結婚しても仕事をし続けたい女性は多いものです。特に仕事にやりがいを見出し、恵まれた職場環境であれば、結婚しても兼業を望むのは自然なことでしょう。

しかし料理や掃除などの家事ができない男性と結婚すると、一気に女性の負担が多くなり、家庭と仕事の両立で苦しみがちです。

結婚後に家事負担の多さに悩まないためにも、今回は「結婚後に家事分担できる有能な男性を見分ける方法」について紹介します。

家事分担できる男性は結婚前に見抜ける

「結婚してみないとわからないことが多い」と嘆く既婚女性は多いものです。

共働きにもかかわらず、料理や買い出し、洗濯や掃除など、ほぼすべての家事を女性が担当している夫婦は決して少なくありません。

女性がすべて家事を担ってくれていると、きちんと自覚出来ている男性ならば、女性の心理的な負担はそこまで大きくはならないことでしょう。たとえやることが多かったとしても、いつも感謝の言葉を投げてもらえ、適切に評価されているのならば、女性も不満が爆発することは少ないからです。

 

しかし多くの男性は女性のみが負担している自覚はありません。ごみ捨てや風呂掃除などのごく限られた家事の一部を担っているだけで、「俺も家のことをしている」「うちは家事を分担できている」と平然と言い放ち、激しい夫婦喧嘩に発展するケースは珍しいことではないのです。 

結婚後に「こんなはずではなかった」と後悔しても、後の祭り。結婚式を終え、周囲に周知した後に、理想とのギャップを理由にすぐさま離婚するのは、なかなか厳しいものです。

だからこそ後悔せずに幸せな結婚生活を送るためにも、結婚前に家事分担できる男性を見分けることは大切なことなのです。

 

専業主婦を希望するならばまだしも、結婚後も仕事を継続する予定があるのなら、結婚前に交際中の男性が家事分担できる男性かを見分けましょう。見分ける力を養うことで、未来の自分の負担がぐっと軽減されるはずです。

 

両親が家事分担している家庭で育っている

見分ける1つ目のポイントは「両親が家事分担している家庭で育っている」ことです。

彼のご両親は共働き家庭でしょうか。共働きであっても料理に洗濯、子育てに掃除などすべてお母さんがこなしているのを見ていると、「家事=女性がやるもの」との認識が根付いてしまいます。なぜなら身近なロールモデルである親を見本にするからです。

両親の育て方が良かったにしろ、悪かったにしろ、親に育てられたように子どもを育てようとするものです。だからこそ彼のお母さんが家事などをてきぱきすべてこなしているのを見て育つと、同じように彼女にも振る舞ってほしいと願っていたり、女性が家事をこなすのが当たり前だと思い込んでいたりします。

 

彼も積極的に家事をしてほしいのなら、彼の両親が家事分業していたかを聞くと良いでしょう。彼が肯定したとしても、すぐさま安心するのは危険です。料理を作っていたと答えていたとしても、お母さんが体調が悪い時だけ作っている可能性もあります。その場合、有事の際以外は男性が料理をしないのを当然と思っている可能性も濃厚です。 

男性の言う分業は少しでも協力していたら、当てはまります。鵜呑みにして将来的に痛い目に合わないためにも、具体的にお父さんが主に担当していた家事分野や頻度などを聞き、把握することが大事です。 

覚えていないと答える場合や曖昧な返答の場合には、先ほどのお母さんの体調不良の時や残業の時などの限定した場面での実施やご機嫌取りのときだけ、お父さんが一部の家事をするケースも考えられます。

 

理想の回答としては、お母さんもお父さんも交互に料理をし、洗濯や掃除はみんなでローテーションを組んで実施しているなどの完全分業です。交互に料理や洗濯をしている場合、男性も家事をすることに対して、当然であるとの価値観が根付きやすくなります。

結婚後に共働き夫婦となり、家事分担を希望の場合には、そのような人に巡り合うのが理想的です。

 

