好きな気持ちは彼も一緒だとわかるけれど、何度デートをしても一向に告白してくれない状況は不安に感じるものです。

彼の様子をじっと観察していると、自分に自信がなく告白できないのが伝わってくることもあるでしょう。

埒のあかない現状に、自分から告白しようかと一瞬よぎっても、できる限り男性から告白してほしいのが乙女心。

そこで自信の持てない草食系男子が告白できるようにするためのアプローチ方法を紹介していきます。

彼の男らしさや男性性を褒める

自分に自信が持てない男性へのアプローチ方法として有効な方法が「褒める」ことです。

もうすでに良いところを褒め、勇気を出させてあげようと努力しているという声が聞こえてきそうですが、単に褒めるだけでは物足りないこともあります。

なぜなら自分に自信が持てないと嘆く男性のほとんどが「男性性への自信のなさ」を持っているケースが少なくないからです。

 

褒める際には男らしさや男性性を褒めましょう。

たとえば悩み相談に乗ってもらった時に「優しいね」「ありがとう」とお礼やその親切を褒めていませんか。の褒め方自体が悪いわけではありません。

しかし自信を持ってほしいのなら、「○○くんって頼りがいがあるね」「○○くんの言い方は力強くって、元気でる」などの男らしさを褒める方がより効力を増します。

 

草食系男子で自信が持てない相手には、男性性や男らしさを褒めて、自信を持ってもらいましょう。

投げかける言葉を少し変えるだけで、相手に与える影響力も変わます。

力強さや頼りがい、安心感や男らしいなどを褒められて、嫌がる男性はいません。伝えられる場面でどんどん口に出していきましょう。

 

男性の方が思考回路がシンプルで単純にできています。褒められ続けるうちに、「自分は頼りがいのある人間だ」「自分には男らしさがある」などと肯定的に捉えられるように変わっていくことでしょう。

自分に自信を持つことで、告白に踏み切ってもらいやすくなります。

 

女性の弱さを見せて訴えかける

2つ目のアプローチ方法は「女性の弱さを見せる」方法です。

日頃から彼に甘えたり、彼に頼ったりなどはしていますか。しっかり者の女性の場合には、男性が自分の必要性について疑いを持ち、自信を損なうことがあります。

 

これぐらいは自分でやらないとと思ってすべてを背負い込んでいたり、彼が仕事や課題などを手伝おうとしているのを「大丈夫だから」とスパッと断ったりなどしていると、次第に「俺なんていなくてもいいだろう」「彼女一人で生きていけるもんな」と決めつけてしまいます。

しっかりしようとせずに、大好きな彼に甘えてみましょう。

 

しっかりした女性やキャリアウーマンの場合、甘えを悪だと捉えがちです。甘えることへの抵抗感が一人で頑張って解決する現状を作り出します。

しかし、男性は頼られたい生き物です。好きな女性から頼られたり、甘えられたりして嫌がる男性はほとんどいません。勇気を出して甘えたり、頼ったりしてみましょう。

 

日頃からあまり甘えることのない女性の場合には、甘え方そのものがわからないと悩むケースもあることでしょう。無理して甘えようとするとぎこちなく、不自然さが漂います。

その際には、自分の弱さを出すようにシフトチェンジすることをおすすめします。

たとえば一見仕事をバリバリとこなす女性にみせていても、実は暗い道を帰るのが怖いという面を持っているのなら、「夜道を一人で帰っていると怖いんだ」と打ち明けてみることです。

意外な弱さを見た彼は、「強がっているだけで一人で生きていける人ではない」「俺が守らないと」と認識を変えることになります。

認識を変えることになった彼は、草食系男子特有のおとなしい姿から、本来持っている男性性を発揮することになります。

守ろうとする意識が働くことで、付き合うための告白へも意識が働きやすくなるでしょう。

 

弱さを見せるのは嫌かもしれませんが、人間なら誰しも強さと弱さを持っています。弱さを見せることで仕事面ではデメリットが働くことはありますが、恋愛面ではそうではありません。男性には好きな人を守りたい気持ちを持っているからです。

