デート中に彼がわけもなくイライラして、困った経験はありませんか。

自分の彼氏は短気で怒りっぽいから仕方ないと思っているかもしれませんが、ひょっとしたらあなたの何気ない発言が彼を怒らせているかもしれません。

女性同士ならば問題ない発言であっても、男性からすると自尊心が傷つけられ、イライラすることも多々あるからです。

男を怒らせるデート中の言動を知ることで、彼のイライラを減らしましょう。

 

何食べたいとの質問に「なんでもいい」

 

まず1つ目の男を怒らせる言動は「なんでもいい」発言です。

昼食や夕食時になると、ごく自然にカップル同士で「何が食べたい?」と聞き合うことがあると思います。

そのときに「なんでもいいよ」と答えていませんか。

 

男性からすると、言葉通りに「なんでもいい」と受け取ります。けれど、ほとんどの女性が本当に何でもいいわけではないでしょう。

たとえば気合の入ったデートでサイゼリヤやガストなどのファミリーレストランへ連れていかれると、がっかりすることも多いと思います。

せっかくのデートなのだから、もっとおしゃれな場所に連れて行って欲しい気持ちが女心にあるからです。

 

しかし男性は言わないとわからない生き物です。雰囲気で察してほしいと思っても、女性の方が空気を読み取る力が強いため、到底男性は女性に及びません。

思っていたよりも安い場所や騒がしい場所など、デートらしくない場所に連れていかれて、思わず不機嫌になる方や嫌そうな顔をしてしまう人もいるはずです。

 

男性からすると「何でもいいって言ったのに、なんで嫌そうにしているんだ」「何も言わないくせになんで不機嫌になるんだよ」とイライラする原因になります。

あなたからすると、わからずやの彼に呆れたくなるかもしれません。

しかし男女で思考回路が異なります。言葉通りに彼が受け取って、女性からすると思ったよりもチープな店や騒がしい店に連れていかれても仕方ありません。

 

彼を怒らせるポイントは「本当の事を言わないで、不機嫌にされること」です。

「なんでもいい」と答えたら、ラーメン屋や松屋などの牛肉チェーン店などに連れていかれてしまう可能性があります。

おしゃれなお店がいいならば「個人店のカフェでランチプレートが食べたい」「チェーン店以外のお店で、ヘルシーなご飯がいい」など、具体的に答えることです。

 

具体的に答えれば、男性も女性が望むものがわかります。その上でとんちんかんなところへ連れて行ってしまって、女性が不機嫌になるのなら理由もわかるでしょう。

しかし何も言わずに不機嫌になられたら、わがままな女だと思われ、彼を怒らせることに通じます。きちんと言葉にして伝えるようにしましょう。

 

奢ってもらって当たり前のスタンス

 

2つ目は「奢ってもらって当たり前のスタンス」です。

女性の中には、デート代は男が支払って当たり前と考えている人もいます。しかしもし自分が男性だったとして、同じようにデート中に食事をし、「奢るね」と言った際に、あたかも当然かのような振る舞いをされたら、どのように感じますか。

最初から奢る気があったとしても、気分を害すのではないでしょうか。

 

多くの男性がデート代を多く出そうとしたり、奢ったりしようと考えています。

しかし、会計時に財布も出さずに先に出てしまったり、会計後にお礼の言葉がなかったりすると、男性はがっかりします。

フリだけでもいいので、会計時に財布は出しましょう。お財布を出すことで自分の分を支払う意思があるとわかり、男性も不快感を感じなくて済みます。

 

また、会計が終わった後は必ずお礼を言いましょう。

「ご馳走様でした。奢ってくれてありがとうございます」など、ご馳走してもらったこととお礼の言葉をセットで伝えることで、彼を怒らせることはなくなります。

 

男性の収入によっては、毎回奢るのは経済状況的に厳しいこともあります。たとえば新卒1年目であったり、低所得な職種だったりする場合です。

その際には、交互に支払いをしあったり、仲良くなって家デートの際に料理を振る舞ってあげたりなど、バランスが取れると良いでしょう。

そのような工夫をすることで、男性のデート代や奢りに対する不満が減り、彼がイライラすることも減るはずです。

 

