お茶やドライブなど、デートを繰り返して相性を確かめるのも悪くありません。けれども交際23年後に相手に結婚の意向がないことがわかったり、価値観が決定的に違ったりしたら、その時間がもったいないと感じるのも当然のことです。

嘆き悔しんでも費やした時間は戻りません。婚活中なら早い段階で相性を見極めたいと思う方も多いことでしょう。

そこで今回は素早く相性を見極める心理テクニックについて紹介します。

 

相性を見極めるコツは会話でジャッチを

1つ目の相性を見極めるポイントは会話です。

デートしている相手は、話していてワクワクと心が弾むような楽しさがありますか。結婚する上での相性を確かめたいのなら、何気ない会話で楽しいと感じられる相手を選ぶ方が良いでしょう。

 

デートスポットやコンサートなどのデートは、結婚後も続くわけではありません。結婚後は毎日顔を合わせ、夫婦となって活動します。一緒にご飯を食べたり、同じ布団で眠ったり、仕事に送り出したり、掃除や買い出しをしたりなども、最初のうちこそ新鮮さがあれどもだんだんと馴染んでいき、わくわく感も沈静化します。 

カップル時のようなデートスポットに行かなかったとしても、何気ない会話で楽しめる相手を選ぶようにしましょう。そうすることで一緒に暮らすようになっても退屈することなく生活が送れます。

 

婚活女子が相性を見極めるためには、敢えて喫茶店デートや家デートを繰り返してみることです。

刺激のないデートであっても、わくわくしたり、楽しいと感じる相手であれば、長く一緒に居続けても幸せでいられる可能性も高まります。

 

どこからが浮気?恋愛観を過去恋愛で探る

2つ目の相性を見極めるポイントは恋愛観です。

婚活中とは言えども、恋愛の価値観が大きく違っている状態では結婚をイメージすることはできません。人によっては異性と夜明けまで飲んでいても平気な人もいる一方で、異性と二人で会う時点で浮気だと主張するもいます。

このあたりの定義が違うと、結婚後に衝突してしまうため、婚活女子は早い段階で知ることをおすすめします。

 

相性の見極めるポイントは過去の恋愛を聞くことです。彼女の行動で嫉妬した行動や束縛だと感じた出来事がある人は、その辺りについても教えてくれるはずです。

人によっては、携帯チェックをさせてくれない彼女に不安を感じる男性や異性とラインすることも浮気だと感じる男性などもいます。

あまりにも自分の価値観と違うようならば、結婚は厳しいです。

一人ひとり価値基準は異なるため、早い段階で確認しましょう。

 

恋愛経験そのものが少ない男性や元カノが合わせて付き合っていた男性の場合には、質問しても回答できないこともあります。

その場合には、質問の仕方を変えましょう。「もし次に恋愛したとしたら、どんな行動されたら浮気だと思う?」「彼女に毎日連絡が欲しいと言われたら束縛だと感じる?」

などの質問の仕方がおすすめです。

 

特に恋愛経験がなさそうな場合には、「はい―いいえ」で答えらえる質問をすると良いでしょう。

恋愛経験が少ない場合には具体的なイメージがしづらく、「何でも大丈夫」「愛があれば平気」などと悪気がなく答えがちなため、おすすめです。

 

またプライドの高い男性も答えを渋ることがあります。「なにも気にしないよ」と爽やかに言いつつも、違和感がする際には心理テクニックで嘘を見極めましょう。

左右の口角のバランスの崩れた笑顔や間が空いた返答などは何らかの思考が働いていたり、嘘をついていたりすることが多いです。 

その際には「自分はスケジュール細かく聞かれると束縛って感じるんだ。○○くんもそういうのってある?」など自分の意見を言ってから聞くと答えてくれることがあります。

しかし同じく間が空いたり、不自然な笑顔の場合には、まだあなたに心を開いていない状態です。もう少し仲良くなってから再度聞くとよいでしょう。

(関連記事:もううんざり。束縛する彼氏の5つの心理を知り、即対処!)

