•  > 
  •  > 
  • 「彼氏いない歴=年の数」で不安な気持ちと現状の対処法

「彼氏いない歴=年の数」で不安な気持ちと現状の対処法

連絡を交換しても次へとつながらず、デートをしても盛り上がりに欠けて、月日ばかり過ぎると「一生恋愛ができないかもしれない」と不安や恐怖が募るものです。

でも安心してください。たとえ今まで一度も交際経験がなくても、あなたが悪いわけではありません。たいていの場合、恋愛の知識が不足し、自分に合ったアピール方法を知らないだけです。

そこで今回は「彼氏いない歴=年の数」の現状を打破する方法をお知らせします。

彼氏ができないのは性格の問題ではない

日ごろ恋愛カウンセリングで相談者のお話を聴く中で、よく耳にする言葉があります。それが「自分が悪いから恋愛ができない」との思い込みです。

確かに長年にわたって恋人ができないと、自分の性格に重大な問題があるのではないかと強い不安や恐怖に襲われてしまうかもしれません。10代20代であれば、「まだ若いから」とごまかせる部分があります。しかし30代に入ると同じように「年齢の数=彼氏いない歴」の方は多くなく、それがまた強い不安感を掻き立てる一因でもあります。

 

けれども恋愛でお悩みの方のお話を伺っていると、たいていの場合は一般常識を持ち合わせ、人としての気配りができ、人間性にも性格的にも重大な問題があるようには感じないのです。

それでは何が交際に至るのを阻むのでしょうか。実は性格が良かったり、気遣いができていたりしても「恋愛のコツ」「男女の思考の違い」などを押さえていないと、スムーズな恋愛関係に至れない節があります。

いわゆる恋愛においての常識が社会における一般常識とは別に存在しているのです。それを理解せずに彼氏を作ろうとしても恋愛における常識が不足し、うまくいきません。

 

決してあなたの性格が悪いわけでも、女として価値がないわけでもありません。知識の有無にすぎないのです。つまり、これから新しく恋愛の知識を身につければ年齢のいかんにかかわらず、彼氏を作ることはできます。

年齢的に出会いがなく難しいと不安な方へ

年齢がアラサー・アラフォーとなっていくと、出会いの場に足を運んでも相手にしてもらえずに「もうだめかもしれない」と不安な気持ちになるかもしれません。

婚活サイト恋活アプリ、合コンや街コンなどへ出会いを求めに行くと、ちやほやされるのは決まってぴちぴちの若い20代です。そう思いたくなるのはひがみでも、あなたが弱いわけでもありませんのでご安心ください。

男性の心理として、若い子を好むのはれっきとして理由があります。30代や40代の男性であっても、恋愛対象として20代を選ぶのは「遺伝子」に隠されています。男性の生物学的なつくりとして、自分の遺伝子を多く残したいという本能があります。その際に若い方が妊娠しやすく、結果としてちやほやするのにすぎません。

 

「30代だしもう相手をしてもらえない」と諦めるのはまだ早いです。ここで書いたお話はあくまでも遺伝子上の働きであり、本人の意思とは関係ない生理的な反応です。多くの男性が、自分の年齢をわきまえ、結婚を視野に入れたときに同年代をも対象に入れます。それは本能だけでなく、きちんと理性を兼ね備えているからです。

私の友人には30代で初めて付き合った人と結婚した人もいます。これは男性が見た目や本能だけでなく、「きちんと生涯を一緒に歩めるか」「一緒にいて楽しいか」などの感情や内面性、価値観などを評価し、大事にしていることを表しています。

 

だからこそ自分の年齢で恋愛をあきらめる必要なんてこれっぽっちもありません。もし仮に今まで彼氏がいなかったとしても、これからいくらでも変わっていく可能性があります。

恋愛相手ができるか不安で仕方ないときに

そうは言っても今までお付き合いした人がいないと、自分のことを大事に思ってくれる人が現れるのか不安になったり、このまま一人なのではないかと心配になる方も少なくないと思います。

そのようなときは不安や心配な気持ちをぎゅっと抱きしめましょう。人間ですから完ぺきではありません。どうしようもないほど強い気持ちが押し寄せて不安になることは誰だってあることです。

年齢とともに同年代の友達の結婚式の招待状をもらったり、子どもが生まれた報告をもらったりすることが増えます。そうすると周りの友達と比べて、自分がダメな人間のように思えて泣きたくなる夜もあるかもしれません。