デートの希望の場所を言わない

 

3つ目が「デートの希望の場所を言わない」ことです。

女性からすると、デートの希望を言わないことがなぜ男性をイライラさせるのか、わからないケースもあるかもしれません。

彼にわがままを言って大変な思いをさせないために、敢えて言わないようにしていることもあることでしょう。

しかし、デートになれていない男性にとって、毎回デート場所を提案するのは至難の業です。

 

おしゃれなカフェもふだんから利用している男性は少数派です。カフェが好きだという男性であっても、スターバックスやサンマルクカフェなどのチェーン店を利用するケースが多いからです。

したがって、単なるお茶であっても、逐一調べている可能性も多く、負担がかかっています。

 

女性の好みが知りたくて「次はどこへ行きたい?」「どんな場所がいい?」と聞いていることもありますが、おしゃれに疎い男性からのSOSサインとして聞いているケースも時々あります。

それにもかかわらず、「どこでもいいよ」「○○くんの行きたいところでいいよ」などの回答は、男性を困らせることになりかねません。

 

最初の12回ならば、合わせてくれているのかなと好印象に映ったとしても、毎回具体的に答えないようであれば、「デートする気がない」「考えてくれていない」気持ちになり、彼を怒らせることに通じます。 

男性としては、好きな女性が望む場所に連れて行ってあげること対し、喜びを感じます。好きな女性を喜ばせることができたことに、自信や自尊心を上昇させることができるからです。

けれども、いくら聞いても答えてもらえないようでは「俺とデートしなくないのかな」と自信をなくしたり、「あいつは考えてくれない。いつも俺任せだ」とイライラしたりする結果になります。

 

彼に聞かれたら行きたい場所を答えましょう。行きたい場所が遠方の場合には答えにくいかもしれません。けれども、夏休みや連休などを使えば、デートで行くことも可能です。

まずは希望を率直に伝えてみましょう。その際にどうしても言いにくいのなら「今すぐでなくてもいいけれど、この場所に行ってみたいんだ」「先でもいいから、○○へ行けたら良いなと思っているんだ。」などの言い方をしてみると、相手に負担をかけることも減ります。

言い方を工夫して、希望を伝えましょう。

 

デート中に何度もスマホをいじる

 

4つ目が「デート中に何度もスマホをいじる」ことです。

あなたはデート中にお友達や会社の人と連絡していますか。スマホを持ってデートに行くと、lineが来たり、インスタグラムにいいねが押されたり、Facebookのライブ配信がされたりなど、さまざまな通知が来るものです。

ピロンって通知が鳴れば、要件が気になって見たくなるのは自然の摂理。けれどもデート中に何度もスマホをチェックしていると、彼氏はどんどん自信を失ってしまいます。

「俺と一緒に居て楽しくないのかな」「スマホいじっている方が楽しいのかな」と良くない方向に考えてしまうからです。

 

けれども、男性にはプライドがあります。自信がない様子をあからさまに出す男性は少なく、彼女や好きな女の子の前では自信のない自分を一生懸命隠そうとします。

自信のない様子を見せたくないからこそ、不機嫌そうに眉をしかめたり、イライラした様子を見せたり、別の表情や行動として出ることも少なくありません。

 

あの人に限って自信がないなんてことはないわ、と思う女性もいることでしょう。ふだん自信満々に振る舞っている男性ならば、なおのことです。

しかしどれほど仕事ができる男性であっても、てきぱきと行動力に優れている男性であっても、時として自信が揺らぐことはあります。

特に好きな女の子の前で情けない姿を見せたくない思いから、悲しみが怒りに転じて表出されることは決して珍しくないことです。

 

デート中はなるべく緊急時以外の連絡は後回ししましょう。

連絡が気になってスマホを開きたくなるのは自然なことですが、そのまま無言で返信をし始めたり、lineのやり取りが始まったりすると、一緒に居る男性として心地の良いものではありません。

