絶対にしなくてはならないことがあります。そうでないと気持ちが伝わらずに玉砕し、つらい失恋を経験する可能性が高まってしまいます。さて、告白する前にしなくてはならないこととは、どのようなことだと思いますか。

それが事前準備です。告白して付き合いたいのなら、きちんと準備をしておくことが欠かせません。これは物事の準備や段取りではなく、関係性の事前準備のことです。

片思いの男性とあなたとの関係性は十分に仲良くなれていますか。同じ会社で働く間柄であれば、平日は毎日会話をしているかもしれません。しかし、会社内での会話だけであれば、同じ会社の仲間もしくは同僚としか見られていない可能性があります。また片思いの男性があなたの魅力や良さを理解していないと、告白しても恋愛成就させるのはなかなか厳しいものです。

告白するのであれば、職場の仲間や同僚としてのかかわりだけでなく、異性として好意を抱いてもらう必要があります。具体的には、連絡先を交換して毎日のようにLINEでやり取りをしていたり、プライベートでデートを重ねていたりなどです。

プライベートで会ったり、facebookメッセージやLINEなどで毎日のようにやりとりしていたりするのなら、相手もあなたのことを意識しているでしょう。しかし仕事用のメールでの業務やりとりだけの関係や職場の休憩中に雑談するだけの関係ならば、仕事仲間としてしか思われていない可能性も高いのです。

 

もし片思いの相手と関係が煮え切っていないのなら、まずはプライベート用の連絡先を交換して、プライベートでのやり取りをしたり、休日にお茶をしたりする関係性にまで持っていくのが先決です。告白は言い方やシチュエーションも関係してきますが、それ以上にどのような関係性を築けているのかが大きく関係してきます。まずは仲良くなりましょう。

 

告白を失敗しないためのチェックポイント

告白で玉砕しないために注意したいことがもう1つあります。それが片思いの男性の好意の確認です。

 

告白をして振られる女性の多くが事前準備としての関係性が煮え切っていなかったり、男性の気持ちを考慮せずに告白していたりします。これから告白する男性はあなたへの好意を示してくれているでしょうか?

もし好意を示してくれていないのなら、告白はまだ早いかもしれません。片思い相手の気持ちが盛り上がっていなかったり、あなたへの気持ちが気になる程度であったりすると、告白しても成就しない可能性が高まります。

告白するタイミングが自分本位になっていませんか。どうしようもなく気持ちが抑えきれないくらいに好きになってしまい、告白をしたいと思うこと自体は悪いことではありません。それだけ人を好きになれるのは素晴らしいことです。

けれども片思いの男性に自分のことを好きになってほしいのなら、相手のタイミングを考慮した方が恋愛成就しやすくなります。告白失敗しないためには、「男性の好意を確認して告白」しましょう。

 

男性が好きな女性に示す好意サイン

片思いの男性の好意を実感してから告白した方がいいと頭ではわかっても、どのような行動や発言が好きな女性への好意の示し方だかわからず、困ってしまう方もいるかもしれません。けれども、心配はご無用です。なぜなら女性と比較すると、明らかに男性の方が好きな女性への態度の示し方はストレートに出るからです。

 

女性の場合にはさりげない気遣いやアプローチが多いけれども、男性の場合はダイレクトでわかりやすいアプローチが多い傾向にあります。だからこそ、よく見ていれば気づけることが多いです。ここではわかりやすい2つのサインをお伝えします。

1つ目は優しさ、親切さです。好きな人に対して優しくしたいと感じるのは女性だけではありません。多くの男性が好きな女性に対して優しい心配りを見せたり、他の女性との態度よりも親切になったりします。その態度は女性よりもダイレクトであるため、傍目で見れば歴然としています。他の女性よりも親切にしてくれていたり、思いやりのある発言が多かったりしたら、好意がある可能性が高いでしょう。

2つ目のサインは会話量の多さです。好きな人と話したいと感じたり、もっと好きな人のことを知りたいと願うのは、男性も同じです。男性からのLINEの返信スピードが速くなったり、電話の回数が増えたり、話しかけりする行動が増えたりしたら、好意がありアプローチしている可能性が高いと言えます。

 

男性に好意を持ってもらうために有効な方法

 

片思いの男性から好意のある行動がないからと言って、がっかりする必要はありません。今はまだ距離があったとしても、アプローチ次第であなたのことを好きになる可能性は十分にあります。これから好意を持ってもらうためのアプローチをすればいいだけです。

 

好意を持ってもらうためのアプローチと言っても、難しいことはありません。男性は女性よりも直線的なアプローチを好むため、わかりやすい方法が有効です。女性のさりげない心遣いは鈍感な男性や恋愛経験が少ない男性の場合、気づいてくれません。気づいてほしいのならダイレクトに、誰もがわかるような行動や発言をしましょう。

たとえば困りごとに対して、片思いの人に相談をしたり、「○○さんだからこそ打ち明けられる」と伝えてみる方法も効果的です。そうすることで頼ってくれた嬉しさと、あなたが片思いの人に対して特別であると伝えることができるからです。

プライベートで会ったり、LINEやり取りが頻繁であったりなどの親しい関係になっているのなら「寂しい」「○○さんと会いたい」と伝えてみるのもアリです。弱さを見せることで、男性は守ってあげたい気持ちに駆られて、期待に応えたいと思います。男性の守ってあげたい気持ちを掻き立てることで、片思いの人にとっても大事な人に切り替わることが少なくありません。

 

