ドライブデートでおすすめの服装・持ち物・振る舞いまとめ

気になる男性にドライブデートに誘われて、気分は急上昇!けれどもどの服で出かければいいのか、何を持参したらいいのか、当日に近づくにつれて不安が募っていませんか。

ドライブデートで好感度を上げるには、事前準備が必須です。けれども慣れていないと何を用意すべきか、マナーや振る舞いも不安だらけで困惑するのも当然のこと。

そこで今回は「ドライブデートでおすすめの服装・持ち物・振る舞い」についてお伝えしていきます。

好感度アップさせるには準備が肝心!

異性とのデートにもドギマギするのに、ドライブに誘われたら心臓が飛び出そうなほど緊張してしまうのは無理ない話です。けれどもドキドキしすぎて何も準備ができずに当日を迎えては、仲良くなるどころか気まずい雰囲気になる恐れがあります。なぜならドライブデートには事前準備がカギだからです。

 

もし気になる男性との距離をグッと縮めて、お付き合いへと発展させていきたいのなら、ドライブに合う服装をし、好感度をアップさせる持ち物を仕込みましょう。赤信号で止まったり、渋滞にはまったりしたときに、上手な振る舞いをすればイヤな雰囲気になるどころから気遣い上手と思ってもらえ良い雰囲気でデートを楽しめます。

行き当たりばっかりで先行き不安定なデートを展開するよりも、きちんと準備をして、グッと彼との関係を縮めていきましょう。

 

最低限押さえるべきドライブ時のマナー

 

まず押さえておくべきなのがドライブデート時のマナーです。服装や車内に持ち込むものも大事ではありますが、それ以前にマナーを押さえておくことが大事です。なぜならどれほど気の利いたものを持参したとしても、マナーが悪ければ雰囲気が悪くなり、距離が縮まるどころか恋愛対象外とのレッテルを張られかねないためです。

 

ドライブデートが難しいわけではありません。しかし、通常の街中やレストラン内のデートとは大きく違う点があり、押さえておかないと失敗しかねないのです。

ドライブデートは基本的に相手の私的な空間です。レンタカーであればそれほど気にしない方もいますが、自家用車の場合にはその方の持ち物であり、プライベートな空間です。街中デートと比べると、こだわりが強く出ることが多々あります。

 

たとえばにおいがその1つです。香水をつけて車内に乗り込むと、大なり小なり車内に広まります。窓を開ければ多少は喚起できますが、香水のつけ具合によっては車内に残ってしまうことがあります。人によっては自分の空間内に汚れを付けられた感覚を抱き、ひどく嫌うこともあるので気を付けたいポイントです。

自家用車に愛着を持っている男性は非常に多いものです。においや汚れなどを付けられるのは自分の家の中を汚されるのとほぼ同じであると知りましょう。車にあがるときには、相手の家にあがるときと同じように、相手にとってのルールがあると理解して乗り込むことで気分を害す心配が減ります。

わからないことは事前に聞いた方が無難です。香水やたばこなどは車内ににおいが残るのを嫌がる人もいると知り、事前に確認しておきましょう。

特に真冬や真夏は冷暖房の関係で窓を開けずに、こもりがちです。不快なにおいは険悪な雰囲気をもたらします。香水はコロンなどほとんど匂いがしないものにしたり、社内ではタバコを控えたりなどの配慮をした方が良いでしょう。

 

ドライバーに配慮した振る舞い方を

ドライブデートは二人っきりのため、気が緩んでしまうことがあります。特に渋滞にはまったり、赤信号で止まることが多かったりすると、景色も変わらずに飽きてしまうかもしれません。

しかしぼーっとして眠くなり、うとうと寝てしまうのはNG行動です。助手席は眠くなった時に寝ることも可能ですが、ドライバーは眠かったとしても眠ることができません。気持ちの赴くままに寝てしまっては、事故が起きかねないためです。

うとうと眠くなったとしても眠らないように配慮しましょう。これはドライブデート時に最低限配慮したい振る舞いの部分です。どうしても眠くなってつらいときには、確認を取るのが礼儀です。