強がったり、いい面だけを出したりせずに、好きな人に弱い面をも見せて、眠っている男性性を開花してもらいましょう。

 

女として魅力を感じていないのかを聞く

3つ目のアプローチ方法は「魅力を感じていないのかを聞く」方法です。

彼にも好意があるのは感じつつも、告白まではしてくれない状況は女性にとって、不安な気持ちに駆られるものです。ひょっとしたら女として魅力を感じてくれていないのか、単なる仲いい友達としか感じていないのかなど、さまざまな思考が脳内をよぎり、不安な気持ちが増幅します。

 

多くの女性が過去の彼の言動を振り返って、安心材料を探すのですが、彼自体が肯定してくれたわけではないので不安な気持ちは消えません。

だからこそ、彼に「私って女として魅力がない?」「女としての魅力を感じてくれてる?」と聞いてみるのをおすすめします。 

しかし直球の質問は怖いものです。照れや戸惑いから曖昧に言葉を濁されたり、話題を変えられたり、逆切れされたりしたならば、よけいに不安な気持ちが増してしまうからです。

しかし、この質問をすることで、彼の腹が決まることもあります。

 

魅力の有無を聞く質問は、目を見て聞きにくいものです。口にして言えたとしても小声になったり、伏目がちになったりすることでしょう。

しかし無理して目を見て質問する必要はありません。むしろ小声で不安そうに聞く姿を見て、彼自身がしっかりしなくてはならないとの気持ちになることでしょう。

はっきり告白しない状況や友達以上恋人未満な関係性であることは、あなたを不安がらせているということにハッと気づけるからです。

彼自身が草食系男子として曖昧さを持つことで、あなたが不安な気持ちになっているのを知れば、「告白しよう」「はっきりして安心させなきゃ」との気持ちになります。

 

そのためにも小声でも、ぼそっと言うだけでもいいので、彼に聞こえるように口に出してみてください。

彼がその言葉に対して意図を感じ取れていなかったり、逆切れや言葉を濁す様子があるのなら、「○○くんにとって女らしく感じていないのかと感じて、不安になったの」と素直に口にしましょう。

恋愛経験が少なければ鈍感さが増します。「魅力がないのかな」と発した言葉の意図を感じ取ってもらえなかったとしても、彼には悪気はありません。女友達が少ないか、恋愛経験値が少ないか、男性特有の言葉をそのまま理解する男性脳が強いかのいずれかです。

返される言葉やリアクションにくじずに、「不安な気持ち」をストレートにぶつけてみましょう。

今の現状や彼の言動に対して不安に感じていることを伝えることで、好きな気持ちを自覚できている男性ならば告白へと行動に移してくれます。

 

交際をイメージさせる会話をする

4つ目が「交際をイメージさせる会話」です。

自信がなくて告白できない男性の中には、付き合ったとしてもあなたを幸せにできるのか、楽しませることができるのかと不安がっていることもあります。

だからこそポジティブな未来イメージを抱けるような会話をしましょう。

「彼女ができたらどんな場所へ行ってみたい?」「付き合ったら、どんな風にデートしたい?」

などわくわくと心が弾むような質問をすることで、彼の中の漠然とした妄想から具体的なワンシーンに変わっていきます。 

一緒にスポーツ観戦をしたり、ライブへ行ったり、はたまた喫茶店で語り合ったり、のんびりとお弁当をもってピクニックをしたりなど、彼の性格が見える回答が返ってくることでしょう。

彼なりの回答が来たら、話題を膨らませて、「恋愛=お互いに幸せな気持ちになる」「恋愛=楽しい」と想像できるようにしていくと、ポジティブな気持ちになりやすくなります。

 

たとえばライブに二人で参加することで、どのような良いことが起こるのかを想像し、答えることで具体的なイメージになります。

人によっては、きずなが強まったり、楽しい気持ちを共有できたり、好きなアーティストを共有できて理解してもらえたりなどの答えが来るかもしれません。いずれにしても、彼にとっては幸せな経験になることでしょう。

 

