男性から告白させるための5つの好きサインの出し方

一緒にご飯を食べに行ったり、電話をくれたり、好きなのはきっと私だけではないと思うけれど、彼からはいっこうに告白してきてくれない状況は不安になるものです。

草食男子が増えて告白してくれない男性が増えたのかもしれません。たとえ好き合っているのがわかっていたとしても、できたら男性から告白してほしいのが乙女心。

 そこで今回は「男性から告白させるための5つの好きサインの出し方」についてお伝えしていきます。

男性から告白してくれないには理由がある

 

よく目が合うし、デートにも何度も誘ってくれる状況で気があるように思うけれど、はっきりと告白をしてくれない状況では、思い過ごしではないかと不安になるものです。もしかしたら自分が自意識過剰なのではないか、と恥ずかしい気持ちになる人もいるかもしれません。

 

年々男性の草食化は進行し、好きなのに告白しない方も増えていることを踏まえると、決して気のせいとは言えないことでしょう。実際に恋愛カウンセリングで男性の打ち明ける本音を聞くと、「告白できない」と話す方も少なくありません。男性サイドの言い分を聞くと、男性から告白してくれない5つの理由が見えてきました。まずはその理由を知り、男性心理に理解を示しましょう。

男性としての自信がなく告白できない

1つ目は「自信がない」です。日ごろ男性は情けない姿を隠すかのように自信があるようにふるまっています。威張っていたり、仕事に精を出してごまかしたりするケースもあります。仕事が好きであったり、バリバリのキャリア路線のように見せていても、自分に自信が持てないのを隠そうとして仕事を頑張っているだけの場合もあるのです。けれどもその裏では自分自身の価値を認めることができずに、自分に自信が持てません。

「好きなのは自分だけではないか」「好意があると思い込んでいるのは気のせいかもしれない」と、自信がないばかりに最後の告白までは行きつきません。けれども好きな気持ちはあるので、デートに誘ったり、電話で話したりなどの行動はとります。結果的に友達以上恋人未満の曖昧な状態で止まってしまうのです。告白をしないのではなく、告白できないだけの状態と言えます。

過去のトラウマが忘れられずに告白が怖い

2つ目は「トラウマ」です。過去の恋愛で大好きな人に振られてしまったり、婚約破棄をされたりなどのトラウマに近いほどの傷を負っている状態を指します。

人間誰もが好きな人に振られればつらいものですが、振られ方によっては心をえぐるほどのダメージにもなりえます。特に結婚を約束した男女仲で浮気をされて破棄することになったり、5年などの長期間付き合ったうえでの失恋であったりすると、そのダメージは想像を絶します。

つらい経験をしてトラウマ化していると、女性不審になってしまうこともあります。「その優しさの裏には何かあるんじゃないか」「また恋愛をしたらあの時のような経験をしてしまうかもしれない」と、勘ぐってしまうことも少なくありません。

結果的に、女性の示す好意さえも否定して、必死に現状維持に努めます。まさに臭いものに蓋をしているケースです。けれども好きな気持ち自体は存在するので、デートを重ねたり、LINEのやりとりをしたりします。本人自身も矛盾した心理を自覚し、葛藤しています。本当は告白したいけれど過去の恐怖心がひょっこり芽を出すため、仲良くはなっても、告白まではできない状況です。

恋愛経験が少なく好意に気づけていない

3つ目は「好意があるか気づけない」です。男女で脳の仕組みは異なり、一般的に男性の方が間接的な愛情表現やさりげないアプローチに気づきにくいと言われています。あまり恋愛経験のない男性の場合、通常の男性以上に鈍感です。あなたが好きサインを出していたとしても、過去の経験値が少ないために素通りしてしまいます。つまり、気づいていないのです。

あなたが好きな気持ちを醸し出しているつもりであっても、気づいてくれていないと意味がありません。好きなのは自分だけだと思い込み、もっと熱心にアプローチをしないと、と思い込んでいたり、告白はまだまだ先だと考えていたりします。結果的に、楽しいデートだけを繰り返し、告白までは至らないのです。男性サイドとしては一切悪気がないだけに、女性がとてもじれったく感じるのも、このタイプの特徴といえるでしょう。

