低所得なのに飲み会の付き合いが重なり、ピンチになった経験はありませんか。ある程度仕方ないところですが、金欠時に好きな男性とのデートの予定が入っていると焦るものです。

せっかくのデートなら可愛くコーディネートして出かけたいものですが、費やせるお金は限られます。どうでもいい男性ならまだしも好きな男性なら気合を入れてデートしたいのが乙女心。

そこで今回は「金欠時にデート服が買えないときのやりくり術」です。

 

金欠時のデートにはお金をのやりくりを

 

金欠時にデートに誘われると、正直なところ困ってしまうものです。好きな人からお誘いしてもらえるのはとても嬉しい気持ちになりますが、お金がないと新しい服を買うことができません。

 

初めてのデートならば持ち合わせの服であってもバレませんが、何度かデートをしたことのある人ならばバレる心配もあります。

恋する乙女としては、こないだの服と同じだと思われてしまわないかと不安な気持ちになるものです。

服がないと思われるのは、女性としてプライドが傷つき、できるだけ新しい服を着て、出かけたい気持ちになることでしょう。

 

同じ大学や同じオフィスの相手ならば、私服を日頃から見られています。いつもと同じ服を着ていくことに抵抗のある人も多いことでしょう。

せっかくのデートだからこそ、たとえ金欠時であってもおしゃれしてデートしたいと思うのは自然のこと。特にファッションへのこだわりのある人ならなおさらです。

 

しかしながらもともと低所得で生活するのが精いっぱいの方やまだ学生でアルバイト代が少ない方は、金欠になりやすいもの。いつも通りに生活していては、可愛い服を新調するのは難しくなります。

そこで金欠時にはお金のやりくりをしましょう。比較的実践しやすいお金のやりくり方法を紹介していきます。

 

自炊を心がけ、外食は減らす

まず1つ目のお金のやりくり方法は、自炊を心がけることです。

外食が中心になると1か月の食費が3万円を上回ることもあり、低所得者には生活を切迫する事態になります。一人暮らしなら、自炊を心がけましょう。

 

毎日自炊をすると、1か月分1万円未満でやりくりできます。特に家の近くに八百屋やスーパーがある人は、セールや朝市を活用することで、コストダウンができるでしょう。八百屋などがない場合にも、ドラッグストアや業務用スーパー、ドン・キホーテなども安めの食用品を扱っています。

見比べて安い食材を使うことで、費用を節約できます。

 

今まで自炊していない人は、お弁当を作るのは大変かもしれません。しかし、ご飯さえ炊いてれば、何とかなります。温野菜や野菜炒め、煮物やきんぴらなどはいずれも短時間で作ることができ、お弁当に入れることもできます。面倒なときにはレタスだけ敷いて、焼いたお肉や魚を乗せ、ご飯を入れればお弁当ができます。

難しく考えずにトライしてみましょう。

 

同じく外食も減らすことが大切です。社会人になると会社の飲み会など避けられないものもありますが、デート服を新調したい場合にはひと月当たりの外食費や交際費を決めておくことが大切です。 

毎週会社で飲み会があり、会費が5000円の場合には1か月で2万円です。その他友達とのお茶代やプライベートの飲み会もあるでしょう。

うまくやりくりしたいのなら、給料に対して交際費と自炊以外の外食費は1割程度にとどめるようにしたいところです。

上限を定めておくことで、お金が貯まりやすくなり、デート用の服が買えない事態は回避できます。

 

古着屋やリユースショップで安く買う

 

2つ目は古着屋やリユースショップで安く買う方法です。

デートのたびに新しい服を買いたいと思っても、デパートに入っているブランド服は1着数万円するものも少なくありません。毎月購入するのは低所得の場合には厳しいでしょう。

 

その場合には古着屋やリユースショップで安く買うことをおすすめします。定価で1万円近い洋服であっても古着屋さんでは半額や1/3程度の価格で買えることもあります。

古着だと汚れているイメージがあるかもしれませんが、実際には1回しか試着していないものなども置かれています。中には新品かのようにきれいな状態で保たれているものもあるため、お気に入りのメーカーやブランドなどがある人は、古着屋さんを活用すると良いでしょう。