「泣いちゃだめだ」「モテる女性はもっと凛としているはず」との思い込みが、余計に感情を高ぶらせ、より一層不安感が強まることもあります。人間だからこそ、笑顔になれない時だってあります。悲しみや悔しさ、切なさや不安感など、マイナスの感情も不要な感情ではありません。

 

押し寄せてきた感情があったらその気持ちをぎゅっと抱きしめてあげてください。それらの感情が押し寄せてくるということは、あなたの中にそれほど恋愛に対して強い関心を持ち、意識が向けられているからこそ起こる反応です。まだ恋愛に対して希望を抱いているからこそ、諦めていないからこそ沸き起こる感情です。

そう考えたら悲しみや不安感すら愛おしく感じませんか。すべての感情は必要な感情であり、すべての思考はその時必要な考え方です。否定せずに受け止めて前へと進んでいきましょう。

 

恋愛経験の少なさがばれるのが不安なときに

今までお付き合いした経験がないと、気になる男性と仲良くなっても「もし今まで誰とも付き合ったことがないと知られたら面倒くさがられないかな」「この年で恋愛経験ゼロだなんて言ったらもう会ってもらえないんじゃないか」などの不安が渦巻くこともあることでしょう。

 

同年代と比較して明らかに恋愛経験数が少ないと、比べてしまって不安感が増すのはよくある話です。けれどもこの心配はたいていの場合あてはまりません。それは男女で恋愛の際の思考が大きく異なるからです。

男性の場合、恋愛時の主導権は自分が握りたいと思う生き物です。だからこそ相手の女性が自分以上に恋愛経験があったり、恋愛経験が豊富であったりする方が嫌がります。恋愛経験が少ない相手の方が安易にデートや恋愛時にリードすることができるので、好みます。

加えて、恋愛経験が多すぎると過去の男性陣と自分が比べられることに対して嫉妬や自信のなさからくる攻撃性を増幅させ、けんかに発展しやすくなります。恋愛経験の少なさは男性に伝えると、むしろ男性が安心することが多いくらいです。

 

もし過去に恋愛経験がほとんどないことでイヤな発言や行動をされたのなら、原因は2つあります。1つは相手の男性が恋愛ではなく「遊び」が目的であった場合です。もう1つは「恋愛経験はなくていいけれど、恋愛の常識は理解していてほしい」と男性が思っている場合です。

遊び目的の男の対応策

1つ目の遊び目的の場合、恋愛経験が少ないことでテンポよく付き合うことができなかったり、逐一恋愛について教えなくてはならないことが面倒であったり、恋愛に消極的であったりすることへのわずらわしさを感じたりします。しかし、ワンナイトラブやセカンド、愛人や割り切った交際などを求める男性のする行動です。

あなたが真剣な恋愛を求めるのなら、恋愛経験の少なさを笑ったり、煩わしそうにしていたりする相手はターゲットとは異なります。速やかにその男性から離れましょう。恋愛を楽しむのが目的であり、ゴールインしたり責任をもって交際してくれたりする相手ではありません。 

不快な思いをするかもしれませんが、遊び目的の男性と長くいると女性が深く傷を負います。恋愛経験の少なさをあざ笑う言動や面倒くさそうにするしぐさがあれば、速やかに離れるのが正解です。

経験はなくていいけど常識は欲しい男の本音

もう1つの「恋愛経験はなくていいけれど、恋愛の常識は理解していてほしい」願望は、多くの男性が無意識で持っています。気を付けたいのが多くの場合「無意識」「無自覚」に持っている点です。

具体的には、女性の恋愛経験が少ないことで、男性がデート中にイニシアティブをとることが出来、みっともない部分を悟られずに済みます。その点男性の自分が上に立ちたい願望が満たされやすく、女性の恋愛経験が少ないことは肯定的に受け止められます。

発言としても「今まで付き合った人がいないということはそれだけ堅実なんだね」「恋愛経験が少なくても大丈夫だよ」「僕は気にしないから」などの言葉が出てきやすいです。

ただし注意点もあります。それは無意識的に「恋愛の常識は理解してほしい」と思っている節があるからです。

たとえば男女で物事の思考回路が大きく違います。男性の場合結論ファーストで、結果志向が強い傾向にあります。対する女性はプロセス思考で、対人関係重視の傾向にあります。