そもそも告白する気持ちが存在しない

 

4つ目は「告白したくない」です。基本的には男性心理として、獲物を追いかける習性を持ち、ハンティングしたい本能を持っています。これは狩猟採集する時代からの名残であり、今なお大多数の男性に受け継がれています。

しかし大多数の男性であって、すべての男性ではありません。男性の中にも自分からは告白をして付き合おうとはしない人がいます。自然な流れではっきりとは言わずに恋愛関係に至ったり、告白されるのを待っていたりします。

 

草食系男子というよりも植物系男子です。自分からハンティングする気持ちや告白する気持ちがありませんので、いつまで経ってもはっきりと付き合おうとは言いだしません。草食系ならば草は食べる、いわゆる可能性が高まれば告白をします。しかし植物系は自分から食べずに食べられるのを待っています。告白するケースは極めて稀であり、このタイプの恋愛は基本的に女性が主体になって成り立つ特徴を持っています。好きな気持ちがあってLINEや電話のやりとりはしているけれど、それ以上の発展は女性次第といえるでしょう。

恋愛に興味が薄く、彼女がいなくていい

5つ目は「恋愛への意欲が薄い」です。男性の中には「彼女がいなくてもいい」「付き合いたい気持ちも極めて低い」人もいます。数自体は少ない傾向にありますが、存在します。何度かデートをしていても、当人としてはデートとの認識よりも、遊びに行っている感覚を抱いている可能性もあります。

このタイプの場合には、勇気を出して告白してまで付き合おうとはしません。告白をする労力を無駄と考えたり、面倒だと思っていたりします。言い方をソフトにすれば欲が少ないタイプと言えます。

 

先ほどの告白をする気がないタイプは告白されてタイプであれば付き合います。しかし、このタイプの場合には、付き合いたい気持ち自体が非常に低く、ほぼゼロの状態です。草食系どころか絶食系に近いと言えるでしょう。

恋愛をしなくても生きていけると考えているため、男女関係に至ったり、付き合ったりするのは難しいかもしれません。付き合おうとするならば意識を変革させる必要が出てきます。

 

告白させる秘訣は好きサインを出すこと

 

告白してくれないと頭を抱えていたとしても、告白しない背景には人の数だけ原因が存在します。恋愛カウンセリング現場で多かった5つの理由をお伝えしましたが、それぞれに特徴があるためアプローチ方法も変わってきます。

 

しかし残念ながら4つ目の「そもそも告白する気持ちが存在しない」タイプや5つ目の「恋愛に興味が薄く、彼女がいなくていい」タイプの場合には、告白させることが難しいのが現状です。

先述する通り、4つ目は完全受け身なので、告白する意思がありません。5つ目は恋愛自体の意識希薄です。そのため非常に難しく、自分からの熱心なアプローチと告白、恋愛することへの価値の熱弁などが欠かせません。

 

そこで告白させることが可能な「男性としての自信がなく告白できない」タイプ、「過去のトラウマが忘れられずに告白が怖い」タイプ、「恋愛経験が少なく好意に気づけていない」タイプへの対処法を紹介します。いずれも5つの好きサインを出すことが自信を持たせたり、トラウマを軽減させたり、好意に気づかせたりすることなど有効打になります。

好きサイン1:褒めて自信をつけさせる

1つ目の好きサインは「褒める」です。好きで告白してほしい男性がいる場合には、褒めて自信を持ってもらいましょう。優しさ、真面目さ、仕事熱心さ、行動力、センスの良さ、ユーモアさなど、内面を褒められていやがる人はいません。

褒められることでだんだんと「褒めてもらえるくらい良いところが自分にあるかもしれない」と思い始め、自信を取り戻すことに繋がります。自信が持てるようになると、堂々と告白してもらえる可能性も高まります。

過去につらい思いをしている男性の場合にも、褒め続けることは相手の価値を認めることを意味します。繰り返し褒めることで、この子だったら幸せな関係を築けるかもしれないとイメージし始めてくれます。