もし彼のお母さんのみが家事を担っていたり、両親の家事分担について曖昧な返事をしたりする場合には、家事分担を積極的にしてもらうのは厳しいでしょう。

積極的な家事分担をしたいのなら自分の希望をしっかり伝え、家事と仕事を両立できるように協力してもらえるように説得することが必要です。

価値観の違いをすぐに埋めるのは困難ですが、その都度話し合うことで少しずつ理解を高められます。

 

家事分担への肯定的な価値観を持っている

2つ目は「家事分担への肯定的な価値観を持っている」ことです。

両親が家事分担をしていなかったとしても、時代背景とともに共働きが増え、男性も育児や家事を協力するものだと考える男性は少なからず存在します。 

彼に家事分担への意見を聞いてみましょう。意見を聞くことで、肯定的な価値観を持っているかが確認できます。もし「料理は女性がするものだ」「台所は男性が入るものではない」などの古い固定概念を持っている場合には、家事分担を望むのは難しいでしょう。 

反対に肯定的な価値観を持っているようならば、一部であっても家事分担が望めます。人によっては完全に家事分担は半々でよいとの考え方や得意な方が担当する形を望む価値観があります。「共働きなら交互に料理を作るのも当たり前」「料理は女性が、掃除やごみ捨ては男性がするものだ」などのものです。

そのような価値観を探るためにも、将来はどのように分担を考えているのか、どのような家事分野なら得意なのかを踏み込んで聞くことが大切です。

 

もし相手が嫌そうな顔をしたなら、女性が家事をしてほしいと考えていたり、専業主婦になってほしいと思っていることもあります。その場合には、残念ながら家事分担は難しいでしょう。潔く自分が担当すると腹をくくるか、粘り強く説得して価値観を変えるかのいずれかの行動が必要です。

 

所有物のいる・いらないの判断の明確さ

3つ目は「所有物のいる・いらないの判断の明確さ」です。結婚をすれば、当然お互いの荷物が合わさり、所有物が増えます。子供が生まれれば、さらに荷物が増加します。広い家に引っ越せるだけの経済力があるのなら問題ありませんが、狭い家に荷物がごちゃっと散らばっているのは精神的にもストレスが溜まります。 

所有物のいる・いらないの判断が明確な人ならば、片付けの要望を伝えることで不要になったものは処分し、荷物を減らせるでしょう。しかし優柔不断な男性の場合には、あれこれ理由をこじつけて捨てない選択肢を取り、部屋の中にモノが溢れかえります。

掃除だけでなく、不用品の整理も大事な家事分野の一つです。それにもかかわらず、モノが片付けられない人や優柔不断でいらないものを捨てられない人と結婚すれば、女性の負担が倍増します。

 

見分けるポイントは彼の部屋訪問です。実家暮らしであっても、一人暮らしであっても何回か家を訪問するうちに、部屋が片付けられる人か、優柔不断でいらないものもため込んでいないかをチェックすることができます。 

人によっては来たときだけ押し入れにしまい込んで隠したり、来る時だけきれいにしたりする人もいるため注意が必要です。可能ならば抜き打ちチェックで、普段の生活環境を見ることが一番現状を正確に判断できます。

それが嫌な場合には、「片付けが好きなのか」「収集癖がないか」「捨てることに罪悪感がないか」などを会話で聞くようにしましょう。価値観を知ることで、どの程度の優柔不断さや片付けらない性格かを知ることができます

 

一人暮らしの経験があること

4つ目は「一人暮らしの経験があること」です。実家暮らしの場合には、料理や洗濯、掃除やゴミ出しなどを両親がやり、子どもは全くもしくはほとんど関与していないケースもあります。

しかし一人暮らしであれば、自分でやらないと生活は成り立たないことが大半です。その点で実家暮らしよりも一人暮らしをしている男性の方が料理や掃除などのスキルは高い可能性が高いでしょう。 

食事をしたければ食材を買い、調理をし、使ったお皿や箸を洗い、食器類を片付けるなどの一連の流れをしないと、食事にありつけません。出来合いのものを買うにしても、不要なプラスチック容器は処分しないと部屋に溢れ返ります。

実家暮らしと比較すると、自らの生活を成り立たせるために、一人暮らしの人はある一定レベルの家のことはできると言えるでしょう。

 