そのため男性と話をするときに、女性と話すように曖昧な表現や悟ってほしい発言は基本的に通じません。冗長な話の中から主訴を感じ取ってケアしてほしいという女性心理が男性には到底わかり難く、ひどい場合だと男性が苛立ちを募らせケンカに発展することもあります。

 

恋愛経験とともに男女の思考回路が違うことや恋愛への価値観が男女で違うことを学んでいきますが、恋愛経験が少ないことで事前知識が不足していても、男性側としてはその年齢で基本的には備わっているものと無意識に思っていて、恋愛経験によって培われているという自覚がありません。

だからこそ「なんでそんなこともわからないの?」と否定的もしくは懐疑的な反応が返ってくる場合もあります。恋愛経験が少ないことそのものは問題視されませんが、それに伴う男性への知識不足があることは含まれていません。そのため時として傷つく発言をして、余計に恋愛に消極的になるような気持ちにさせられることもあります。

そのような場面に合わないためにも男性心理を知るために知識を補っておくことと、異性の友達を作っておくことが大事です。

 

まずは恋愛経験を積むべきとの声は間違い

 

交際経験がほとんどないと友達に伝えると、あなたのことを心配して「まずは付き合ってみたらいいよ」「いろんな人とデートしてみたら」などの発言をする人もいると思います。その発言そのものが間違っているわけではありません。しかしその言葉を真に受けて好きでもない男性ととりあえず付き合うのは、危険なときもあります。

 

恋愛コンサルタントや恋愛塾運営者によっては、まずは経験を積むことが大事だからとデートや交際をするように指導するところがあると耳にします。確かにデートを重ねることで男性受けしない話し方や好まれるリアクションなどを自然に理解することができたり、デートや恋愛慣れに繋がったりもします。そのため100%間違っているとは言えないところではあります。

けれども、好きでもない男性とのデートや交際は女性を磨くことにはつながりません。単に誰でもいいから付き合いたいのならそれでもよいのですが、幸せな恋愛をしたいのなら好きな人とデートをし、お付き合いをするのが幸せの秘訣です。好きでない人と手を繋いだり、唇が触れ合ったりしても心からの喜びは感じられないものだからです。

巷では恋愛本のハウツー本や恋愛コンサルタントの指導であふれかえっています。自信がないとついそれらに頼りたくなる気持ちもわかりますが、本当の自分の気持ちを忘れないようにしましょう。ルックスを整えたり、男性心理を理解したり、デート慣れをしたりすることも必要になる場面もありますが、たとえ誰かと結ばれたとしても好きでない相手であれば、心身からの喜びを感じられずに、本当の意味での幸せを手にするのは難しいものです。

焦りや不安が強まる時もあると思います。けれどもそんな時こそ自分の声を大事にすることです。人間だから先の見えない不安感に駆られてまずは何か行動しなきゃと思い、わかりやすい指導本に頼ってしまう時もあるかも知れません。けれども、もしあなたが幸せな恋愛を望むのならそれは間違いです。

 

幸せの恋愛の形は人の数だけ存在します。答えはどこを探しても見つかりません。もちろん、恋愛の王道ルールや押さえておきたいツボコツも存在はします。けれども自分の心の声を無視して形だけ真似をしても、本気で恋愛してきた人には通用しません。もし真似をして彼氏を手にしても、本当のあなたではないので本当のあなたを見せたときに幻滅されたり、別れに至ったりします。

日ごろ恋愛カウンセリングの相談に乗っていると、どうも不安から背伸びをしてよく見せ、結果として現実のあなたと見せているあなたとにギャップが生じ、うまくいかなくなりがちです。

 

まとめ

本当の意味で幸せになりたいのなら、心の声を聴きつつ、必要な知識を蓄えるのが正解です。本当はしたくもないのに猫なで声で甘えるふりを勧める本やとりあえずデートで経験を積むように指導する本もあります。間違ってはいませんが、幸せな恋愛を願うのなら自分の心の声を無視しないことです。

年齢や恋愛にかかわらず、彼氏を得たり、結婚に至ったりすることは可能です。恋愛の常識や男女の思考の違いを認めることで、理想の相手と本当の意味での幸せな恋愛関係になることが出来ます。人にうそをつくのもよくありませんが、自分にもうそをつかないように気を付けてくださいね。