理想の男性と出会い、恋に落ちたいと夢見る女性は少なくありません。

学校や職場などで出会い、自然と恋愛に発展できたなら、それがベターでしょう。しかし家と学校もしくは家と職場の往復生活では、男性との出会う量が少なく、理想の男性と付き合える確率は低いものです。ときに出会いの場所に足を運ぶことも必要になります。

そこで今回は「恋愛したい20代女子におすすめの出会いスポット」について、複数紹介します。

出会いがなくて恋愛ができないは嘘

恋愛相談に乗っていると「出会いがないから恋愛ができない」「出会いに恵まれていないから彼氏ができない」という意見をよく耳にします。

しかし、お話をよく聞いていると、まったく出会いがないのではなく、アンテナが低く受信できていないだけのケースも往々にあります。

 

たとえば女子大生の場合、女子校でない限りは男性が少なからずいます。

学食やテラスなどの食事のシーンに座席が少なく、相席になることもあることでしょう。男性と相席になれば、一種の出会いのチャンスとも言えます。

仕事においても同じです。女性の多い職場はありますが、男性が一人もいない職場はむしろ稀でしょう。それならば、職場の歓送迎会や打ち上げ等で出会いのチャンスは存在します。

職場の男性がすべて既婚であったとしても、お昼休みに食事に出かけたり、仕事終わりにカフェで一息ついたりすることは誰でもあることです。何度も通って行きつけのお店があるのなら、よく見かける常連さんに「いつも会いますね」と声をかけてみることで、以外と話が盛り上がり、仲良くなれるかもしれません。

 

出会いが全くないのではなく、出会いを見落としているケースが多いのです。

もしハッとする部分があるのなら、日々の生活の中で出会えそうなスポットを振り返りましょう。

食事処や喫茶店、カフェなどは常連さんも多く、高い頻度で何度も見かけるのならば、お互いに認識しているケースも多いです。話しかけてみたら一気に仲が縮まり、恋愛関係に発展するかもしれません。

 

しかし、人によっては自分から声をかけるのは恥ずかしいと感じたり、がっついているかのようなアクションに嫌悪感を覚えたりすることもあることでしょう。

恋愛に積極的であることは悪いことではありませんが、無理して声をかけたくない女性も存在します。

自分から声をかけるのが苦手であるのなら、出会いスポットを活用しましょう。出会うためのスポットに足を運べば、お互いに出会いを前提にしているため、仲良くなりやすいメリットがあります。

そこで、恋愛したい20代女性におすすめの出会いスポットを複数紹介します。

 

ノリのいい男性と出会いたいなら「街コン」

1つ目の出会いスポットは街コンです。

街コンは男性2名、女性2名ずつの参加エントリーとなり、通常は一人参加ができません。一人で出会いスポットに足を運ぶのが恥ずかしい女性や一人で行動することが不安な女性におすすめできます。

街コンの場合には、複数の加盟している飲食店で繰り広げられます。基本的には22の状態で半個室や個室スタイルで話すことになり、じっくり会話を展開できます。 

街コンの参加者は比較的若い世代が多いため、20代女性が活用するのはおすすめです。

メインターゲットの年齢であるため同年代の男性と出会える可能性も高いでしょう。同年代もしくは少し年上の男性と恋愛関係になりたいと願う女性に合っています。

 

基本的に街コンは婚活パーティーのような精いっぱいおしゃれをして着飾ったり、スーツやジャケットでびしっとした服装で参加したりするのものではありません。

どちらかというとカジュアル参加のため、私服で参加する男性もいます。その点で洋服のセンスやファッションの好みなどを見ることもでき、外見からの嗜好や価値観の一致具合などを探ることもできます。

結婚を前提とした出会いの場ではないため、若い世代や恋愛を楽しみたい男性も多く集まります。その点で、ノリの良い男性や楽しみ上手な男性が来る見込みも多いといえます。

 