女性らしさや家庭的な雰囲気などを好む男性には、お菓子や手料理などをふるまうと、好感度がグッと高まります。料理好きや得意な方は、片思いの男性に手料理の差し入れも効果的です。試してみましょう。

 

告白ベストタイミングは夕方か夜

男性からもLINEやり取りが頻繁になってきたり、プライベートで会ったりするようになったりなどの関係性が近づいてきたら、いよいよ告白のタイミングです。

 

告白はプライベートで会うようになって3回目が目安と言われていますが、普段から同じ会社で働いていて、やりとりやプライベートの電話やり取りなどをする仲になっているのなら、多少前後しても問題はありません。むしろデートの回数よりも、男性の好意を示すサインが出ているかを目安にした方が良いでしょう。

告白をするタイミングは、真っ昼間の太陽がさんさんとしている時間帯よりも、デートの別れ際や夕食時などの夕方や夜が効果的です。デートを楽しみ、終盤に差し掛かったころであれば、場が温まっているのでおすすめできます。

 

男性が告白されて嬉しい場所3選

 

続いて告白をする際の場所選びです。つい女性目線で選んでしまいがちですが、女性と男性だと告白された居場所がやや異なる傾向にあります。自分にとって告白されたい場所ではなく、あくまで男性目線で場所を選ぶようにしましょう。

 

男性にとって告白は嬉しいものであり、同時に恥ずかしい気持ちになったりもします。だからこそ人目につかない場所で想いを伝えましょう。

しかし人目のつかない場所と聞いて、告白の手段にLINEや電話を選んでは嫌がられる可能性があります。なぜなら告白はちゃんと目を見てされたいと思っている男性が多いからです。恥ずかしいかもしれませんが、告白は直接会って伝えるようにしましょう。

人目につかない場所と言われても、告白が初めてであったり、あまり告白をされたことがなかったりすると、どのような場を指すのかがイメージできないかも知れません。ここでは3つ具体例を出しますので、参考にしてみてください。

1つ目は人の少ない公園です。公園内の植物を一緒に眺めながら告白したり、ベンチに腰かけて落ち着いて話しているときに伝えたりしましょう。昼間であれば子連れが多く、小学生のグループが遊んでいたりと賑わっていて、伝えにくくなるかもしれません。しかし夕暮れ時であれば、子どもたちは家に帰っています。人気の少ない公園は静かにじっくり語ることができ、男性も静かな場所であればゆっくり聞く姿勢が取れます。

2つ目は夜景の見えるスポットです。ビルの屋上や夜の観覧車の中などは、夜空や夜景が目に飛びこんできてロマンチックな気持ちになれます。話題の夜景の見えるデートスポットを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、それは避けましょう。話題のスポットの場合、告白シーンの最中に人が通過してムードが台無しになったり、人の話し声で聞き取れずにもう1回言う羽目になったりするリスクがあるからです。人気のない場所を狙いましょう。観覧車の中であれば確実に二人きりなのでおすすめです。

3つ目は静かなバーやレストランです。レストランと一言でいっても、ファミリーレストランや人気店を選んでしまうと、人が多かったり、にぎわっていたりして言い出しにくくなるので注意しましょう。またバーも席の間隔が近すぎると、会話が筒抜けになる危険性があるだけでなく、気が散ってしまって男性側も落ち着いて聞いてくれません。そうなるとせっかく好意を持ってくれていても、雰囲気が悪く断られかねません。選ぶポイントは「静かさ」です。落ち着いた静かな雰囲気の場所を選ぶと、ムードもよいので言いやすいでしょう。失敗しないためには下見をしたり、行ったことのある場所を選択した方が無難と言えます。

 

片思い成就させたいならストレートな告白を

最後に「どのように思いの丈を伝えるか」です。読書好きな女性やロマンチックな女性であれば、あれこれと告白のセリフをどのようにしようかと考え込んで、準備しようとするかもしれません。

しかし回りくどい言い方をすると、男性は気づきません。女性がされて喜びそうなセリフを男性も好むとは限らないのです。「いつまでも○○さんの隣にいたい」などの表現は愛情表現とは受け取ってもらえますが、告白と見なしてくれない男性が大多数です。恋愛成就したいのなら、恥ずかしさに負けずにストレートに言いましょう。

好きです。付き合ってください」「○○さんの優しいところに惹かれました。付き合いたいです」

 

男性に告白をしてOKをもらいたいのなら、あれこれ小細工はいりません。理由を長々と伝えるのではなく、文学的な表現をしようとするのでもなく、直球勝負で伝えましょう。正々堂々とした告白はダイレクトに男性の心に響きます。怖いかもしれませんが、はっきりと思いを伝えるようにしましょう。

 

まとめ

片思いの男性への思いが日増しに募っていくと、堪えきれずに告白したい衝動に駆られるかもしれません。

しかし告白して恋愛成就したいのなら、事前準備がものを言います。

男性側にも好意がないと振られてしまう可能性が高まってしまうのです。片思いの人と付き合いたいのなら、LINEや電話でやり取りする関係性になり、何度かお茶や食事をしたりなどのデートを繰り返して、仲を深めていきましょう。

片思いの男性からも気遣いの言葉を投げかけてもらえたり、LINEの返信が速くなったり、デートに誘ってもらえることが増えたりしたら、男性にも好意がある証拠です。

このタイミングまで来たら、勇気を出して告白です。ドキドキして直前で勇気が出なくなるかもしれませんが、男性からの好意が確認できる状態であれば、恋愛成就する可能性も十分にあります。

  ロマンチックな雰囲気になれる月夜の見える静かな公園や夜景の見える場所を選び、はっきりと「好き」と告白しましょう。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介