その際には「やることがなくて眠くなった」「乗っていたら、うとうとする」などの発言はご法度です。自己中心的な子だとレッテルを張られかねません。

眠くなるのは安心感を得ているためです。人間誰もが危険な状況下ではうとうと眠くなったりはしません。眠くなって寝たいときには「○○さんの運転がうまいから安心して眠くなる」「○○さんの車に乗っているとホッとして力が抜けちゃう」などの言い方をしましょう。

 

運転技術を褒められていやな気持になる男性はいません。言い方に注意をするのも大人としてのマナーであり、お互いにいい気持ちで過ごす大人としての振る舞い方でもあります。気を配るようにしましょう。

 

好感度をアップさせるトーク術

 

より好感度を高めたいのなら、ドライブデート中のトークに磨きをかけたいところです。トークに磨きをかけるというと、ハードルが高く感じるかもしれませんが、一言で言うならば気遣い会話を繰り広げるだけです。

 

ドライブ中は基本的に彼が運転席に座って、ドライバーを務めることになります。事故を起こさないために、普段以上に気を張っていたり、集中力が求められたりなど気が張り詰めているケースも少なくありません。

ドライブデートの経験が少ないと、あなた自身緊張してしまうかもしれません。けれどもドライブ中はなるべく彼が心地よく運転できるような会話を心がけるようにしてあげてください。それこそが好感度を高める秘訣です。

たとえば長時間運転していれば、疲れがたまるのはドライバーも同じです。「疲れていない?」「今日は○○へ連れて行ってくれてありがとう」などねぎらいの言葉を投げかけましょう。きちんとお礼を言う姿勢に好感度も上がります。

もしプチ旅行くらいの距離感で、あなたも運転ができるのであれば「変わろうか?」との言葉はドライバーに喜ばれます。本当に疲れていれば、救いの一言に感じるでしょう。もしそれほど疲れていなかったとしても、気配りを見せる姿勢に好感度も高まるでしょう。

 

余談になりますが、眠くならない工夫も多くのドライバーに好まれます。ドライバーだって人間ですから長時間運転していれば疲れるのは当然です。しかし男年のプライドとして「疲れた」の一言が言えないケースも多々あります。疲れる原因は多々ありますが、長時間運転だけでなくしーんとした気まずい雰囲気や渋滞にはまって身動きが取れない状況も疲れの源です。

そのようなときには明るくなるような話題を転じてあげましょう。自慢話や一人だけわかる話題は避け、一緒に楽しめる話題を取り上げるのがポイントです。趣味の話題や最近の芸能ニュースでも構いません。笑みがこぼれるような話題はどんよりした空気を払しょくし、ドライバーの疲労や眠気ももたらしにくくなります。

 

ドライブデートにおすすめの服装とは?

会話の準備やマナーを押さえたら、当日ドライブデートに着ていく服装も準備しましょう。ドライブデートにおすすめの服装は少し緩めのファッションです。

 

ドライブデートの際にはどうしても同じ姿勢でいることが増えがちです。ぴっちり体にフィットする服装だと窮屈さを感じたり、疲れがたまりやすかったりします。疲れがたまると会話も途切れ、どんより雰囲気になりがちです。ゆったり服装で、心にもゆとりをもたらしましょう。

 

またドライブデートの際には脱ぎ着の調整できる服装がおすすめです。部屋の中同様に、ドライブ中の車内は快適と感じる気温に差があります。夏場の場合などは特に良かれと思って冷房を付けてくれたのが、あなたにとって寒い状態になるかもしれません。

外デートの場合にはお手洗いに立ち寄ることもできますが、高速道路の場合や渋滞にはまっている場合にはあまり車が動かずに、お手洗いに行くのも容易ではありません。だからこそ脱ぎ着のできる服装がドライブデート時にはおすすめです。

 

色合いや形状については、通常のデート同様に注意します。柄物同士を合わせてくどいファッションになるのは控えましょう。自分の肌の色に合う色合いを選べば、いつも以上に血色もよくなります。パーソナルカラーに合う色合いを取り入れれば、かわいらしく見えるのでおすすめです。

 

気遣い上手と思ってもらえる持ち物

 