しかし街コンはずっと同じ人と話すわけではありません。

席の移動が自由のため、話が合わない・恋愛対象外と思われれば男性も別のところへ行ってしまいます。その点で一期一会を大事にする姿勢は求められます。 

女性自身も受け身でいるよりも具体的に出会いたい男性増を想像した上で参加し、積極的に話したり、楽しんで語ってもらえるような効果的な聞き方を展開したりすることは大事なことです。

 

年上男性とじっくり話すなら「合コン」

2つ目は「合コン」です。

合コンの場合には、街コンのようにインターネット経由での出会いではなく、知人友人の紹介によって成り立ちます。その点で、共通の友人や知人がいる状態で出会えるメリットがあります。 

合コンは基本的に33の形式がオーソドックスです。街コンよりは人数が多くなりますが、2時間もしくは3時間、相手が変わりません。そのためじっくりと相手の話を聞いたり、話をしたりすることができ、相性や価値観などを見極めることができます。 

合コンも比較的アップテンポな会話やノリの良い会話が増える点で、街コンとは類似しています。可能な限り、場に即したリアクションや返答などが求められます。盛り上げ上手な人や人見知りをしない人の方が向いているといえるでしょう。

20代女性の合コンの場合、世の中全体を見渡して需要が多い世代です。男性はいくら年を重ねても、若い女性と恋愛を楽しみたいと考えているからです。心身ともに若い女性に対し、自分色に染めたい男性やいろいろと教えたい男性は少なくありません。 

なぜなら20代は全世代で見たときに若く、まだほとんど染まっていない状態です。その点で付き合う男性によって価値観を大きく変えたり、大成長を遂げたり、さなぎが蝶に代わるように美しい女性に変貌することは往々にあります。

 

また、男性には常に若い女性に目が行きやすい特性があります。これは遺伝子的な戦略であり、本能的な衝動でもあります。子孫繁栄のためには若い肉体の方が子どもを宿しやすいため、年齢を重ねた女性よりも若い女性を求める本能が男性には備わっています。 

20代女性はまだ人生経験が若く、肉体的にも若いため、多くの男性から需要が多い世代と言えます。だからこそ恋愛対象年齢が高めの女性や、年上男性が好きな女性などは合コンを活用するのは有効です。

ただし、若ければいいわけでもありません。合コンを好む男性は、見た目重視派も多いからです。

その点で、自分の良さや魅力が最大限発揮される服装やメイクを探求する姿勢は求められます。

決して派手である必要はありませんが、自分の肌の色や体形などに似合うファッションやメイクをセレクトすることで、自分の良さを効果的にアピールでき、美しく演出できますので努力しましょう。

 

仕事中の顔を見たいなら「交流会」

3つ目は「交流会」です。

ビジネス交流会はその名の通り、仕事の紹介や受発注をするためにPRする交流の場です。

一見すると出会いの場になりえないと思うことでしょう。しかしビジネス交流会に来る方は30代でも若いと言われることの多い場です。20代女性が参加することでアピールすることなく目立つことができます。

出会いにおいて目立つことは大変大事なことです。注目を浴びることで相手に認知してもらうことができるからです。大衆の中に埋もれてしまっては、出会っていても忘れられます。一度きりの出会いとなってしまい、次に生かすことができません。しかし相手の記憶の片隅に残ることで、連絡をしたときに鮮明に思い出してもらい、次回にスムーズな会話を展開できます。 

ビジネス交流会のため、恋愛の出会いを求めて参加する方は少数派です。むしろ名刺を持参し、スーツやオフィシャルなコスチュームに身を包んでいるため、紳士的な対応をする方が大半でしょう。その点で、急速的な関係の発展の可能性が少なく、たとえ気が合ったとしても段階的に仲が深まっていきます。

明らかな下心をもって接する男性と出会うことはほぼ皆無のため、安心できる出会いの場です。 

既婚男性や交際中の男性も見分けがつかないデメリットはありますが、仕事への姿勢や情熱、仕事モードの顔を見ることができるメリットもあります。通常の出会いの場であれば、プライベートな顔だけを見ることになり、仕事中の素顔は確認できません。仕事に対する熱意や将来的な展望などを聞くことができ、人生観や仕事観の合致性などを見ることができます。 