結婚後に家事分担を望むなら、一人暮らしの経験がある方が家事スキルが高く、応じられる可能性が高いです。

たとえば洗濯物が溜まっているときに「洗濯物お願い」と伝えるだけで、洗うものを洗濯機に入れておしまいではなく、干して渇いたものを取り込んで収納する必要があることを、一人暮らしならば気づきます。

実家暮らしの場合には、お母さんが一人で家のことを切り盛りしている場合、畳んだり、収納する必要があることまで気が回らない可能性も残ります。

 

家事分担を望むのなら、実家暮らしよりも一人暮らしをしている男性の方が良いでしょう。

しかし、会社の寮に住んでいる場合やお手伝いを雇える財力がある場合には、この限りではありません。

寮生活の場合には食事提供のサービスがついていることがあります。シェアハウス暮らしも日用品の買い足しやゴミ出しなどを管理会社がするところがあるため、純粋な一人暮らし男性よりは家事スキルは身につきにくいでしょう。

ハウスキーパーや家政婦さん、家事代行サービスを頼める程度の経済力を持っている場合も同様です。苦手な掃除や買い出し、料理や洗濯などを代行して実施してもらえるため、一人暮らしであっても家事スキルは上達しません。

 

家事遂行能力があるかどうかを見抜きたいのなら、一人暮らしをしているかの確認のみならず、自炊や掃除を自らしているかをチェックすることが欠かせない要素です。

 

最低限度の料理が作れる腕前

5つ目は「最低限度の料理が作れる腕前」です。多少部屋が汚くても生活は成り立ちますが、食事をとらずに生き延びることは困難です。たまには外食や出来合いのもので済ますことはできますが、毎日となれば家計を圧迫し、栄養バランスも偏ります。そこで必要になるのが最低限度の料理が作れる腕前です。 

何も難しい料理を作れる必要はありません。料理のレパートリーも10品なくても、問題ありません。チャーハンやオムライス、カレーライスやハヤシライスなどの単純な料理であっても良いので、最低限度の料理ができるような人を見つけましょう。 

どれほど家事分担に意欲的であっても、料理をすべて女性が担うのは負担が大きいものです。料理が好きであったり、創作料理や献立作りに意欲的ならば、料理は女性担当であっても良いでしょう。しかし残業して帰宅が遅い時や子育てに追われながらの家事となれば話が変わります。そのようなときにも料理を作らなくてはならないのは女性の負担が大きくなりがちです。 

一品料理や男料理で構わないので、最低限度の胃袋が満たせ、栄養補充ができる食事ができる男性を選んだ方が無難です。ふだんの食事を聞いたり、何度も家デートを繰り返したりするうちに、どの程度料理ができるのかは聞分けることができます。

 

付き合っている男性が全く料理ができなくても、意欲がある場合には覚えることができます。その際には簡易な料理を教えましょう。フライパンで焼くだけであったり、鍋で煮込むだけのものであったりなど、手間の少ない料理ならば、料理経験がなくても簡単にできるようになります。 

覚え下手な人ならば、具沢山の味噌汁のつくり方を教えましょう。出汁と味噌を適量入れ、あまりものの野菜やキノコ類、ちくわやこんにゃくなど、食べやすい大きさに切って入れるだけで一品になります。 

作れるようになったら大げさに褒めます。彼女の嬉しそうに喜ぶ顔は彼氏のモチベーションも上がり、ゆくゆくは何品か料理をマスターできるでしょう。料理に関しては育てていくことも可能です。

 

まとめ

結婚後も仕事をし続けたいならば、家事分断できる男性を見抜くことは大事なことです。なぜなら料理や掃除などのできない男性と結婚すると、女性の負担ばかりが多くなり、ストレスをため込むことになるからです。 

のちに後悔しないためにも、一人暮らしをし、男性も料理や掃除などをするのが当たり前との価値観を持っている男性との結婚が望ましいものです。もし交際相手が「家事は女性がするもの」との認識を持っていたとしても、根気強く説得したり、褒めて伸ばしたりすることで価値観を変えることは可能です。

相手の状況を踏まえ、家事分担できる状態を今のうちから地道に作っていきましょう。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介