彼にとって幸せなデートや恋愛のイメージができたら、付き合う相手にとってのメリットの話に発展させていきます。

「付き合っている彼と一緒にライブ行けたら、私も楽しい気持ちになる」「私だったら、彼氏と一緒にライブ参加したら楽しい気持ちが共有できて、幸せ」などのフィードバックをすることで、自分だけでなく彼女も幸せにできることを想像できます。

このあたりの会話は告白すれすれのため、人によっては嫌だと感じるかもしれません。しかしこのくらい具体的に会話をすることで、ようやく幸せな未来イメージができる男性も存在します。

自分が楽しめるイメージは持てたとしても、交際相手が付き合える自信を持てない男性もいるためです。

具体的な会話で、幸せな恋愛イメージができるように会話で導いてあげましょう。

 

幸せにできるイメージを持つことで、男性の中の不安感が軽減し、告白へと踏み切りやすくなります。

自信がない草食系男子には具体的な質問を用いて、良いイメージの創造を掻き立ててあげましょう。

 

付き合ったらしたいことを伝えておく

5つ目のアプローチ方法が「付き合ったらしたいことを伝えておくことです。

先ほどの4つ目のアプローチ方法は彼の中での理想のデートや恋愛を引き出して、幸せな恋愛を想像することでした。

5つ目はあなたの理想のデートプランや行ってみたい場所などを伝える方法です。

 

付き合う前には気軽にデートでよいと思っていたとしても、交際後にはどのようなデートをしたら彼女に喜んでもらえるかがわからず、不安を抱える男性もいます。

だからこそ、行ってみたい場所や理想のデートプランなどを伝えることで、「これを実践したら喜んでもらえる」「こうしたら彼女が幸せになる」とわかり、彼にとっても安心材料になります。

 

伝える際にはなるべく具体的にしましょう。漠然とした内容では彼の中の不安が増幅されたり、プレッシャーが増したりします。

「ディズニーランドで、ショー・パレードをたくさん観たい」「海辺でぼんやり夕日を眺めて、夜は夜景を見ながらレストランでディナーが理想」などの伝え方をすることで、彼女を満足させる方法がわかります。 

海デートと一言で言っても、海辺をドライブすることを連想する人や海辺でビーチパラソルを用意してぼんやり眺める光景が浮かぶ人、水着を着て海の中で遊ぶ状態をイメージする人など、さまざまです。 

せっかく準備しても満足してもらえなければ、彼としては一人の女性も満足させられない男だと自分を蔑んだり、情けない男だと自らを罵倒したりすることになります。

それは男性としては可能な限り避けたい事態です。

それらを避け、自信をキープするためにも、付き合うことを可能な限り先延ばししたいと無意識で感じていることもあります。

 

喜んでもらえるデート内容や楽しんでもらえるデート場所などを伝えることで、付き合った後に失敗することが減り、自信を無くさずに済みます。

また具合的にデート内容を伝え、「一緒に居る人が○○くんだったら素敵だな。嬉しいな」などの言葉を伝えることで、フラれるリスクが低いことも伝わります。

告白すれすれのラインですが、ここまで言わないと自信のなさから踏み切れない男性もいます。草食系男子の場合には自発的な行動も少ないため、ここまで伝えても良いでしょう。

不安を払しょくすることで告白へと至りやすくなります。

 

まとめ

仲も深まって、彼の好意も感じるけれど、告白してもらえない状態は情緒的に不安定になるものです。ひょっとして女として魅力をあまり感じてくれないから告白してくれないのか、と良くない不安が広がったり、好意があると感じるのは自分の勝手な妄想かもしれないと思ったりする人も少なくないことでしょう。 

しかし、告白してくれないのは単に彼が自分に自信の持てない草食系男子だからであることもあります。

自信をもって告白できるように男性性を肯定する励まし行動を取ったり、弱いところを敢えて見せて彼の中にある男性性を掘り起こしたりなどのアプローチをすることで、告白へとつながりやすくなります。

楽しいデートや交際がイメージできるように、質問やコミュニケーションを工夫して、草食系男子であっても告白できるように、安心感を与えましょう。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介