ビジネス交流会に参加する方は真面目で活動的な方も多いものです。交流時間には気になる人と11で話せるため、性格や価値観などを十分にジャッチできます。真面目さのある方や仕事中の素顔が見たい方はビジネス交流会を活用してみると良いでしょう。

 

注意点としてはいきなり恋愛関係になるのは困難な点です。「もう1度話したい」「もっと相手のことを知りたい」と思ってそのまま伝えては、次回アポになりにくいでしょう。なぜなら相手は仕事で来ているからです。また話したいと思っているのなら、仕事面にこじつけることが不可欠です。 

たとえば、

「私も新規開拓の仕事をしているので、活動の仕方のシェアしませんか」

「ターゲット年齢が近いので、クライエントの要望やニーズについても情報交換できたら嬉しいです」

など相手にとってメリットとなり得る提示をすることで、次回アポイントにつながりやすくなります。

 

学生の場合には

「○○の仕事について教えてください」

「○○さんの仕事の話を聞いていて興味を持ちました。もっとお話を聞かせてください」

などの教えてもらう姿勢で聞いても良いでしょう。

素直な姿勢で向かうことで、教えてあげたい男心をくすぐり、会う機会をセッティングしてもらえる可能性が十分にあります。

 

自然と仲良くなりたいのなら「イベント」

4つ目は「イベント」です。

四季折々のイベントが多数の地域で随時開催されています。たとえば春ならばお花見会、夏ならば夏祭りや花火大会、秋ならばバーベキュー大会やハロウィン、冬ならばクリスマス会やバレンタインなど、季節に合ったイベントが開かれています。 

イベントの場合にはゲームが開催されたり、ビンゴが行われたり、一緒に料理をしたりなどの仲良くなるための仕掛けが行われています。人見知りや話し下手な人であったとしても、「10人に声をかけるミッション」などのゲームによって、強制的に話す機会が設けられ、仲良くなるチャンスがあります。 

そのため合コンや街コンと比較をすると、イベント参加の方が自然な雰囲気で仲良くなりやすいと言えるでしょう。

単独行動よりもチームで楽しむ内容が多いため、協調性は求められます。自分勝手な行動よりもみんなで楽しむスタンスでかかわると、ぐっと仲良くなりやすいです。 

たとえばバーベキュー大会の場合には、自分の判断で野菜を切ったり、焼き始めたりするのではなく「どのような切り方をする?」「どれから焼き始める?」などのコミュニケーションをとることで、上手に連携が取れます。周囲を気遣う発言や振る舞いができることで、女の子らしい印象を与え、好感度も上がるでしょう。

 

チーム行動が苦手な方はお花見会や紅葉会などを活用することをおすすめします。自然観賞をしつつ、お酒や食べ物を交えて話す場のため、みんなで何かをする必要はありません。自由に料理やお酒を取りながら会食するため、自由に交流を楽しめます。

 

クリスマス会やハロウィンパーティーにおいても、気になる人に自由に話しかけられるスタイルになっていることが一般的です。ドレスコードとしての仮装やおしゃれなどが設けられることもありますが、一体感が生まれ、親近感を持って話すことができるでしょう。

 

イベントの種類によっては熱烈な出会いを求めて参加する人は少数派かもしれませんが、ふだんの立ち振る舞いやコミュニケーションの取り方、対人関係の癖などもイベント型の場合にはわかります。

価値観が合う人とまずは友達になって、やがて恋愛関係に発展するという自然な出会いができるでしょう。

 

まとめ

恋愛したいと思いつつも、出会いがないと嘆く20代の女性は少なくありません。

しかし若い20代の女性は社会的に見て需要が多い世代です。異性と出会える場に足を運ぶことで、自分にとって魅力的な男性と巡り合い、恋愛関係に発展することはできます。 

真面目な男性と出会いたいなら交流会の参加、自然な雰囲気で仲良くなりたいのならイベント参加、一人で行動するのが怖いなら街コンなど、出会いたい人や自分の性格などを踏まえた上で、合うものに参加してみましょう。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介