スマホをいじる際にも一言声をかけると、彼を怒らせるリスクが和らぎます。

 

たとえばスマホをいじる際に「lineが来たみたい。確認だけさせて」「メッセージが届いたから、チェックさせてね」などと声をかけましょう。

何をしているのかがわかり、彼もそわそわやイライラしなくて済みます。

 

要件によっては単なるイベントのお知らせや写真送付など、返信しなくても良いものもあると思います。その際にはデート中にはスルーしたり、スタンプだけ送ったりなどすることで、やりとりが続くことの内容に配慮することも大切です。

なかには仕事の先輩からシフト変更の連絡や仲のいい友達から悩み相談などが来ることもあることでしょう。その際には彼にきちんと理由を告げてまとまった時間を確保したり、デート後にはやり取りする時間を取り付けたりなどの工夫も必要です。

 

連絡が来たから返すという反射的な行動も、一緒にいる彼氏からすると「俺と一緒に居てつまらないのかな」との不安や「デート中なのに携帯いじってばかりだ」との怒りを引き起こしかねません。

ちょっとした配慮をするだけで彼を怒らせることはぐっと減ります。

日常の行動を改めて、お互いに心地よい付き合いができるように工夫してみましょう。

 

元カレを連想させることを言う

 

5つ目が「元カレを連想させることを言う」ことです。

デートで出かけた場所がたまたま元カレと出かけたことのある場所であったり、ドライブ中に流れる音楽が元カレと縁の深いものであったりなど、デート中に元カレを思い出してしまうこともあるものです。

不意に思い出した時に、そのまま彼に伝えてしまっていませんか。

 

男性はプライドの生き物です。今まで付き合ってきた男と比較されるのをとても嫌います。

比較する気がなかったとしても、元カレの話題が出ることで過去に付き合ってきた事実が男性側に突き付けられます。その際にジェラシーが起こらない男性の方が少ないくらいです。

 

デート中に元カレを連想させる事を言うのはやめましょう。

もちろん、多くの女性が元カレについて彼氏に話すのが良くないことであると知っていて、控えているケースも少なくないことでしょう。

だから自分は元カレの話題なんて出していないし大丈夫だと思っていても、恋愛の価値観や付き合い方について話し合う際には、元カレを想起させてしまうこともゼロではありません。

 

恋愛の価値観を話し合うとき、過去の恋愛の失敗談や良かった経験談がベースとしてあります。

初めて付き合う相手でなければ、基本的にどんどんと過去の経験を積み重ねて価値観が形成されていくケースが大半です。

しかし、たとえそうであっても過去に他の男と付き合っていた事実を男性側が自覚や認識するとショックな気持ちになってしまうのです。

 

本当の意味で自信がある男性や精神的に成熟している男性ならば、そこまで問題はありません。むしろ年齢を重ねている分、過去に付き合っている人がいるのも当然のこととして受け取れることでしょう。

しかしすべての男性がそのように受け取れるほど精神的に大人なわけではないと知っておくことも大事です。

 

元カレを連想させる話をする場合には、「もし気分を害したらごめんね。けど、私たちが付き合っていくために恋愛について真剣に話し合うことが大事だと思うから伝えるんだ」など前置きをしっかりすることです。前置きと理由を告げることで、子どもっぽくイライラしたりすることはなくなるでしょう。

 

まとめ

デート中に彼氏がイライラし始めると不安になるものです。原因がわかれば対策を打つこともできますが、理由がわからないと単なる気分屋なのか、短気なのかと片付けたくなるでしょう。

しかし無意識のうちに、男性を怒らせる言動を取っていることで、彼がイライラしているケースも少なくありません。 

女同士では問題のない「なんでもいいよ」「合わせるよ」との言動も男性とのデート中だと喧嘩の種や彼の不機嫌の原因になることも多々あります。

言いにくいかもしれませんが、自分の意見をはっきりと伝えたり、デートプランを一緒に考えたりすることで、穏やかに付き合うことができるでしょう。

 

【関連記事】

彼氏と喧嘩ばかりのカップルにすすめるコミュニケーション法

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介