彼氏にかわいいと思ってもらえる!とっておきの甘え方

彼氏に甘えていいよと言われて甘えたつもりが、明らかにイライラされたり、かわいいと言ってもらえなかったりなどの経験はありませんか。

甘えてと言うから甘えたにもかかわらず、怒りの感情を出されては、自己中心的だと言いたくなる気持ちのも無理ありません。

しかしこの原因は男女で思い浮かべる「甘える」の違いが大きいためです。今回は男女の違いを解説し、彼氏にかわいいと思ってもらえるとっておきの甘え方を紹介します。

甘えるの定義は男と女で大きく違う

彼氏に「もっと甘えてよ」と言われ、勇気を振り絞って甘えたのに、拒否された経験はありませんか。日頃から甘えん坊キャラでない限り、すんなり甘えられる女の子の方が少ないものです。それにもかかわらず、甘えを拒否されたり、イライラされたのではあれば、ムカッと来るのも当然のことです。

 

しかし、なぜ彼氏があなたの甘えを見て、イライラしたり拒否したくなったのか、考えてみたことはありますか。おそらくほとんどの人が深く考えた経験はないと思います。

彼氏の包容力のなさや男らしさの不足ではありません。ましてや愛情がないからでもありません。お互いのイメージする甘えの定義が著しく異なるから起こっているのです。

 

そもそもあなたにとって甘える行為はどのようなことを指しますか。おそらく困っていることを助けてもらうことや頼ることを指すと思います。男女ともに大枠は同じなのですが、具体例を出すと明らかに男女差があります。

たとえばあなたが使っているノートが残りわずかで買い足しが必要な状況であったとします。仕事が忙しい状況下で、彼から「何か力になれない?」ときたときに「A4のノート買ってきて」と言ったら、これは甘えたことになるでしょうか。

女性目線では「甘える」に入るかと思います。なぜなら買い足してくれることで負担が減るからです。しかし男性目線からは「パシられた」感覚になることも少なくありません。もっと言うと、善意を利用された感覚になる男性も若干数存在します。

 

このことからわかっていただけるかと思いますが、男女で思い描く「甘える」が異なります。何も考えずに甘えたら、「彼女にパシリにされている」と彼氏は思うことでしょう。彼氏にかわいいと思ってほしいのなら、男女で思い描く甘えの定義が違うことを知り、男性の心をつかむ甘え方を実践することです。

 

男性の思い描く「甘え」シチュエーション

 

それでは男性の思い描く「甘える」とはどのようなものなのでしょうか。ストレートに書くと「え?」と思うような内容になるのを、あらかじめ覚悟しておいてください。それだけ男女差が濃いのです。

 

個室の居酒屋で二人で飲んでいるときに「酔っちゃった。一人で帰れないかもしれない」と言って、うるんだ瞳で彼氏をじっと熱く見つめます。「どうしたんだよ」という彼に、上目遣いで「だって、甘えたくなっちゃったんだもん」とアヒル口でつぶやき、彼にギュッと抱き着きます。

たいていの男性ならズキューンとなることでしょう。愛おしい自分の彼女が、心から体から自分を求めて甘えてくるのですから、当然です。男としての自信もチャージされて「甘え上手なかわいい彼女」と感じ、一層彼女への愛情が増幅されます。

 

これを読んでいる女性のほとんどが「いや、そんなことできないし」「そんなことをしたくない」「そんなことできる女なんて一部でしょ!?」と反論したくなる気持ちに陥っていると思います。安心してください、正常なリアクションです。なぜなら女性の思い描く甘えとは大きくかけ離れているからです。

 

多くの女性が描くのは現実的な負担やストレスなどの軽減です。決してぶりっこをすることではありません。それはどの女性も共通認識です。よっぽど恋愛依存体質や甘え癖が身についている女性でない限りは、男性が想像するような甘え方はしません。

しかし、彼氏にかわいいと思ってもらいたいのなら、彼氏のルールを知ることが欠かせません。なぜなら「かわいい」と判断するのは、彼氏に他ならないからです。自分の中で甘えるの常識と違っていたとしても、かわいいと思われたいのなら変えてみましょう。きっと今以上にかわいいと言って、愛情を注いでくれるようになるはずです。

 