 

メールや電話のマメさとコミュニケーション

 

3つ目の相性を見極めるポイントはメールや電話のコミュニケーションの取り方です。

会話でのコミュニケーションも大事ですが、同じくらい大切なのがメールや電話などのやり取りです。

連絡の取り方には心の中が投影されて、性格が表れます。心理学に基づいて相手の性格を考えてみましょう。

 

たとえばラインで短い文面を送るタイプの人は、スピード感を求める方やまめな連絡などを求める方が多めです。

思いつきや衝動で送ることも多い一方で、決断力や欲求のストレートさがある方も珍しくありません。 

反対に45行の文章をまとめて送るタイプの人は、じっくり考えて送る方が多めです。

頻繁なやり取りよりも伝わるコミュニケーションや濃いやり取りを求める傾向があります。連絡は相対的に少なめですが、真面目さや思考性などが強めに出ます。

 

電話を積極的に好む人は会話を重んじたり、一緒の時間を共有したい気持ちが多い一方で、我慢が苦手な人も少なからずいます。

反対に電話を嫌う人は、自分の時間をしっかり持ちたい人や急な予定変更に弱い人などが多めです。

 

連絡の取り方には性格も出るため、相手の文章の送り方や電話の好みなどを知ることで、相手の性格や相性を見極めやすくなるでしょう。

婚活女子ならば、相手のコミュニケーションの取り方に注目し、自分と似ているのか、連絡の取り方に負担がないかも併せて確認することをおすすめします。

 

趣味は何?浪費癖とこだわり

 

4つ目の相性を見極めるポイントは趣味です。

相手が時間を費やしていることや好きなこと、趣味は何でしょうか。音楽鑑賞やスポーツ、散歩や読書など、誰もが1つくらい好きなことや趣味などを持っています。

 

相手の趣味自体に興味がなくても構いませんが、分かり合えた方が一緒に楽しむことができます。

たとえば音楽鑑賞が趣味の人で、定期的にライブに行っているのなら、一緒にライブに行きたがるかもしれません。

しかしあなたが音楽に興味がなければ一緒に盛り上がったり、楽しんだりするのが難しくなります。一緒の時間を共有したい人にとっては、相性が良くないと言えます。

 

また、趣味は相手のこだわりポイントや浪費度合いが表れます。

読書が好きな人は、好きな作家の本を集めるために出費がありますが、ライブ参加やフィギュアのコレクションの趣味の場合には出費額がぐんと上がります。

 

のちに知っては喧嘩になりやすいテーマのため、趣味や出費額などをあらかじめ聞いておくことをおすすめします。

特にこだわりが強い人ほど、浪費額は増えます。倹約家や節約志向がある場合には、相性が悪いでしょう。

婚活中は時間勝負なところもあるため、デートの初めの頃に聞いた方が時間のロスは防げます。

(関連記事:彼氏の浪費をやめさせたいときのコミュニケーション方法)

 

キャリア志向や叶えたい夢で見える価値観

 

5つ目の相性を見極めるポイントはキャリア志向です。

もしあなたが仕事が好きで情熱を注ぎ、キャリアアップに向かって努力しているのなら、相手にも同じように求めるところがあるかもしれません。

その場合に相性が良いのは、同じくキャリア志向の高い相手です。

 

デート中に「仕事で成し遂げたいこと」「仕事に対する想い」「将来的なキャリアプラン」などを質問してみましょう。

一緒に目標に向かって突き進みたい人や向上心のある人、仕事熱心な人や仕事が好きな人などと付き合いたい場合には、明確に答えらえる相手の方が相性は良いです。

 

特にキャリアプランに関しては、明確に価値観が投影されます。全くキャリアプランを描いていない人もいれば、将来的に企業や独立を視野に入れて計画的に働いている人、会社内で昇進や昇格を望む人、収入や役職よりもボランティアや社会貢献などをしたい人などもいます。

 

あなたが相手に臨む価値観やキャリアプランなどがあれば、質問することで相性の良し悪しが判断できるでしょう。

この質問はキャリア志向のある女性がした方がより具体的に質問でき、おすすめです。

 

反対に自分は仕事への情熱がないけれど、相手には出世をしてほしいと望んでいたりする場合には、質問が抽象的になったり、効果的に聞き出せなかったりするかもしれません。

その場合には自分なりの思いや希望を理由付きで伝えて、相手の答えを伺った方が良いでしょう。

 

何お金を使う?金銭感覚の違いのチェック

 

5つ目の相性を見極めるポイントは金銭感覚の違いです。

付き合ってみたものの、金銭感覚があまりに違いすぎて驚いた経験はありませんか。恋愛時ならばまだしも、結婚となれば生活に大きく直結します。

婚活中には金銭感覚の違いをチェックすることが大事です。

 