トークやファッション、マナーを押さえたら、最後はアイテムです。気遣い上手な女性は、ドライブデートでの気の利くアイテムを持参しています。あなたも事前に準備し、気遣い上手さをアピールしましょう。

 

1つ目のアイテムが飲み物です。ドライブ中に会話を楽しんでいると、当然喉が渇きます。夏場は暑さから水分を欲し、冬場は乾燥から水分を補いたいと思うものです。ドライブデート時にも飲み物を用意しておくと、喉の渇きをうるおせるだけでなく、事前に準備しておいたことへ感謝の気持ちをもらえることでしょう。

飲み物は基本的に500mlペットボトルで、自分用と相手用の2つ用意しておくことをおすすめします。もちろん、仲が良ければ一緒に飲むのもよいのですが、まだ距離感があるようなら別々の方が無難です。男性によっては間接キスになることを気にする方もいるためです。

飲み物の夏場は、冷たいものが喜ばれます。すっきりしたミネラルウォーターや炭酸飲料、お茶などが無難です。冬場は小さめであってもホットティーやホットレモンなどを好む方も多いです。お茶やミネラルウォーターであれば、たいてい誰もが飲むので無難と言えるでしょう。

通年でアイスコーヒーを飲む方もいれば、コーヒーなどのカフェインが苦手でミネラルウォーターのみを摂取する方もいます。好感度を高めたいのなら、事前に飲み物の好みを聞いておくことをおすすめします。

 

2つ目は飴・ガムです。どうしてもずっと運転していると眠くなる時があります。そのときには甘みのあるものやスカッとしたものを欲しがる人が少なくありません。そこで2種類の1口サイズのお菓子類を用意しておくことをおすすめします。

1つは甘めのお菓子です。ドロップや果汁系の飴、チョコレートなど一口サイズのお菓子は、スーッと疲れた脳を癒してくれます。大きめのサイズだとこぼれてしまったり、食べづらかったりします。一口サイズのものを用意するようにしましょう。

もう1つはすっきり系のお菓子です。ミントやハッカのような飴やガムを用意すると、うとうとしたり、マンネリした気持ちがスーッと改善されます。ミンティアやフリスクなどのタブレットでも同様の効果が見込めます。バックに1つ、スースーするアイテムを忍ばせておくことをおすすめします。

 

3つ目が扇子です。女性と比べて男性の方が暑がりであることが多いものです。しかし男性によっては冷房を嫌う方もいます。その場合には我慢をするケースも存在します。夏場のドライブや初夏のドライブの際には扇子を忍ばせておくと良いでしょう。汗をかいているようだったり、暑がっていたりするならば扇子で仰いであげると、気遣い上手だと思ってもらえます。

 

4つ目が小銭です。現在はETCの車が一般的ですが、古い車に乗っているとETC以外もあります。その際には高速道路や有料道路を通過するたびに小銭が必要になります。その際に小銭を用意して手渡してあげると、気遣いに喜ぶ男性はいます。

また、駐車場や休憩に立ち寄った際のドリンク代など、小銭が必要な場面も複数あります。ドライブデート時は、男性が運転してくれているのですから、一部のお金を出し、バランスをとるのも大事なことです。

もちろん「大丈夫だよ」「気持ちだけ受け取るね」などと言われた場合にはしつこくお金を差し出さないのが大人のマナーです。その際には「ありがとう」とほほ笑んで、小銭を出す手を引っ込めましょう。

 

まとめ

気になる男性とのドライブデートは、日が差し迫るごとに不安も募るかもしれません。その際には慌てずに、おすすめのアイテムや服装を準備していくことが大事です。

おすすめの服装であるゆったり目の服装を身に着けて、一口サイズのお菓子や飲み物などを準備しておくと、ドライブデート中も楽しむことができるでしょう。もちろん、それ以前に大人としてのマナーや振る舞いを注意しておくことは不可欠です。

眠くなって寝てしまったり、しーんと気まずい雰囲気になったりすると、良い雰囲気になるどころか恋愛対象外になりかねません。ドライブデートで気になる男性と楽しく過ごすために、最低限のマナーや振る舞いなどを押さえて挑みましょう。