出会いがない・彼氏が欲しい女子におすすめの6つの場所

彼氏が欲しくて出会いの場へ行ったのに、全くタイプでない方やダサい方、ちゃらちゃらしている方などばかりだと、もうどうしたらいいのかと困り果ててしまうものです。

ひょっとしたら自分は一生独身かもしれないという考えが浮かんで、儚い夢が消えそうになっているかもしれません。

もしだめかもしれないと諦めそうになっているなら、別の出会いの場があります。

今回はイレギュラーの出会いの場を紹介します。

1.少人数で盛り上がりたいなら合コンへ

まず代表的な出会いの場が、合コンです。10代~20代後半までの利用者が多く、ノリもアップテンポな特徴があります。合コンの場合には3対3が基本となっているため、一人一人の男性とじっくり話したいのなら、おすすめできます。

 

幹事は基本的に女側と男側の1人ずつで、それぞれが趣旨に合わせて独身の男女を集めます。当然、結婚している人は来ません。加えて幹事が知っている人を集うために、事前情報としてどのような人が来るのかを知ることができます。女性サイドに要求されるものとしては、顔や年齢であることが一般的です。反対に男性サイドへの要求としては、年代や収入、職業や肩書などの場合が多い特徴があります。

お酒が混じるためにぶっちゃけトークになることも多く、初対面であっても意気投合する方や急接近する方もいます。男嫌いや話下手であっても盛り上げ役がいることも多いので、打ち解けられない心配もありません。

もし事前に出会いたい男性像があるなら、男友達のたくさんいる知人に幹事をしてもらいましょう。そうすることで、希望に近い男性と効率よく知り合うことができます。

 

合コンの注意点としては、必ずしも結婚を考えているわけでないことです。男性陣の目的が男女の出会いであって、寂しさを紛らわす相手が欲しいだけの場合や肉体関係だけを求める場合もあります。そのため相手を見極める目は必要です。合コン慣れしている男性の中には、彼女持ちでセカンドを探しに来ている方や婚約者がいる状態で遊びたいだけの方も紛れていることがあります。十分に注意をしたうえで、参加することをおすすめします。

 

2.効率よく出会いたいなら婚活パーティーへ

続いて、ご紹介する出会いの場は婚活パーティーです。男女それぞれ10名以上が参加することも多く、わずか2時間程度で10名もしくはそれ以上の方と出会うことができます。効率よく異性と出会いたいならおすすめです。

 

基本的に参加者は結婚を意識していることが一般的です。名前に婚活とあるだけあって、カップリングによるアドレス交換、交際、結婚への道筋を意識している方が少なくありません。結婚をしたいと思っているのなら参加する価値はあります。

現在は20歳から50代まで幅広い年代が利用し、基本的に同年代とのマッチングを促すことが多いです。たとえばあなたが29歳なら20代限定の婚活パーティーもしくは25~34歳のアラサーを集めた婚活パーティーなどがあります。

多様なニーズにこたえるためにあえて年齢をずらしたパーティーもあります。たとえば20代女性と30代男性のパーティー、アラサー女子とアラフィフ男子のパーティーといった具合です。

けれども婚活パーティーにもデメリットはあります。一度に効率よく出会うことができる一方で、一人と話す時間は少なく、よっぽど記憶力が良くないと忘れてしまいます。相手に好感度をもってもらう会話術を実践したり、インパクトなる服装をしたりして、記憶に残してもらう必要性が出てきます。もちろん、自分の記憶からも抜け落ちないように、会話の最中であってもメモの準備は不可欠です。注意しましょう。

 

婚活パーティーによっては面白い催しを兼ねている場合もあります。たとえば料理婚活パーティー立食婚活パーティーなどです。原則婚活パーティーは飲食が伴わないマッチングサービスです。しかしながら、一緒に料理を作りつつグループごとに食事をするパーティーやフリードリンク・フリーフードで飲食をしながら楽しめるパーティーもあります。

この場合には通常の婚活パーティーとは違い、イベント型と言われることもある形式です。料理婚活パーティーは一度に4~8人程度の班に分かれて料理を作る共有経験は、相手の私生活も垣間見え、じっくり話すことができます。少人数制かつ結婚を意識した人と出会いたい人にはおすすめです。

 