金銭感覚の違いは普段の日常について聞くだけでもある程度わかります。

たとえば服飾代や交際費などを聞いてみましょう。服にこだわっている人は11点物であったり、11万円程度のものを身に着けていたりします。

友達付き合いを重視している人は1回あたりの飲み会代は5000円程度であっても、週3回程度で飲んでいる場合には月に6万円以上もかかっています。

 

人によっては意識していないために、費用がわからないこともあるでしょう。男性で家計簿をつけている人の方が稀です。

明確な答えが出ない場合には、月に何着くらい買っているのか、どのブランドが好きなどのこだわりがあるのか質問することで、計算することができます。

飲み会費についても、どのくらいのスパンで飲んでいるのかを知れば、およその出費額はわかります。試してみましょう。

 

特に出費をしていない感覚の人もいますが、人によっては好きなものにはとことんお金を使ってしまう人もいます。小さな出費を繰り返す人や奢ることで出費が上がる人などもいます。

一緒に買い物をしたり、共通の友達に会って話を聞いたりすることで、目安はわかります。

 

金銭感覚が大きく違うと、結婚後にこじれやすいものです。あなた自身が浪費癖がある場合には気にならないかもしれませんが、自分とは異なる使い方の場合には喧嘩に発展します。

相性の良い相手と付き合うためにも、自分の出費ポイントやどこで浪費が発生するのかなどを知り、相手との自然な会話で聴きだしましょう。

 

理想の家族像でわかる相手の結婚観

 

6つ目の相性を見極めるポイントは結婚観です。

婚活女子にとって、結婚願望のない男性は全くの対象外でしょう。けれども結婚願望の有無は聞いてみなくてはわかりません。

人当たりの良さそうな人であっても結婚はしたくないと思っている場合もあります。

反対にやんちゃ坊主に見えるのに、子どもが好きで結婚願望が強い場合もあります。

もし結婚までを望むのなら、相手に聞くことが大切です。

 

しかし直球でいきなり聞いても答えてくれないことも予測されます。そこで相手の結婚願望や結婚観を知りたいのなら、答えやすいように聞くことが良いでしょう。

たとえば「最近友達が結婚ラッシュだから考える時があるんだ。○○君は?」などの質問だといやらしさがなく、率直に結婚願望があるのか、焦る気持ちや早く結婚したい気持ちがあるのかなどを答え方で判断することができます。 

相手が前のめりで答えてきたり、1年後が良いなどの具体的な数字が入っていたりしたら、結婚願望が強いと言えます。婚活中の女性と相性が良いでしょう。

反対に曖昧に答えを濁されたり、結婚より仕事などの返答が来たら、結婚願望が低いと思われます。

 

良い返事が返ってきたならば、続いて結婚観についても質問します。理想の家族像などを聞くことで、何人家族やどこに家族で出かけたいのかなどの希望がわかります。

ある程度関係が縮まっていないと聞きにくい質問ですが、シチュエーション次第では聞きやすくもなります。

たとえば子供連れの多いレストランやカフェを利用して、「かわいいねぇ。私も早く子供欲しいなぁ。付き合うなら子どもが好きな人とがいいな」と言いつつ、相手の意見を聞いてみると良いでしょう。子どもが欲しいと感じているのか、子どもはいらないのかなどもわかります。

意見を聞くだけでなく、相手の表情を見ることも大切です。子どもが欲しいと言いつつも、目が笑っていない場合は本心でないと思われます。

心理テクニックを使って、表情から本音を読み解き、相性の良し悪しを測りましょう。

(関連記事:結婚願望のない彼氏の意識を変えるアプローチ法)

 

まとめ

婚活女子にとって、繰り返されるデートは時間のロスを産み、煩わしいと感じることもあるでしょう。しかし急いで決断しても、のちに大きな価値観の違いや相性の悪さがわかって、離婚となるのも避けたいところです。

そのようなときには相性を見極める心理テクニックを実践しましょう。

結婚観や金銭感覚、浮気の定義や束縛の範囲など、質問や交友関係、相手の目の動きなどから相性の良し悪しは判断できます。

素早い相性の見極めをして、素敵な男性とはスピーディーな結婚を目指しましょう。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介