彼氏にかわいいと思ってもらえる言い方

 

そうはいっても男性が妄想するようなシチュエーションで甘えるのは現実的でない、と思う女性も多いことでしょう。その場合には、彼氏サイドから見て「かわいい」と思われるしぐさや表情から、取り入れることをおすすめします。彼氏から見てかわいいと思える言い方に変えながら、自分の中で無理のない甘え方をすると、長続きします。

 

特に彼氏目線から見えて「甘える」に当たらない発言や行動であっても、彼氏目線から見てかわいいい言い方が入っていると「しかたない」「今回だけだから」と言って、彼氏の態度が変わることがあります。上手に自分の意見や要望を織り交ぜつつ、相手にダイレクトに響くアプローチ方法はお互いの負担が減ります。

 

たとえば先ほどのノートであれば、ラインでなく敢えて電話にします。電話口でかわいいと思ってもらえる5つのコツを実践するだけで、後の行動が見違えるほど変わる可能性が高いです。

 

「ごめん、今電話大丈夫?さっきはラインありがとう!すっごく嬉しかったの。あの、さっそくで悪いんだけど、○○君のこと頼っちゃっていいかな?

彼氏から要件を聞かれたり、いいよと返信が来たら、お願いしたい内容を続けます。

「ありがとう!すっごく助かる!実は、仕事が残業続きで、今夜も帰りが遅くなっちゃいそうなの。けど、月末だから家で振り返りもしたいんだけど、ノートが切れちゃっってるの。もし時間があったら1冊買って、会社に届けてくれると嬉しいな

ここで、反論やいやそうなリアクションが返ってきたら、すかさず言います。

「言葉が十分に伝わらなくってごめんね。もちろん、ノートのこともあるんだけど、それ以上に○○君に会いたいってのもあるの。だから○○君が持ってきてくれたら嬉しいな。あ、もちろん、忙しかったら大丈夫だよ

たいていここまで丁寧に言えば、素直に買ってきてくれる可能性が大です。しかも彼氏はいやいや買ってくるのではなく、彼女のわがままをかわいいと思ってくれることでしょう。言い方次第で、いくらでも後の行動を変えることはできます。

 

さて、5つのコツはわかりましたでしょうか。1つ目は、お礼や感謝の気持ちから言葉を始めることです。褒められたり、お礼を言われたりして嫌な気持ちになる人はいません。不自然なお礼や感謝の言葉には違和感を持つものですが、カップルであれば「ありがとう」「助かる」と思う体験をしているはずです。

「毎日ラインをまめにくれてありがとう」「心配の言葉をくれて、○○君優しいね」など、本題に入る前に温かい雰囲気を作ります。そうすることで、相手も聞く体制を作ってくれます。

2つ目は小さなYESをとることです。いきなりお願いをするよりも「お願いしてもいい?」「頼ってもいい?」と確認してお願いしたほうが、聞いてもらえる確率が上がります。これは心理学のフット・イン・ザ・ドア・テクニックを活用したものです。

男性であれば「頼られたい」「彼女の力になりたい」と思っています。お願いをしてもいいかと聞いてくる彼女に対して「頼られた」と感じ、うれしく感じることでしょう。

3つ目は下手に出ることです。男性は誰もが優位に立ちたいと思っています。「これやっといて」などの上から目線で依頼されると、それだけで瞬間的に断りたくなる男性もいるくらいです。お願いするときには謙遜の態度は求められます。命令形ではなく依頼の口調を使いましょう。

4つ目が理由に彼氏をセットにつけてしまうことです。自分本位のお願いだと、「○○してあげた」「○○させられた」という風に彼が解釈する可能性があります。これではお願いが聞き入れてもらえても、ぶすっとされたり、パシリ扱いとの解釈をされたりになりかねません。だからこそ、理由に彼を絡めてしまいましょう。

「だって会いたいんだもん」「○○君ほど、信頼できる人はいないからお願いしちゃったの」と彼氏を理由の中に組み込むことで「かわいいやつだなぁ」と思ってもらえ、自主的に行動してくれます。自主的であれば喧嘩になったり、怒られる心配もありません。