立食型の場合には、フリーパーティースタイルになっているため男女ともに自由に気になった異性と話すことができます。自由に話せるため、外見のいい方や煌びやかな方などは一度に複数の男性から声をかけてもらえて、アプローチが期待できます。その一方で長所が内面の女性に関しては、自分からも積極的に声をかけたり、アドレスを聞いたりするなどのアクションが求められます。

 

3.真剣に結婚まで考えているなら結婚相談所へ

続いての出会いの場は、結婚相談所です。合コンや婚活パーティーにおいても、身分証明書を求められることはなく、嘘をついて参加する方は一定数存在します。けれども結婚相談所であれば、住まいや年齢、職業などの個人情報はもとより、独身証明書の提出が求められるため、登録者は確実に独身だとわかります。また男性に関しては収入も証明として提出が求められているので、現時点での収入もはっきりわかります。安心して付き合いたいなら、結婚相談所を利用するのを検討してもよいでしょう。

 

もちろん、デメリットもあります。合コンや婚活パーティーであれば1度の参加費が1000~4000円程度です。場合によって、女性は支払わないで良いこともあります。けれども結婚相談所の場合には、登録するだけで数万円の費用が掛かり、月額費用に加えて、結婚に至る場合には成婚料とトータルで30万以上かかるケースが少なくありません。

今すぐにでも結婚を考えている方と付き合いたいと切羽詰まっている方には良いかもしれませんが、費用もかさむため慎重に考えたいところです。

 

4.自力で見つからない場合には友達の紹介を

婚活パーティーに参加したけれど次へとつながらず、合コンのノリにも何となくついていけないと感じる方もいると思います。それでは結婚相談所に入るかというと、そこまで困っているわけでもなく、可能な限り自然と出会いたいと思っていませんか。その場合には、お友達の力を借りてみましょう。

 

昔からお付き合いの長い友達はいませんか。幼馴染や親友であれば、十分にあなたの性格を熟知していることでしょう。その友達に独身で彼女が欲しいと言っている男の子がいないか聞いてみてください。

お友達に聞くなんて恥ずかしいと思うかもしれません。可能なら自力で素敵な男性と巡り合いたいと思うのは自然な欲求です。しかし自力で見つからないときには人の力を借りてみるのも決して悪いものではないのです。プライドが邪魔をして素直にお願いしづらいかもしれませんが、思い切ってお願いしてみましょう。

付き合いの長い友人であれば、良いところだけでなく癖のある部分や良くない部分も知っているものです。それを知ったうえで紹介してくれるならば、自分と会いそうな人を選んで合わせてもらえる可能性も少なくありません。自力で頑張って婚活パーティーに参加をしたり、合コンで盛り上がろうと気合入れて参加しまくったりするよりも、効率的に出会える可能性すらあります。

仲の良い古い友達や濃いつながりの友達に聞いてみましょう。男友達はろくにいなさそうだからとお願いしないのはもったいないことです。男友達はほとんどいなかったとしても、働いているのなら職場の同僚や上司、後輩や取引先などのつながりがあります。結婚しているのなら旦那の友達にさらにお願いして引き合わせてもらうこともできるかもしれません。恥ずかしかったとしても、勇気を出して聞いてみましょう。

ただし、注意点もあります。お願いをするのは必ず仲が良い人だけにしてください。会ってみて相手は好感を持ったとしてもあなたが興味を持てない場合もあり得ます。その場合、友達が紹介してくれたんだから断りにくいと思ってうやむやにしては、好きな人と付き合うことはできず、結果的に別れに至りやすくなります。だからこそ、自分の中で違うと思ったときにそのことを正直に伝えて角が立たない人を選ぶ必要があります。

もしあなたの中で、断ると関係性が崩れてしまう人だらけであるならば紹介は選ばない方が無難です。我慢して付き合っても幸せにはなれません。自分を幸せにできるのは自分自身です。自分の中に生じる素直な気持ちを大事に生きるには、きっぱり気持ちを伝えて行動することは必要不可欠です。

 

5.意外と穴場な交流会での出会い

続いて紹介するのは「交流会」です。ビジネス交流会に参加をしたことはありますか。自営業の方や営業職の方、イベント業の方ならば参加したことのある方も少なくないはずです。反対に、事務職や技術職であれば参加したことのない方も多いので、知らなかったとしても自分を責めたり、無知だと思ったりしないで大丈夫です。