特にブランド物にはこだわらないけれども、デートのたびにおしゃれな服を着たいから、多くの服が欲しい人もいると思います。

その場合には古着屋以外にもリユースショップも行くと良いでしょう。服の積め放題イベントや1200円セールなどが行われていることもあります。

大幅にお金のやりくりができるでしょう。

 

ただし、古着屋やリユースショップのバーゲン時には、汚れや傷あとがあるものも少なくありません。事前にしっかり見極めてから購入すると、失敗しないでよいでしょう。

多少の汚れは漂白剤やメイク落としで落ちるものもあります。どのような汚れかが検討がつくようなら、買って汚れを取るのも一つの手です。

 

B級品を直して着る方法

3つ目はB級品を直して着る方法です。

一般的なアパレルショップはきれいに裁縫されて、汚れ一つないものが売られています。しかし中にはほつれがあったり、細かな汚れがついていたり、マネキンに着せていて多少伸びていたりするB級品の服を売っているお店もあります。 

もちろん、低下と比べると半額やそれ以下が一般的です。ほつれや伸びなどがあるため、きれいな見た目ではありませんが、裁縫が得意な場合は直せることもあります。

ほつれやボタンが外れかけているだけの服もあるため、簡単な裁縫道具があれば手直しをして、新品同様に見せることもできます。

 

古着屋やリユースショップと異なるのが中古品ではないことです。すでに誰かが着た服ではないため、他の人の履いた服を身に着けたくない人にも良いでしょう。

B級品と呼ぶことも多いですが、訳あり品などの言い方で売られていることもあります。お店によっては難ありと表記しているケースもありますが、すべて新品ではあります。

 

手直しをする手間はありますが、新品を安く買うことができます。お金のやりくりをしたいのなら、活用してみると良いでしょう。

最近では、楽天などのネットショップにおいてもB級品が出店されているため、簡単に検索することができます。

 

バーゲンセール・クリアランスセールを狙う

 

4つ目がバーゲンセールを狙う方法です。

季節の変わり目に売れ残った服が10%引きや20%引きで売られています。特に次のシーズンのものが主製品になる頃には、クリアランスセールで売り切りを目的としてセールが行われます。

この頃になると半額まで下がることもあります。やりくりしたいのなら、非常にねらい目でしょう。

 

バーゲンセールを狙うメリットは、新品で今シーズンのものを買うことができることです。おしゃれをしたい女性の中には、トレンドを意識している人も少なくありません。

昨シーズンのものを組み合わせてコーディネートするのも良いですが、今シーズンのものを1つでも取り入れるとこで今どきに見せることができます。 

バーゲンセールを狙うことで、新しい今どきのアイテムを安く買えます。クリアランスセールの頃には季節が変わり始めていますが、モノによっては着られるので買っておいても良いでしょう。

 

デメリットはセールは時期が限られることです。常にやっているものではないため、金欠のタイミングが季節の変わり目でないことには活用しづらいです。

しかし、日頃からチェックしておくことで買い物上手になり、出費を押さえられます。

 

友達や家族と服の物々交換をする

5つ目が友達や家族と物々交換をする方法です。

子どもの頃にお友達とシールやレターセット、おもちゃなどを物々交換した経験はありませんか。

大人になると、、お店で買うことが増えて物々交換をする機会は減ります。しかし金欠中においては服の物々交換も効果的です。

 

服のサイズが近いお友達や家族に声をかけてみて、いらない服の交換会をしないかと提案してみてください。誰もが何着かはタンスの肥やしになっている服があるものです。

それらを持ち寄って交換会を開くと、自分では揃うことのない服を手にすることができます。

 

要らないものを持ち込むのだから良いものでないと不安になる人もいるかもしれません。しかし自分にとってはいらない服であっても、他の人からしたら欲しい服になるかもしれません。