5つ目が逃げ場を作ることです。「忙しかったら大丈夫だよ」「無理だったらそれでもいいからね」などの言い方であれば、彼氏が忙しい場合には断ることもできます。いわゆる逃げ場を作ってあげることができるのです。そうすることで言葉の強制力が弱まり、「いいよ」と返事するということは余力があるからだと彼自身が自覚できます。

逃げ場を作ってあげることで、「優しい子だ」「かわいらしい子だ」と思ってもらえます。大変な状況でも彼氏を思いやる気持ちが伝わり、忙しくても「わかった」とお願いを聞いてもらえる可能性が上がります。

 

お願いをするときにはこの5つを押さえておくことをおすすめします。ポイントを押されば彼氏目線でかわいい言い方になり、あなたが甘えたいことを甘えられる可能性が高まるからです。

 

彼氏が離れられなくなる!しぐさと表情

 

彼氏にかわいいと思ってもらえる甘え方の言い方編が理解できたら、次はしぐさと表情です。効果的なしぐさと表情を押さえれば、甘えるあなたに彼氏がメロメロになるかもしれません。

 

甘える時は、基本的に直接会っているときが効果的です。二人で歩いているときに彼氏に「ねぇ」と軽く声をかけながら、上着の裾をちょいと引っ張って立ち止まりましょう。

「ん?」「どうしたの?」などのリアクションが返ってきたら、甘えたい事を言います。「ねぇ、ソフトクリーム、食べたいな」「あそこのカフェ、行きたいの。連れて行って?」

服はちょこんと掴んだままで、うつむき加減で言うと、照れている様子が感じ取れて、彼氏はかわいいと思ってくれます。あまり大きな声で言うよりも、小さな声で言うほうが照れながらのおねだりであることが伝わります。近くにあるカフェや通りすがりの出店などのものをねだりたいときによいでしょう。

安いものであれば、そのまま買ってもらえる可能性が大です。かわいい彼女に対して買ってあげたいと思う男性が少なくありません。かわいく効果的に甘えることで、要望を聞いてもらえるでしょう。

 

番外編として、満面の笑みで「食べたいの!!」「ねぇ、買って?」と彼氏を見上げて言う方法もあります。彼氏が彼女の笑顔に弱い場合や年齢差のあるカップルがスムーズにいきやすいです。この時には上着の裾をつかむよりも腕組をしたり、彼氏の腕をつかんだりなどの大胆なアプローチで構いません。

笑顔に弱い彼氏さんならば、輝くような笑顔に胸を射抜かれて、つい買ってあげたくなるものです。5つ以上年が離れているカップルは後者のアプローチ方法も試してみる価値ありです。

 

彼氏が頭を抱えてしまう甘え方と内容

甘える内容によっては、彼氏が頭を抱えてしまうものもあります。たとえばブランド物のバッグやアクセサリーのおねだり、遠方への旅行や希少性の高いものなどです。愛する彼女からのお願いで、かわいく甘えてこられたら、叶えてあげたいと思うのが男心です。しかし高額な場合には、判断に迷ったり、貯金を崩すべきか悩んだりしてしまいます。

相手の懐具合を考えたうえで甘えましょう。20代前半の一般的なサラリーマンに、毎月のようにルイヴィトンのバッグやスイートルームでの宿泊をお願いしたら、貯金の切り崩しになるのは目に見えています。

どうしても欲しい場合には、付き合った記念日や誕生日、クリスマスやホワイトデーなどの時にお願いするのがベターです。あまりに高いものをおねだりしすぎると、パシリの可能性を疑われたり、生活苦を覚えたりすることになりかねません。常識の範囲内で甘えるようにしましょう。

 

まとめ

甘えたつもりがイラっとされたり、パシリと取られたりなど困っている女性も多いものです。しかし彼氏が怒るのは、男女で「かわいい甘え方」の定義が異なるために他なりません。男女の違いを踏まえ、彼氏から見てかわいいと思ってもらえる言い方を実践してみましょう。

しぐさや表情を変えることで、かわいげがないと言い放つ彼氏から、甘えさせてくれるような彼氏になるケースも少なくありません。いきなりすべてを変えるのは難しかったとしても、少しずつできる範囲で甘え方を変えることで、かわいいと彼氏に行ってもらえるようになります。焦らずゆっくりと言い方やしぐさなどを変えていきましょう。