 

交流会は名前の通り、ビジネスとしての交流会です。自分の人脈を繋げたり、顧客を紹介してもらって販促をしたりする目的での参加が一般的といえます。けれども、交流会であれば名刺交換をするため相手の会社名や役職、職種や勤務地などが一気にわかります。交流タイムには相手の具体的な仕事の話が聞けることも多く、休みの日や残業時間なども知ることができます。これらは将来結婚を考えるのであれば、知りたい情報でしょう。下手な質問をしなくても、相手の人と会話をするだけで詳しく仕事関連の情報が手に入ります。

加えて交流会の場合、少人数制であることも少なくありません。自由にドリンクがセッティングされ、飲み物片手にいろんな方と話します。下手な営業の方ほどすべての人と話して名刺を配ろうとしますが、営業慣れしている方や経営者さんは全員と話そうとはせずに、じっくりと話の合う方と会話を深めていきます。相手の動き方次第でも、どのような方か人となりや営業スキル度合いが見えてきます。

じっくり話せる相手であれば、個人的な話まで発展することも少なくありません。相手があなた自身に興味を持てば自然とアポイントを取ってくれて、次回合う日程が決まります。

アポイントといってもカフェや喫茶店でお茶することが一般的なので、デートのようなものです。初回のデートまでのハードルが高い方は、交流会を活用してみるのもアリです。イレギュラーな出会いの作り方ですが、1対1のアポイントの際に女性として興味を持ってもらえれば、水族館や動物園などのワンデーデートに発展することも可能です。

注意点はすでにピーンと来ているかもしれませんが、ビジネスの場であるため男女の出会いを求めている方は少人数です。相手が既婚者であったり、彼女持ちであったりする可能性もあります。営業マンや経営者によっては指輪をはめていない方もいるので、指輪で判断しようとするのではなく、正面を切って聞いてみましょう。

どのように聞けばいいのか迷った際には「○○さんは話し上手ですね。きっと彼女さんも○○さんのトークにメロメロでしょう?」など鎌をかけてみるのもアリです。いないのであれば「いやいや、そんな方がいたらいいのですが」「全然持てないんですよ」などの返答が来ます。反対にいるのであれば曖昧な返事をしたり、肯定的な返事がきたりするので、そのあたりで判断するとよいでしょう。

 

6.公募イベントに参加してみる

 

最後の出会いの場としては「公募イベント」への参加です。あなたはSNS上で募集されている飲み会やバーベキュー大会に参加したことはありますか。少し前であればmixi、最近ではfacebookを中心とするイベントが多数存在します。

 

イベントであれば一度にたくさんの人が集まります。募集文章に「友達募集の方」「彼氏や彼女の欲しい方」などのうたい文句があれば、参加者の大半が恋愛相手を求めているとわかります。

一緒にお酒を飲んだり、バーベキューでお肉を食べたり、共有体験をすることで自然と仲良くなることができます。人見知りであっても大丈夫です。幹事はたいてい一人ではやりません。たいていの場合4人以上のグループ主催が中心のため、あぶれてしまっても幹事の片側の中に入れるようにフォローしてもらえることが一般的です。趣味や目的に合ったイベントに参加して、仲いい男性と知り合いましょう。

注意点としては、サクラの存在です。基本的に独身の方や彼氏・彼女のいない方が集まります。けれども人数がたくさん集まっているように見せるために男女ともにサクラが紛れていることが少なくありません。基本的に幹事のように仕切ったり、ムードメーカーをしたりなどの目立つ行動をしていないこともあるので見分けるのは難しいです。もしサクラであっても恋人募集中のケースもあるため、あまり気にせずに独身かどうかと、彼女がいないかどうかのチェックだけすればよいでしょう。

 

まとめ

異性と出会う場所というと、真っ先に合コンを連想する方が少なくありません。しかしそれ以外にもイベントへの参加や婚活パーティー、結婚相談所や交流会など多様な場所があります。出会うチャンスは無数にあると言えるでしょう。もちろん、それぞれメリット・デメリットもあります。だからこそそれぞれの注意点を踏まえたうえで、参加してみましょう。