福袋を買った際に、自分はいらないと思ったグッツに対して、「いいな」と言った友達はいませんでしたか。

このように人の好みはさまざまです。固定概念を持たずに、持ち寄りましょう。

 

汚れている服や伸び切っている服などが紛れ込むのを避けたいのなら、あらかじめ持ち込む服の条件を付けておくとスムーズです。

あせておらず、収縮していない汚れのない服を持ち寄れば、意外なお宝に巡り合えるかもしれません。

 

交換会のメリットはすべての人が着ない服を持ち込んでいることです。物々交換はしたくないけれど、あってもいいなぁと感じる服に出会えるかもしれません。

その際に、各自要らない服なので、持ち帰る手間を踏まえて「もらってくれない?」「交換でなくていいからあげる」などと言ってくれる人もいるでしょう。その辺りのメリットもあります。

 

物々交換は知っている人同士で行うので、古着屋やリユースショップよりも抵抗感が少なめです。

さらに何かを買うわけではないので、お金もかかりません。

場所においても、あなたの知人のため、あなたの自宅や近くの公民館などをレンタルしても良いでしょう。市民ならば無料で使えることも多いので、便利です。

 

過去に着た服をリメイクする

 

6つ目が過去に着た服をリメイクする方法です。

一度着た服をデートに着たくないのなら、家の中にはたくさんの服がある可能性が高いでしょう。その服の中で「もう2度と着ない」「好きだけど、着れない」と感じるものはありませんか。

もしあるのなら、それらをリメイクすることをおすすめします。

 

裁縫が苦手でも問題ありません。服をチョキチョキ切り込み、パッチワークと同じ要領でつないでいくだけです。服全体をつないでも良いですが、一部だけリメイクするのも可愛くなります。

たとえば襟元がシンプルな白色であったなら、花柄の服を切り込んで上からつけても大きく印象が変わります。

 

もし裁縫があまりしたくないのなら、ボタンだけ変える方法もあります。

シンプルな丸のボタンをカラーボタンに変えるだけでポップな印象になります。花型に変えればエレガントな印象に変わります。

自分の見せたい姿をイメージしながら変えてみると良いでしょう。

 

リメイクの場合には手持ちの服の中で改造するだけなので、一切お金はかかりません。

誰かに声をかける必要もなく、お店などの情報をくまなく調べる必要もないです。色々調べたり、お金をかけたりしたくない人におすすめです。

 

一方で、リメイクは自分で手縫いもしくはミシン縫いが必要です。材料の用意や裁縫をする時間などがかかります。

忙しい生活を送っている人には不向きかもしれません。

 

まとめ

低所得層の場合には、自分なりに努力したつもりでも金欠になりやすいものです。デートの時に可愛い服が来たいと思っても、デパートにある服をポンと買うのはなかなか至難の業でしょう。

そのようなときにデートに誘われようものならば、嬉しい気持ち以上にどうやって服を調達したらいいのかという困惑さが上がってくるかもしれません。

金欠中で思ったように服が買えないのなら、買わずに可愛い服を着る方法を模索しましょう。 

お友達と物々交換をしたり、リメイクをしたりする手段もあります。物々交換をすれば、思いもよらない宝物がタダでゲットできるかもしれません。

リメイクは手間もかかりますが、もともと着ていた服を活用することができるので無駄がありません。

 

また、多少でも買うお金があるのなら、バーゲンセールやクリアランスセールを狙う方法や古着を活用する方法やB級品を直して使う方法もあります。

古着屋やリユースショップではブランド服も半額程度で手に入れることができることもあります。B級品なら誰も着たことがない服のため、中古品が嫌な人にもおおすすめです。

 

お金がなかったとしても工夫次第では、毎回デート服を変えて出かけることもできます。諦めずにうまくやりくりしましょう。

 

関連記事

・お金にも愛にも恵まれる最高の恋愛ライフを送る秘訣

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介