恋愛経験が少ない男性の場合には鈍感さがあり、気づきにくいかもしれません。けれども言葉を変えて何度も褒めることで、「もしかしたらこの子は自分に気があるかもしれない」と自覚し始めてくれます。

好きサイン2:もっと一緒にいたいと伝える

好きサイン2つ目は「もっと一緒にいたいと伝える」ことです。ダイレクトに思えるかもしれませんが、その言葉を発することでようやく好意を持っているかもしれないと気付いてくれる男性もいます。

恋愛経験が少ないと「気のせいかもしれない」とわかりやすいサインすら素通りするリスクがあるため、直接言葉にしてあげることはとても有効な方法です。はっきりと好きサインを出して、男性からの積極的な告白を促しましょう。

「もっと一緒にいたい」という言葉は、相手に対するプラスの評価です。必要としてくれる人がいるとわかることで、ホッとしたり、自信を取り戻したり、安らかな気持ちになる人も少なくありません。

ホッと安らかな気持ちになるだけでなく、男性としてもドキッとする人も多い言葉なだけに、もっと一緒にいられるようにと告白に踏み切る人もいることでしょう。

好きサイン3:付き合った場合を連想させる

好きサイン3つ目は「付き合った場合を連想させる」ことです。好きな気持ちがあっても打ち消してしまったり、振られる恐怖心から行動に移せなかったりすると思う場合には、ポジティブなイメージを膨らませてあげましょう。

デートの際にいかにもなデートスポットに行ってみたり、家庭料理をふるまったりなどすることで「もしこの子と付き合ったらこんな感じなのかな」と想像を膨らませることになります。

相手の男性があまりポジティブなイメージを抱いていないようなら、恋愛キラーワードを言うのも手です。「もし○○さんと付き合ったら、幸せだろうなぁ」と伝えることで、否が応でも想像してくれます。また好きな女性からその言葉が漏れることで、男性にも、付き合えたら幸せだと言ってくれているという安堵感と告白しても平気かもしれないとの自信を高めることにもつながります。

好きサイン4:すべてを受け止める受容の心

好きサイン4つ目は「すべてを受け入れる受容の心」です。自信がなかったり、過去に深く傷ついた過去があったり、恋愛経験が少なかったりするのは、いずれも男性が隠したいと思っている部分です。

けれども何かのきっかけでそのような思いを知ることになったのなら、すべてを受け入れて聞いてあげましょう。ポロッと過去を話してくれたり、少ない恋愛経験を打ち明けてくれたりしたならば、きちんと受け止めて「そのままのあなたで大丈夫だよ」「今のあなたは魅力がある」とポジティブなフィードバックをしてあげてください。

そうすることで失った自信、傷ついた過去、持ち合わせていない経験値などから前へ進めない気持ちが軽減し、あなたへの信頼感が増していきます。信頼感が膨らむことで、最終的な告白へと移行することができるのです。

好きサイン5:行きたい場所を伝える

好きサイン5つ目は「行きたい場所を伝える」ことです。男性は好きな女性をどこにつれていけばいいのかわからずに不安になることがあります。会いたがってくれているのかと自信が持てない男性も一定数存在します。

そのような場合には「○○さんと水族館行けたら嬉しいな」「○○さん、今度は××へ連れて行って」ということで、「相手」と一緒に出掛けたい意思表示が可能です。自分だけが会いたいわけでないことが伝わり、男性にホッと安心感をもたらすことになるでしょう。特に自信がない男性の場合には効果的です。

さらに、連れて行ってくれたら感謝もきちんと伝えることで、自信のない男性は好きな女性を希望の連れていける自分に対して、自信を高めることができます。

 

まとめ

好き合っているように見えているのに、いっこうに告白してくれない状況はじれったく不安感が増すものです。

しかし、自信満々に見せても内心は振られないか、びくびくしている男性もたくさんいます。過去に痛手を負っていたり、恋愛経験が少なかったりするなら、なおさら告白へのハードルは高くなりがちです。

だからこそ、男性心理や告白しない原因を知り、わかりやすく5つの好きサインを出して、安心して男性から告白してもらえるようにしていきましょう。